子供と大人の違い


 ども~おはようございます。豆腐の角です。

 
 「子供だからやっぱり強くなるのが早い」「頭が柔らかいからなー」

 という事をよく仰る大人の方が多いですね。しかし具体的に大人と子供となにが違うのでしょうか?

 
 まず幼少期の子供の脳というのは、身体で覚える仕組みの強い脳なんです。誤解しないでほしいのは、身体で覚える事ができるのは大人も一緒です。ただ、幼少期は、より身体で覚えやすい時期であるということです。

 生まれてから小1、2年の時期というのは、五感で感じる能力が敏感です。それは知識のない時代だからこそできる事であり、人間が忘れつつある野性的な感覚です。知識がなくとも五感が発達すれば、敵の気配に気づいて生き延びる可能性が高くなりますので(動物の世界では)そういった動物的な面が人間にもあるのだと思っています。

 だから五感の優れた幼少期に、ピアニストなどは英才教育を受けるんですね。これはどこの世界でも一緒だと思います。

 見るもの、聞くもの、触るものなど、身体全体で感じて一つずつ身体で覚えていきます。子供は知らないものに好奇心を示します。好奇心は好きになる一歩手前。これが「好き」になると五感の能力が「好きなこと」の成長を促そうと力を発揮します。

 これが天才少年少女ができる仕組みの一つですね。

 
 さて、大人の脳というのは、「知識・知恵」がある脳であり「理性の脳」です。


 小学校2,3年から、学校での知識、社会のルールなど知識が増えていき、段々と身体で感じる脳が薄れて、理性ある大人の脳へと成長していきます。

 なんだかやだなーと思われるかもしれませんが、これがないと大人になれませんし、ならないといけません。

 小さい頃は社会のルールなど分かりませんから、喚き散らしたり、暴れたりします。大人になっても暴れたり、喚き散らしたりする人は、ほとんどいませんよね。つまり幼少期に比べ、自分を(欲とか)コントロールしやすくなっているということです。

 知恵がある生き物には必要な成長なんですね。


 今日は大人と子供の違いについてでした。今回のことを踏まえて、次回は大人が強くなる方法篇です。


 ブログランキング始めました。一日一回お月さんをぽちっとお願いします。

 
人気ブログランキングへ

 

 
 
 

 
  
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

豆腐の角

Author:豆腐の角
ども~こんにちは。豆腐の角と申します。

棋力は東洋囲碁八段~九段を行ったり来たり程度。兵庫県を中心に、関西で囲碁を教えて生活しています。

現在の所、ネットはカフェトークをhttps://cafetalk.com/tutors/profile/?id=36141&lang=ja参照ください。

リアル個人指導一時間2500円。棋譜添削は三局分を簡単にまとめたものを千円でやっています。(需要の状況により、値上がり変更があるかもしれませんが、ご了承ください)
入門は30分500円から。お気軽にどうぞ。

カフェトークはちょっと無理!でも豆腐は信頼できる!という方は、豆腐とご相談で直接やりとり契約もおkです。生徒さんとの信頼の元やらせていただいております(´・ω・`)

 

みくろっく

みくろっく
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
囲碁

FC2Blog Ranking

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
532位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
105位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム