ダメの重要性~ほとんど誰も触れない囲碁の話。


 ども~こんばんは。豆腐の角です。

 今日は失敗のポイントのズレ、という話です。 
 
 石が混み合ってきた時、上手に石を取られたりボロボロにされた時、アマチュアがよく使う言葉が……

 「読めてなかった」です。

 私はこれ、失敗のポイントがずれてしまっているなと思っています。

 もっと突き詰めて考えてみましょう。そもそも「読んでなかった」と思うのです。それはなんでかっていうと、危ない石だと認識していなかった、からです。

 危ない石だと気づいていれば、誰に言われなくてもそこをしっかり読むはずです。そこで読んで、大丈夫だと思ったけど潰されたのなら、読みぬけがあったということでたしかに反省すべきは「読めてなかった」ということになりますが……

 そうでない方が大半です。つまり反省すべき点は、危ない場所を認識してなかった、というところですね。

 
 ではどうすれば危ない石にきづけるのか?といいますと、すべては入門書にすでに書かれています。

 それは以前囲碁入門でやった石の逃げ道、いわゆる「ダメ」です。このダメが詰まっている石ほど弱い石で、詰まっていない石ほど強い石という認識がない、あるいは教える人がほとんどいませんorz

 強い人ほどこのダメが一つ詰まるかどうかを考えています。それくらい重要な事なのに、どの本にも殆ど触れられる事がありません……
  
  Baidu IME_2016-2-23_9-32-3

 より実戦的な形をみていきましょう。以下の二つの形、どちらのほうが白弱く見えますか?

 左ですよね。左側が二目の頭みずはねよの形。右は違います。ダメが一つ詰まっているだけでハネの威力が全然ちがいます。

  Baidu IME_2016-2-28_22-58-26

 詰碁の形でもダメの重要性がわかります。皆さん詰碁を考えられるときは大抵中を考えられるのですが、詰碁っていうのは周りに外壁が整えられております。つまりはダメが詰まっているの詰碁です。詰碁の詰はダメヅマリの「づまり」の部分でもあります。
 
 白四つを覆っているダメが一つでもあくと殺す手段はありません。

 Baidu IME_2016-2-28_22-59-33


 詰碁などは読みを鍛えるのはもちろんですが、それ以上にダメヅマリに敏感になるためにやるものです。

 実戦で詰碁ができているのに、詰碁に気づかなければ、「読む力」の意味がありません。

 ダメの話だけで一冊の本を書けるくらい大事な分野です。

 皆さんももっとダメに敏感になりましょう。相手が石をひっつけてきたとき、なにもないとしてもダメが一つ詰まった、と認識する癖を意識してつけましょう。そうするだけでだいぶ違うと思いますよ。

 ブログランキングやっています。一日一回ぽちっとおねがいします。

 
人気ブログランキングへ


 


 

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

豆腐の角

Author:豆腐の角
ども~こんにちは。豆腐の角と申します。

棋力は東洋囲碁八段~九段を行ったり来たり程度。兵庫県を中心に、関西で囲碁を教えて生活しています。

現在の所、ネットはカフェトークをhttps://cafetalk.com/tutors/profile/?id=36141&lang=ja参照ください。

リアル個人指導一時間2500円。棋譜添削は三局分を簡単にまとめたものを千円でやっています。(需要の状況により、値上がり変更があるかもしれませんが、ご了承ください)
入門は30分500円から。お気軽にどうぞ。

カフェトークはちょっと無理!でも豆腐は信頼できる!という方は、豆腐とご相談で直接やりとり契約もおkです。生徒さんとの信頼の元やらせていただいております(´・ω・`)

 

みくろっく

みくろっく
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
囲碁

FC2Blog Ranking

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
490位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
97位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム