棋力向上は大体が気持ちの問題


 ども~こんにちは。豆腐の角です。

 今日は警備の現場研修でした。肉体的よりも精神的に疲れました(^_^;)十字路の警備だったので、首振り人形になってました。大阪のおばちゃんはマジで怖いっす……自転車スピード緩めてくれなひw

 さて、今日は棋力向上の邪魔をしているのは気持ちの問題という話を。

 大体気持ち八割、技術二割が棋力向上を邪魔していると思いますw

 昨日の話にもつながっていますが、上手を尊敬しすぎな方が大人に非常に多いです。

 上手の手に対してただ受けていくだけ~とか怖い怖い~で相手の手について考えようとしないと、次のステップに進めません。

 目の前の碁には勝てるかもしれませんが、置石が減ってきたりすると、全然勝てないです。定石をいくら勉強しても、碁は相手がありますからね。根本である「相手のことを考える」という意識がないと大きくは伸びないです。

 まあ大体上手への恐怖心がなくなれば、その人より強くなったということなんですけどねw

 子供は上手だから~とかそういう意識はまったくないですね。よく子供のほうが頭が柔らかいから強くなるんだといいますが、単純にそういう気持ちの問題が子供と大きく違う点ではないでしょうか。

 子供は大体上手相手にもボコボコにしてやろうとか、そういう気持ちで打っているんですよね。

 すると自然に打つ手が厳しくなってきますから、石が急所にきやすくなります。弱い石と思った石をどんどん攻めるからすぐに強くなります。

 一方大人は置碁の場合、上手の本来弱い石を弱い石と認識していない事が多いです

 これで納得し続けると、正しい判断が互先でも出来なくなります。結果碁が伸び悩みます。

 攻めて得する局面で攻めないと、相手の手がいい手よりもさらにいい手になってしまうのです。本来一手かける必要がある所を、一手入れないでお茶を濁してしまえば、一手ほかへ打てるわけですから。

 それが一手だけならまだしも、気づかないうちに何手も続いていたとしたら?

 実はそれの積み重ねで置碁負けている人が多いです。

 ということで、子供のように天真爛漫というのは無理かもしれませんが、技術よりも気持ちの問題と分かれば、皆さんもできそうな気がしてきませんか?

 才能がどうたら~と言っているわけではないですんで。あくまで気持ちの問題です。

 とりあえず今日はここまで。

 ブログランキングはじめました。一日一回ぽちっとお願いします。

 
人気ブログランキングへ

  




 
  
  

 
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

豆腐の角

Author:豆腐の角
ども~こんにちは。豆腐の角と申します。

棋力は東洋囲碁八段~九段を行ったり来たり程度。兵庫県を中心に、関西で囲碁を教えて生活しています。

現在の所、ネットはカフェトークをhttps://cafetalk.com/tutors/profile/?id=36141&lang=ja参照ください。

リアル個人指導一時間2500円。棋譜添削は三局分を簡単にまとめたものを千円でやっています。(需要の状況により、値上がり変更があるかもしれませんが、ご了承ください)
入門は30分500円から。お気軽にどうぞ。

カフェトークはちょっと無理!でも豆腐は信頼できる!という方は、豆腐とご相談で直接やりとり契約もおkです。生徒さんとの信頼の元やらせていただいております(´・ω・`)

 

みくろっく

みくろっく
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
囲碁

FC2Blog Ranking

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
1550位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
312位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム