囲碁は自由性と曖昧な所がウリのゲーム。


 ども~こんばんは。豆腐の角です。


 囲碁はほかのチェスや将棋などのボードゲームに比べて曖昧なゲームだと思います。曖昧というのは何を目指せば勝ちになるのか、などその他もろもろです。
 将棋やチェスは王様を詰ませれば勝ちで非常にシンプルです。しかし囲碁は最後に領土が民家一件分(一目でも)でも多ければ勝ちというゲームです。

 シンプルに見えますが、ゴールまでの道のりが長く、他のゲームよりもゴールに至るまでの過程に自由性があります。自由性があるということは曖昧な部分が多いんですね。

 たとえば囲碁の勝負は一目や二目など数字で結果を表します。まずこのへんがほかのゲームと違う所ですね。

一目でも半目でも相手より多ければ勝ちというゲームです。形勢判断・目算が得意な人ならば半目をゴールラインに設定してもいいでしょうが、普通半目だと計算間違いしたら怖いし、もっと余裕をもって勝ちたいと思うのが普通ではないでしょうか。

 ゴールは別に一目でも100目でも自由。ゴールだけでも王様を取るというシンプルさに比べて自由度が高いというか、曖昧ですよね。

 
 自由性が高いため、曖昧な点が多く、考えて分かろうとすると余計わからなくなってしまう……それが囲碁によくある落とし穴です。

 囲碁用語にしたってそうです。マガリとぐずみとか、伸びとサガリの違いとか、利かしとか曖昧ですよね。

 なので以前から申している「感じ」「感覚」で掴まないといけない部分が多いゲームです。だからプロの棋書でもアマチュアの疑問に完璧に答えられている本はあんまりなかったりするわけです。特にプロは子供の頃から「感じ」で囲碁を掴んできていますので、「感じ」や「感覚」を級位者にでも分かる言葉で説明しろといっても中々難しいのです。

 たとえば外国人に「どうやってお箸をもっているの?」って聞かれてもお箸の持ち方みせて「こうもってこうだよこう!」としか言えませんよね。理屈で説明しろって言われたって長年習慣で身に付いたものを言葉になんて中々できません。それとおんなじです。

 まあこの指をこの角度で~って説明できる人がいたら、お見それしましたとしか言いようがないですけどw

 この感じ・感覚といったものは、才能による部分も大きいですが、私は難しいことでもそれはそういうものとして「受け入れる」事が重要なのかもしれないとここ最近思うようになりました。それさえできれば、それほど難しい事ではないのかもしれません。これについてはまた書いて吟味していきたいと思います。

 次回も囲碁の曖昧さについて考えていきたいと思います。

 ブログランキングはじめました。一日一回ぽちっとおねがいします。

 
人気ブログランキングへ

  
 

 

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

豆腐の角

Author:豆腐の角
ども~こんにちは。豆腐の角と申します。

棋力は東洋囲碁八段~九段を行ったり来たり程度。兵庫県を中心に、関西で囲碁を教えて生活しています。

現在の所、ネットはカフェトークをhttps://cafetalk.com/tutors/profile/?id=36141&lang=ja参照ください。

リアル個人指導一時間2500円。棋譜添削は三局分を簡単にまとめたものを千円でやっています。(需要の状況により、値上がり変更があるかもしれませんが、ご了承ください)
入門は30分500円から。お気軽にどうぞ。

カフェトークはちょっと無理!でも豆腐は信頼できる!という方は、豆腐とご相談で直接やりとり契約もおkです。生徒さんとの信頼の元やらせていただいております(´・ω・`)

 

みくろっく

みくろっく
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
囲碁

FC2Blog Ranking

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
533位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
96位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム