人間が負けた日。勝手な感想。


  ども~こんばんは。豆腐の角です。

 今日から始まりました、イセドルVSアルファ碁の対局。

 第一局はなんとアルファ碁の勝利で終わりました。

 いやーすごいですね。ショックを受けられた方が結構いらっしゃるようです。

 え?私ですか。うーん、私はそれほど落胆はしていませんwむしろすごいなあ、ってただ、ただ、思うだけですね。むしろSFの世界がついにくるのか!?とワクワクしております。



 序盤と、YouTube中継でのセドルさんのお顔を拝見した時、ちょっとセドルさんが試している感がありました。
   
 アルファ碁は人間の感覚では「悪手くさい」悪そうにみえる手を打っているようにかんじます。

 人間は一手の善し悪しを追求している考え方。特にプロは損をする手が勝ちに繋がる、という発想はあまり意識にないように思います。アルファ碁は部分的には悪い、または損をしている手なのだけれど、盤面全体でみると一番勝ちが近い手を打っている、と感じました。

 それは左下のアルファ碁のサバキに感じた事です。ややサバキ方に不満があるのでは?やや損をしているのでは?と感じるのですが、恐らく一番手厚く分かりやすい生き形である事、コウダテの利きが一番少ない手を打っている印象を受けました。
 
 部分の優劣ではなく全体でのトータルペースで考えている、ようするに大局観が異常なほどレベルが高いという事が伺えます。

 また、悪手くさそう、にみえた右辺の勝負手のような打ち込み。あれは本当に人間、特に腕の立つ人ほど気が付きにくい手だと思います。

 私も第一感無理そう、右下への悪影響が強そう、黒勝ち、と即断してしまいました。

 実際は、すべて計算された動きだったということなのでしょうが。

 右下の形が決まったあとは、コミが出せない状況。そしてどこも治まってしまっている白。あとは黒地と白地の境界線をはっきりさせて終局を目指すのみ。これではもう挽回するチャンスがありません。

 形勢が悪い時何もできない時間、そういうのが一番苦痛です。ただおわりが近づいていく。それほど怖いことはありません。

 セドル九段、後半はただただ、苦しい時間だったと推察します。

 
 アルファ碁の一見、悪手にみえる数手をみて、セドル九段楽観していたように思います。人間の感覚とAIの感覚の違い、大局観の種類の違いを感じたのではないでしょうか。


 今後の対局も目が離せませんね。

 ブログランキングやっています。一日一回ぽちっとお願いします。

 
人気ブログランキングへ






 

  
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

豆腐の角

Author:豆腐の角
ども~こんにちは。豆腐の角と申します。

棋力は東洋囲碁八段~九段を行ったり来たり程度。兵庫県を中心に、関西で囲碁を教えて生活しています。

現在の所、ネットはカフェトークをhttps://cafetalk.com/tutors/profile/?id=36141&lang=ja参照ください。

リアル個人指導一時間2500円。棋譜添削は三局分を簡単にまとめたものを千円でやっています。(需要の状況により、値上がり変更があるかもしれませんが、ご了承ください)
入門は30分500円から。お気軽にどうぞ。

カフェトークはちょっと無理!でも豆腐は信頼できる!という方は、豆腐とご相談で直接やりとり契約もおkです。生徒さんとの信頼の元やらせていただいております(´・ω・`)

 

みくろっく

みくろっく
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
囲碁

FC2Blog Ranking

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
660位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
135位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム