囲碁が強くなる三つのポイント


 ども~こんばんは。豆腐の角です。

 囲碁っていうゲームは、「考えられる人」ほど強い人です。

 この考えられる、という意味は感情に流されず、棋理で打てる人のことを指します。

 もちろんパターンで打てる所もあるので、棋理というより考えなくても打てる部分もありますが。


 感情に流される、というのは目の前の石を取ることしか考えない、石が取られそうで守ることしか考えられない、などなど。

 感情で打ってしまうと、その後が続かない。方針に定まって打った手なら先がみえますが、ただその場の気持ちだけで打った場合、つぎの一手に困ることが多々あります。
 
 流されないようになるためには「方針」を持つ必要があります。


 囲碁で強くなるのに技術面で大事なのは「方針」「棋理」「パターン」の三つの習熟度をあげることだと思います。 

 読みはそこまで必要ではありません。大体読みっていうか決められたパターン(手筋・形)を知らなかったり、知っていたけど実戦では気づかなかったりが多いです。

 ちなみに初級の手筋や詰碁なんかは、あれは本当にパターンを知るためにやっているといっても過言ではないです。もちろん読みも鍛えられますけど、読みを鍛えるつもりではなく、パターンを知るつもりでやってほしいと思います。

 
 囲碁入門から中級くらいまでは石の形のパターンを知る事、断点にたいして敏感になる訓練が必要になります。

 最初は囲碁用語のケイマ、ツケコシ、一間トビ、タケフ、カケツギなどを積極的に勉強していきましょう。

 第二に方針ですね。

 自分が何がしたいのか?を常に意識し、前に打った手とそれが違っていないか?を吟味する必要があります。

 第三に棋理。二目の頭みずハネよ、厚みに近づくな、カス石種石について……などなど。囲碁の格言の中には囲碁の棋理がたくさんあります。
 格言にしたからわかりやすい格言もあるし、かえってわかりづらい棋理もありますけどw

 とくに棋理に属する根拠の重要性は、碁の8割占めているといっても過言ではないですし、すべての棋理に繋がっているので、これを考えなしで囲碁上達しろっていうほうが、むり!です。

 パターンだけで碁打てるのは5級~9級くらいまでかな。

 根拠の重要性を知っている人と、知らない人が打った場合、まったく別のゲームをやっているように感じられるかもしれません。

 それくらい碁の考え方がガラッと変わる部分です(´・ω・`)棋理大事やで。

 ブログランキングやっています。一日一回ポチッとお願いします。 


 
人気ブログランキングへ

 
 



 





 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

豆腐の角

Author:豆腐の角
ども~こんにちは。豆腐の角と申します。

棋力は東洋囲碁八段~九段を行ったり来たり程度。兵庫県を中心に、関西で囲碁を教えて生活しています。

現在の所、ネットはカフェトークをhttps://cafetalk.com/tutors/profile/?id=36141&lang=ja参照ください。

リアル個人指導一時間2500円。棋譜添削は三局分を簡単にまとめたものを千円でやっています。(需要の状況により、値上がり変更があるかもしれませんが、ご了承ください)
入門は30分500円から。お気軽にどうぞ。

カフェトークはちょっと無理!でも豆腐は信頼できる!という方は、豆腐とご相談で直接やりとり契約もおkです。生徒さんとの信頼の元やらせていただいております(´・ω・`)

 

みくろっく

みくろっく
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
囲碁

FC2Blog Ranking

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
975位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
198位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム