棋力向上には仕留める力が必須


 ども~こんばんは。豆腐の角です。

 前回、眼取り練習法というのを書きましたが、眼取り練習法は碁の底力を上げるのに最適な練習です。

 皆さんの碁を私は知りませんが、眼取り練習法の記事を書いたとき「いやいや、私の碁は穏やかな碁だから、そんなの必要ないよ」なんて思っている人がいるかもしれません。

 しかし、貴方の碁がそうでも、相手も穏やかとは限りません

 自分が地だと思っている所に、相手が入ってきたら、穏やかに、というわけにはいきません。

 無理な手を打たれて穏やかに打っていれば、蹂躙されるだけです。

 たとえばこんなふうに打たれた経験はありませんか?

 Baidu IME_2015-5-2_19-25-39

 たとえば貴方の形勢が30目くらい良いとき、相手だってそのまま負けるのは悔しいから、貴方の地に無理とは分かっていても入ってくる事があります。
 
 その時、対応する力がなければ……形勢が100目良くても負けてしまいます。

 確定地とは相手に入られても二眼ができない所のことです。それでも入ってこられて、対処を間違えて生きさせてしまうようでは、確定地を作っても入ってこられるんじゃないか、と疑心暗鬼になってしまいます。一手必要のない備えをしてしまい、それが形勢を遅らせてしまう……なんてことに。

 確定地を自信をもって確定地です!と言えるようになるために、仕留める力は必須です。

 決して、上手に入ってこられて「ああ、これ生きられるんだ……」で思考をやめないことです。上手も無理なものは無理です。しかし、貴方が諦めると、相手を助けることになります。それを「二人がかりで碁を打っている」といいます。

 ブログランキングはじめました。一日一回ぽちっとおねがいします。

 
人気ブログランキングへ






 

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

Re: 仕留める力


 にのまえさん

実戦の死活は問題集の詰碁とはちと違う点が多いですからね。

 自分を備える事が仕留める最善だったり。

今回のような、本当は仕留められるけど、結構仕留められてないパターンってのやって欲しいです。

ネットで打つと終局だろってなってから思いついたように入ってくる人が結構いるのですが、自分もまだ下手なので対処できないことも。
だったらもっと早く入れただろって思っちゃいます。
プロフィール

豆腐の角

Author:豆腐の角
ども~こんにちは。インストラクターの豆腐の角と申します。

棋力は東洋囲碁八段~九段を行ったり来たり程度。兵庫県を中心に、関西で囲碁を教えて生活しています。2011年には兵庫県世界アマ予選で優勝したことがあります。プロ試験とかぶって辞退することになったのですが(^_^;)
 
HPにてレッスン受け付けております。級位者から高段者まで、伸び悩んでいる、相談したいという方はぜひどうぞ。

囲碁レッスンサイト碁円 http://r.goope.jp/igogoen
 

みくろっく

みくろっく
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
囲碁

FC2Blog Ranking

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
1066位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
240位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム