GoogleAIが、プロ棋士に勝った話。


 ども~こんばんは。豆腐の角です。

 井山先生離婚の話から、Googleが開発したAIが、欧州のプロ棋士に勝った話まで、最近話題に事欠かないですねw

 今まではクレイジーストーンや、天頂の囲碁といったソフトが最強で、プロに四子という所まででした。

 互先で勝てるようになるには、もう一つブレイクスルーをしなければならない、それには最低10年はかかると言われていました。

 それがGoogleが囲碁をAIの進化のために研究を始め、約半年ほどでプロを超えてしまった。

 日本棋院が伊田VS天頂の囲碁四子局というイベントをやろうとするまえにこれですよ。空気もう少し読んで欲しかったですね(笑)

   
 10年後の未来が急に今襲ってきたって感じでしょうか。動揺されている方も多いようですが……

 私はぶっちゃけ楽観しています。

 チェスが最初にプログラムに負けましたが、それで衰退したかというとしていません。将棋も同じです。

 最強のチェスプログラムと何局打っても、強くなるかはその人次第ですし、手の意味について教えてくれるわけでもありませんよね。
 なのでチェスのほうではそういうのは研究や検討の時にしかつかわないときいたことがあります。

 囲碁もそうなるのでは、と思います。

 囲碁の魅力って、人間同士がぶつかりあうから面白いわけで、間違えるから面白いわけで、それくらいで囲碁の魅力が地に落ちるとは思えません。

 今回Googleが開発したものは、学習成長していくタイプらしいです。その仕組みを解剖して、人間の成長に繋げられないかと考えたら面白いなあと私は思います。

 
 私は、人が新しいことを覚えるとき、成長する時っていうのは電線をイメージしています。

 以前した、シナプスの話なんですが、簡単にいうと脳は電気信号のやりとりで情報の伝達を行っています。新しいことを始める時、既存のAという電信棒から、新しいBという電信棒に電線を繋げるイメージを持つようにしています。

 今、AからBに電線をつなげている時、っていうイメージを持つことで、不思議と新しい考え方・作業イメージがしやすくなり、早く会得しやすくなります。

 こういった新しい事を覚える・身に付けるプログラムをAIから解明できないかなっておもいますね。

 まあ、ぶっちゃけ囲碁より人間を解明するほうが難しいと思うのですけどねw人間の身体は宇宙より難しいとおもいます。


 その人間が打つから、囲碁って面白いんじゃないですかね?


 ブログランキングはじめました。一日一回ポチッとお願いします。

 
人気ブログランキングへ


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

豆腐の角

Author:豆腐の角
ども~こんにちは。豆腐の角と申します。

棋力は東洋囲碁八段~九段を行ったり来たり程度。兵庫県を中心に、関西で囲碁を教えて生活しています。

現在の所、ネットはカフェトークをhttps://cafetalk.com/tutors/profile/?id=36141&lang=ja参照ください。

リアル個人指導一時間2500円。棋譜添削は三局分を簡単にまとめたものを千円でやっています。(需要の状況により、値上がり変更があるかもしれませんが、ご了承ください)
入門は30分500円から。お気軽にどうぞ。

カフェトークはちょっと無理!でも豆腐は信頼できる!という方は、豆腐とご相談で直接やりとり契約もおkです。生徒さんとの信頼の元やらせていただいております(´・ω・`)

 

みくろっく

みくろっく
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
囲碁

FC2Blog Ranking

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
765位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
142位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム