スポーツ的要素と学問的要素


 ども~こんばんは。豆腐の角です。

 囲碁の勉強法、というか囲碁っていうゲームは昔から二つの勉強法があります。

 身体で覚える勉強法と学問的に頭で理屈を理解する勉強法です。

 これは囲碁は芸術であるとか、スポーツであると主張する日本と中国みたいな感じ?ちょっとちがうかな?
 
 最近はだいぶ日本でもスポーツ的にみる人が増えてきたきがしますが……

 学問の要素もあり、スポーツ的な肉体的要素もあるのが囲碁の面白いところですね。

 まあ突き詰めると、どの世界も大体そうなんですけどね。

 
 大人の皆様に覚えておいてほしいのが、囲碁はスポーツ的要素がある、ということです。つまり頭の前に身体で理解したほうが早いケースがあるんですね。

 いきなり頭で理解しようとすると大変なので、身体で理解、または準備体操してから頭で理解したほうがいい人がいます。本人が逆を望まれることが多いのですが、大抵その人に合っていないケースが多々あります。

 なかなか難しいものです。



 人が生まれてからの成長の過程と棋力で考えると、赤ちゃんは生まれてから知識で行動していません。身体を動かしてなんとなく手足をばたつかせているうちに歩き方などが身に付きます。そこに思考はありません。

 コップを持って、水をいれ、それを口に運んで飲む動作一つ、一つに意味を考えて行動している人はいないでしょう。コップの角度はこうで、肘の角度はこうで……なんて考えてたら頭がパンクしますよね。

 それを最初のうちから、いちいち考えて行動しようとしていると、頭がパンクして棋力が停滞する場合があります。

 算数を理解するにはまず数字を知り、数字に慣れる必要があります。とにかく数字を使ってみると段々慣れてきます。それが身体で理解するということです。  

 逆に頭で理解したほうが早い人がいます。
頭で考えればわかる、しかし、そういう人は頭で考えないと分からない、とも言えます。当たり前の所でも考えていると間違える可能性があるからです。

 「考える」という行為を行った時点で間違える可能性も上がるからです。「ひょっとしてこっちのほうがいいかも……」なんてふっと魔が差して思う場合というのは考えすぎた人がよく陥る現象です。

 だからそういう人は、頭で理解したなら身体でもわかるように身体で理解する勉強も必要になってきます。


 頭で入るか、身体で入るかは人それぞれなんですが、頭で理解したら次は身体で、身体で理解したら次は頭で。どちらにしろどちらもおろそかにはできません。

 ブログランキングやってます。一日一回ポチッとお願いします。

  
人気ブログランキングへ
  
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

豆腐の角

Author:豆腐の角
ども~こんにちは。豆腐の角と申します。

棋力は東洋囲碁八段~九段を行ったり来たり程度。兵庫県を中心に、関西で囲碁を教えて生活しています。

現在の所、ネットはカフェトークをhttps://cafetalk.com/tutors/profile/?id=36141&lang=ja参照ください。

リアル個人指導一時間2500円。棋譜添削は三局分を簡単にまとめたものを千円でやっています。(需要の状況により、値上がり変更があるかもしれませんが、ご了承ください)
入門は30分500円から。お気軽にどうぞ。

カフェトークはちょっと無理!でも豆腐は信頼できる!という方は、豆腐とご相談で直接やりとり契約もおkです。生徒さんとの信頼の元やらせていただいております(´・ω・`)

 

みくろっく

みくろっく
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
囲碁

FC2Blog Ranking

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
660位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
135位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム