子供と大人の違い2

 ども~おはようございます。豆腐の角です。

 
 前回の話で、幼少期は身体で覚える仕組みが強い脳であり、大人は「理性の脳」と書きました。

 
 しかし、幼少期の頃よりとはいえないにしても、大人も身体で覚える能力は備わっています。ただ、考える力が大人はあるため、身体で覚える前に頭で理解しようとするのです。

 というか、子供と大人の違いは、年齢差というよりもそこにあるのだと思います。子供の頭が柔らかいと言いますが、ようするに大人が頭で考えすぎなのではないでしょうか。

 では大人が強くなるためにはどうする必要があるか?
 
 それはこれまで書いた脳のシステムをまず理解し、「身体で覚える勉強」を意識することです。 
  
 子供は身体で覚える能力が一番優れた時期ですが、大人は身体で覚える能力、頭で考える能力が両方備わっているんですね。

 
 大人が強くなるには、この両方を活かすことが重要になります。ポイントはしっかりそれらを意識して行動することです。
 身体で覚える事を意識し、手に染み込ませるように棋譜を繰り返し並べる。詰碁は間違いを恐れずどんどん解きすすめ、繰り返し解く。これが身体で覚える勉強法ですね。

 子供より人の話を聴く力、理解する力は大人の方があります

 また、本を読むのでも子供より読解力があるはずです。棋書などを理解する力は大人の方があります。つまりインプット能力に優れているということです。読んでインプットしたら、自分の感覚にするため実戦でアウトプット。
 
 このように脳の仕組みを理解し、子供は子供の長所、大人は大人の長所を生かすことで強くなっていくことができます。

 大人がなぜ子供に比べて強くなりにくいか?それは仕組みを知らない人が多いことも原因の一つだと思います。しかし本来それほど優劣があるわけではありません。



 ブログランキングはじめました。一日一回お月さんをぽちっとお願いします。

 
人気ブログランキングへ

 
 

 
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

豆腐の角

Author:豆腐の角
ども~こんにちは。豆腐の角と申します。

棋力は東洋囲碁八段~九段を行ったり来たり程度。兵庫県を中心に、関西で囲碁を教えて生活しています。

現在の所、ネットはカフェトークをhttps://cafetalk.com/tutors/profile/?id=36141&lang=ja参照ください。

リアル個人指導一時間2500円。棋譜添削は三局分を簡単にまとめたものを千円でやっています。(需要の状況により、値上がり変更があるかもしれませんが、ご了承ください)
入門は30分500円から。お気軽にどうぞ。

カフェトークはちょっと無理!でも豆腐は信頼できる!という方は、豆腐とご相談で直接やりとり契約もおkです。生徒さんとの信頼の元やらせていただいております(´・ω・`)

 

みくろっく

みくろっく
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
囲碁

FC2Blog Ranking

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
806位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
166位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム