囲碁界の課題2

 ども~こんにちは。豆腐の角です。


 昨日述べたように単価の安い棋戦をもっと増やすことがポイントの一つだと思いますが、ようするに色んな形の棋戦を作ることが一つですね。棋士の研鑽の場、棋士の一般認知度を上げることにもつながります。

 今の囲碁棋戦は大きな会社のスポンサーによる力が大きい。単価が安ければ、あまり有名でない企業からのオファーがあるかもしれません。

 また、ファン個人個人がスポンサーになるという棋戦の考え方もあります

 たとえば、一つのアマチュア囲碁大会の参加料全額を優勝賞金にしたトーナメント棋戦。アマの参加人数によって賞金額が変わります。
 
 アマの大会終了後、プロが参加料全額をかけて戦う公開対局を実施する。アマの人も自分たちのお金が誰の懐を温めるのか?とちょっとワクワクするかもしれません。

 まあ実際は全額は難しいでしょうが、一部をそのように使うことも考えることができます。


 スポンサー以外の財政面の問題ですと、棋士の数が年々増えていることでしょうか。棋士が増えれば予選の対局数が増え、スポンサーの負担も大きくなります。

 これは定年制を作るべきではないかと思うのですが、難しいところですよね。囲碁界は長くプレイヤーとして戦えるゲームですからね。

 一部分の棋戦を参加できない形でもいい。65歳から七大棋戦の一部を参加できなくするとか。

 私としては、65歳くらいになったら囲碁界のため若手を鍛えて欲しいと思いますね。石井先生、井山先生のような感じで。

 囲碁界のレベルアップのための組織を作り、定年後の受け入れ先にします。若手育成のための教材作り・コーチのような感じで、嘱託のようなものでしょうか。

 
 まあ、もちろん現実化するためには色々と問題があるでしょうが、やりようは色々あると思います。


 ここまで色々書きましたが、棋院最大の課題としては、本当に2~30年後を想定して考えているのか?ということです。

 先日の動画しかり、とても危機感があるように思えません。
 

 ブログランキングはじめました。一日一回ぽちっとお願いします。

 
人気ブログランキングへ

   
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

豆腐の角

Author:豆腐の角
ども~こんにちは。豆腐の角と申します。

棋力は東洋囲碁八段~九段を行ったり来たり程度。兵庫県を中心に、関西で囲碁を教えて生活しています。

現在の所、ネットはカフェトークをhttps://cafetalk.com/tutors/profile/?id=36141&lang=ja参照ください。

リアル個人指導一時間2500円。棋譜添削は三局分を簡単にまとめたものを千円でやっています。(需要の状況により、値上がり変更があるかもしれませんが、ご了承ください)
入門は30分500円から。お気軽にどうぞ。

カフェトークはちょっと無理!でも豆腐は信頼できる!という方は、豆腐とご相談で直接やりとり契約もおkです。生徒さんとの信頼の元やらせていただいております(´・ω・`)

 

みくろっく

みくろっく
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
囲碁

FC2Blog Ranking

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
532位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
105位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム