自分が何をしたいか、を意識しているか

 ども~こんばんは。豆腐の角です。

 碁で強くなる秘訣の話です。

 何度もこのブログでは口を酸っぱくして書いていますが、上達に必要なことは二つ。

 自分のやりたい事を考える・相手の事を考えるです。

 相手のことを考える、というのはもうキーボードを打つ指先にタコができるんじゃないかと思うほど書きましたからもういいですよねw

 軽く書いておくと……

 自分の打つ手のつぎは?相手ですよね。碁は何を考えるか、というと相手のことを考えるゲームです。

 ということですねw

 さて、今日はスポットを当てるのは「自分の考え」です。

 これも実はあんまり出来てる人が少ないんですよね。碁を打つ手は自分が選択して着手を決めているわけですが、「考え」というよりも「感情や知識」に自由を奪われている人が多いです。

 たとえば「この手を打ったら怒られそうだからこっちにしよう」「相手がこのへんにきたから何かあるんだろう、とりあえず守っとこう」「前読んだ本の形に似てるなあ……」

 自分の打つ手なのに、相手に怒られるのを怖がってしまったり、 考えを放棄してしまう人が多いのです。

 「相手がこのへんにきたから何かあるんだろう、とりあえず守っとこう」

 このような↑考えは、一見して「相手のことを考えている」ように見えますが、きたから何かあるんじゃないか、で思考をやめてしまっています。
 
 何かあるかも知れない、と思うのはいいですが、そこから思考を進めて、間違ってもいいから相手の狙いを守れるか、手を抜けるか、を考えないと実力は付きません。それが「自分の考え」です。

 自分の考えと相手の事を考える、というのは両輪です。どちらが抜けてもいけません。

 自分がこうしたい!というものがないと、碁は勝てませんし、強くもなれません。また、自分のことしか考えていないと、貪りすぎて相手に不覚をとります。なので相手のことを考えることも必要です。

 知識は大事ですが、知識がすべてだと思うのは間違いです。たとえば定石が正解だと思っている人がツケヒキ定石を覚えたとして、四隅すべてそれで固めてしまう、たしかに悪手ではありませんが、「知識」だけで碁を打つと面白くない碁になります。

 自分の考えがないから、です。

 面白くない碁は「栄養」がありません。栄養がない碁を百局打っても効果は薄いでしょう。

 自分の考えを引っ張り出し、相手の考えに気づこうとすることで「栄養」がたっぷりの碁を打つことができます。

 そういう碁からは得るものが多く、碁も上達しやすいでしょう。

 ブログランキングはじめました。一日一回ぽちっと応援おねがいします。


人気ブログランキングへ
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

豆腐の角

Author:豆腐の角
ども~こんにちは。豆腐の角と申します。

棋力は東洋囲碁八段~九段を行ったり来たり程度。兵庫県を中心に、関西で囲碁を教えて生活しています。

現在の所、ネットはカフェトークをhttps://cafetalk.com/tutors/profile/?id=36141&lang=ja参照ください。

リアル個人指導一時間2500円。棋譜添削は三局分を簡単にまとめたものを千円でやっています。(需要の状況により、値上がり変更があるかもしれませんが、ご了承ください)
入門は30分500円から。お気軽にどうぞ。

カフェトークはちょっと無理!でも豆腐は信頼できる!という方は、豆腐とご相談で直接やりとり契約もおkです。生徒さんとの信頼の元やらせていただいております(´・ω・`)

 

みくろっく

みくろっく
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
囲碁

FC2Blog Ranking

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
490位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
97位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム