リズムの話。子供が打つの早すぎて困っている人向けの練習法

 ども~おはようございます。豆腐の角です。

 最近少年少女囲碁大会を目指している子を教えています。

 その子もそうなのですが、子供は基本的に打つの早いです。

 べつに普段早いのはいいのですが、勝負所、戦いの生きるか死ぬかのときも早い……こういうのはよくありません。

 井山先生がアマ三段くらいの頃、子供の頃の対局映像をみましたが、普段は早いのですが、ここぞという勝負所、考えどころでは考えているんですね。

 そのへんが普通の子供と違うところです。

 少年少女の全国大会のレベルはすごく上がっています。

 去年の少年少女の小学生の部決勝をみましたが、勝負所や考えどころではしっかり考えています。

 
 普段は早いけど、考えどころでは考える。碁にもリズムというものがあるんですね。そのリズムをものにしてほしい。

 もちろん勝負所がどこか?っていうのがわからないっていうのもあるかもしれませんが、とりあえず子供は早く打つ癖が身についてしまっています。

 メトロノームを使っているかのように、常に一定の猛スピードのリズムで打つ癖がついています。実はこれ大人の方にももよくいます。

 いきなり最初から「勝負所で考える」というのをやれ、というのは中々できませんので、まずは「時間を使う」という感覚、すぐに打たないという感覚を自分の中に取り入れる必要があります。

 ということで、ネット碁の秒読みをうまく使いましょう


 秒読み60秒、子供であれば最初は30秒の秒読み碁で構いません。

 打つところ決まってもすぐに打たない。30秒であれば20秒たつまで打てないというルールをつけてやってみてください。

 打つところはすぐに決めても構いませんが、すぐに打たない。20秒たって、秒を読まれたら(対局場によりますが)打つ。

 こういうルールはちょっとしたミニゲーム感覚で、子供にも受け入れられやすいです。

 20秒って早くない?って思うかもしれませんが、子供は5秒も考えない子おおいので、子供にとって20秒は長いです(笑)

 とりあえず「時間がくるまで待つ」という時間を消費させる感覚を身につけてくださいw

 時間がくるまでの時間、暇なので局面を見ます。すると気が付くことが結構あったりするもんです。すると「局面をみる癖」が身に付きます。

 局面をみる癖がつけば、勝手に5秒以上考える癖がついてくるものです。

 するとそれだけでイージーミスが減るとおもいます。

 碁って実はリズムが大事なんです。(´・ω・`)というお話でした。終わり。

 ブログランキングやっています。一日一回ぽちっとおねがいします。

 
人気ブログランキングへ

  


  

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

豆腐の角

Author:豆腐の角
ども~こんにちは。豆腐の角と申します。

棋力は東洋囲碁八段~九段を行ったり来たり程度。兵庫県を中心に、関西で囲碁を教えて生活しています。

現在の所、ネットはカフェトークをhttps://cafetalk.com/tutors/profile/?id=36141&lang=ja参照ください。

リアル個人指導一時間2500円。棋譜添削は三局分を簡単にまとめたものを千円でやっています。(需要の状況により、値上がり変更があるかもしれませんが、ご了承ください)
入門は30分500円から。お気軽にどうぞ。

カフェトークはちょっと無理!でも豆腐は信頼できる!という方は、豆腐とご相談で直接やりとり契約もおkです。生徒さんとの信頼の元やらせていただいております(´・ω・`)

 

みくろっく

みくろっく
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
囲碁

FC2Blog Ranking

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
710位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
153位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム