「強くなれない原因の研究1」指針のない碁を打っている。


 ども~こんばんは。腰痛と戦う豆腐の角です。

 だいぶ痛み止めが効いてきました。座れるようになったので、そろそろ更新をば。

 このシリーズは上達を妨げる、または逆に上達した原因などを研究し、より深く探っていこうというものです。
 

 


 囲碁の勉強法は大きく分けて三つあります。

 実戦・詰碁・棋譜並べです。

 プロになる人、または上達していく先達者は大体この三つに大きく時間を割いています。

 しかし、同じ時間、同じ勉強法をやっても上達に差が出ることが多くあります。

 なぜでしょうか?

 もちろん才能も関係がありますが、大抵の場合は勉強した時、指針となるものをもって勉強しているか、ということです。

 わかりやすく対局で説明しましょう。

 ただ普通に碁を打つ人と、一局の碁をどうしたいか、どういう事ができるようになりたい、といった指針をもって碁を打つ人とでは、一局で得られる経験値が全然違います。


 指針といえば、なんだか堅苦しく難しそうだなと思うかもしれませんが、そんなに難しい事ではありません。ようはどうしたいのか、という事を考えればいいのです。

 私が最初の頃は石を攻める・とるのが大好きだったため、「攻め倒して潰す!」というのが一局の指針でした。こんなんでもいいのです。

 指針をもつと、指針について考え、行動することができます。攻め倒して潰すという指針なら、どうすれば攻めれるか、どの石が攻めれる石か、といった事を考え出すようになります。
 
 下手くそでも、不細工でも、指針を持って自分なりに着手した一手は次につながります。
 
 たとえその碁に負けても、次はこうすれば攻めが継続した、この石は攻めれない石だ、というふうに反省するポイントも見えてきて、次の対局に繋がりやすくなります。

 ようするに指針を持つと経験値を消化しやすいんですね。


 よく対局をおおくすれば上達する、と上手に言われたことはありませんか。これはたしかにその通りなんですが、ただ沢山対局数をこなせばいいというわけでない、というのは今まで書いた事からもわかっていただけるかと思います。

 ネットで月に数百局打っている人がいます。沢山対局すれば上達する、その理屈だけでいえば、その人は相当な棋力になってないと理屈にあいませんが、大抵、そういう方の棋力は変動がありません。

 失礼ながら、何も考えていないからと言わざる得ません。技術的な点は考えているかもしれませんが、指針といったおおきな意味で、です。

 勝ち負けだけにこだわりすぎる人は指針持たず、ただ漫然と一局をうってしまいます。 
 



 私が思うに、才能というのはたしかにありますが、ようはどう考えているか、が上達に差をつけるのではないか、というのが私の現在の研究結果(?)です。

 少なくとも大人から碁を始められた方の多くは、」才能よりもそういった部分が大きく左右すると考えています。

 ブログランキングはじめました。一日一回ぽちっとお願いします。

 
人気ブログランキングへ




 



 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

豆腐の角

Author:豆腐の角
ども~こんにちは。豆腐の角と申します。

棋力は東洋囲碁八段~九段を行ったり来たり程度。兵庫県を中心に、関西で囲碁を教えて生活しています。

現在の所、ネットはカフェトークをhttps://cafetalk.com/tutors/profile/?id=36141&lang=ja参照ください。

リアル個人指導一時間2500円。棋譜添削は三局分を簡単にまとめたものを千円でやっています。(需要の状況により、値上がり変更があるかもしれませんが、ご了承ください)
入門は30分500円から。お気軽にどうぞ。

カフェトークはちょっと無理!でも豆腐は信頼できる!という方は、豆腐とご相談で直接やりとり契約もおkです。生徒さんとの信頼の元やらせていただいております(´・ω・`)

 

みくろっく

みくろっく
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
囲碁

FC2Blog Ranking

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
532位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
105位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム