棋譜並べオススメの時代は?


 ども~豆腐の角です。

 棋譜並べは誰を並べたらいいですか?という質問はよく来るのですが、これはその人の相性や、今のレベルに合うかどうかなど、色々あります。

 誰を並べるか、の前にまずはいつの時代の碁を並べるか、というのから決めるのも一興でしょう。

 私のオススメは昭和か江戸時代の碁ですね。


 現代碁は非常に難解で、読みが主体の碁が多く、構想は一般人には見えないような水面下で繰り広げられることが多いです。

 そして現代碁は過去の碁の積み重ねの上に成り立っている碁でもあります。

 つまり現代の棋士は過去の棋士から学び、多くの技術・考え方を吸収、多くの人が当たり前のこととしてできるようになった事もあります。

 それだけ技術が洗練されてきたため、技術同士の組み合わせや、構想の外し合いなどで難解に感じるのです。

 
 だからといって昔の碁が簡単というわけでも、技術が拙いわけではありません。しかしルーツから学びとることはとても重要。

 その技術の開拓者の碁を並べることは非常にわかりやすいです。

 
 新布石時代以降、色々な人が出てきて、面白い技術がでてきました。

 もし現代碁に近い布石で、わかりやすい棋譜を並べたいなら昭和の碁をオススメします。

 あとは自分がどういった碁が好きで、どういう棋風かによって自分に合う棋士を探すのがいいでしょう。




 江戸時代の碁は布石こそ現代とまったく異なり、最初は違和感を感じられるかもしれません。

 しかし石の形、自然な打ち回し、洗練されたヨセなどは誰が並べても勉強になります。

 私も碁を覚えて3ヶ月目くらいに秀策を並べまくりました。解説などは読まず、ひたすらなんとなく味わって並べていましたね。

 「味わう」ということは非常に大事だとおもうのです。絵画をみて、この絵の技術はうんたらで、いつの時代に書かれて……っていう事を言うよりも

 「うわ~この絵いいなあ~」って味わってほしいんですね。
 
 味わって気持ちいいところを自分でみつけてその碁を並べまくると、自然と打ち筋が近くなってきまます。

 それが棋譜並べのいいところです。

 大人になると解説を求めてしまう方が多いですが、正直、解説読んでも難しくてわからないという方が多いのではないでしょうか。

 わかったとしても棋譜並べの本質とは少し遠いところにあるきがします。

 武宮正樹九段も「プロの碁を必死に考えてもわからないのは当たり前。かえって考えるのは体に悪い。それよりもなんかいいもんだなあ~って感じて欲しい」

 となんかの本に書いてましたね。なんだったかな(笑)

 プロの碁を考えられる、というのは相当な棋力が必要です。意味がわかれと、解説しろといわれても難しいものは難しいです。

 それよりもなんとなくでも気持ちがいいとか、感じたり、こんな手打ちたいなとか思うこと。それが感覚の向上につながります。」

 棋譜並べは敷居が高く感じられるかもしれませんが、本来19路が打てるようであれば、どの棋力の人でもやったほうがいいものです。

 さてさてそろそろお仕事なので失礼いたしますね。

 ブログランキングやってます。一日一回ポチッとお願いします。

 
 
 

 
 












スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

豆腐の角

Author:豆腐の角
ども~こんにちは。豆腐の角と申します。

棋力は東洋囲碁八段~九段を行ったり来たり程度。兵庫県を中心に、関西で囲碁を教えて生活しています。

現在の所、ネットはカフェトークをhttps://cafetalk.com/tutors/profile/?id=36141&lang=ja参照ください。

リアル個人指導一時間2500円。棋譜添削は三局分を簡単にまとめたものを千円でやっています。(需要の状況により、値上がり変更があるかもしれませんが、ご了承ください)
入門は30分500円から。お気軽にどうぞ。

カフェトークはちょっと無理!でも豆腐は信頼できる!という方は、豆腐とご相談で直接やりとり契約もおkです。生徒さんとの信頼の元やらせていただいております(´・ω・`)

 

みくろっく

みくろっく
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
囲碁

FC2Blog Ranking

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
957位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
197位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム