考えることをわざと狭くして、考えやすくする。


 ども~こんばんは。豆腐の角です。

 級位者・有段者の多くの方は、考える、というよりも「悩み」に翻弄されており、考えているんじゃなくて悩んでいる、というのが一局の碁の中で大きなウェイトを占めている、と私は思っています。

 実際私もそうでしたし。

 厚みを築いたぞ、こちらに模様を作ろう。ああでもなんだか、あっちの地大きく見えるな。やっぱり地稼ごうかな。いや、このまま地になったらでかいから打ち込もうかな……

 とか。

 一局の碁の中で何度も方針が入れ替わってしまったりする方をよく見かけます。

 そういう方の多くは、対局前に方針をしっかり持たずにいる方が多いのではないでしょうか。

 私はその場その場で方針を変えたりはしないほうです。

 最初から打つ前に方針を固めて取り組んだりしていました。
  
 そうすることで、考える事は狭くなるんですが、「悩み」に囚われにくくなります。

 たとえば「結果も地もいくらあげてもいい、あいてに響く手を打つ」という方針とか。

 「響く手」とはお互いの石の強弱に関するところです。結果も地もあげても~っていうのは極端でどうかと思うかもしれませんが、方針は極端なくらいがちょうどいいと思っています。

 自分の考え方を変えたい、そういう人は特に、です。

 最初は石の強弱意識してたけど、途中でなんだか地がなくて怖くなって途中でやめてしまう。じゃあ一回負けてもいいから最後まで地を気にせず打ってみよう。

 もしそれで負けたとしても、たった一回負けるだけで、多くの事が得られる一敗になるとおもいます。

 変わろうとしない負け、変わろうとした負け、同じ負けでも価値が違います。

 方針をひとつに絞ることで考えやすくなり、ブレなくなります。

 頭の悪いやりかたのようですが、私はオススメしているやりかたです。


 子供の頃の私は碁を覚えたての頃「全員の石をぶち殺!ぼっこぼっこにしてやる!」というのが方針でした(´・ω・`)めちゃくちゃな方針ですが、これも立派な方針です。

 ぶち殺すには石を攻めないといけません。それがどんなに最初は下手くそな攻め方でも、攻めようと意識をもって打っている。それを繰り返しているうちにだんだんと洗練されていきます。

碁を覚えて、碁会所初段になるのに10ヶ月でした。プロを目指す才能のある人からしたら遅いくらいなんですが、それでも一般的には早いと思います。

常に自分の中にブレない芯をもって打つことが大事です。

よくいろんな人に教わっている人がいて、いろんな人みんな言うことが違って混乱してしまう人がいます。そういう人は一人の先生にしぼったほうがいい。
 
 いろんな先生に教わってもいい人は、自分の中にブレない芯がある人。そういう人はうまく自分の考え方に取り入れる事が出来るから問題ないのです。

 ただ漫然と碁を打たない事。自分の核になるものを磨いていってほしいですね。

 ブログランキングやっています。一日一回ポチッとお願いします。

 
人気ブログランキングへ 
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

豆腐の角

Author:豆腐の角
ども~こんにちは。豆腐の角と申します。

棋力は東洋囲碁八段~九段を行ったり来たり程度。兵庫県を中心に、関西で囲碁を教えて生活しています。

現在の所、ネットはカフェトークをhttps://cafetalk.com/tutors/profile/?id=36141&lang=ja参照ください。

リアル個人指導一時間2500円。棋譜添削は三局分を簡単にまとめたものを千円でやっています。(需要の状況により、値上がり変更があるかもしれませんが、ご了承ください)
入門は30分500円から。お気軽にどうぞ。

カフェトークはちょっと無理!でも豆腐は信頼できる!という方は、豆腐とご相談で直接やりとり契約もおkです。生徒さんとの信頼の元やらせていただいております(´・ω・`)

 

みくろっく

みくろっく
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
囲碁

FC2Blog Ranking

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
710位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
153位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム