囲碁の経営学~厚みはベンチャー起業家?


 ども~こんばんは。豆腐の角です。


 「厚い」または、「厚味」は石数が多くて強い石のことです。

 厚みの定義は、1「石の高さ」2「生きている石」3「石数の多さ」です。


 ■の黒石は生きていませんが、「石の高さ」があります。白に地を与える代わりに三線に押し込んで、黒は四線で高さをえました。高さを得ると、相手を閉じ込めやすく、自分は逃げやすい意味があります。左方向、下辺方向、中央方向へ影響力をもちます。


 Baidu IME_2013-9-22_22-12-23


 

  最強の厚みが、生きている厚みです。


 ↓右下の黒は生きていますので、最強の厚み……いや、もう生きているので厚みを通り越して「厚い」ですね。厚いというのはようするに強い石です。強い石の近くでけんかしたらボコボコにされますよね。右下の厚みの黒石は四線の高さですから、四線から下辺、左辺方向へ強い影響力をもっています。

 Baidu IME_2013-9-22_22-10-48


 ↓黒1とカケ、白は現実路線の地に走り、黒は四線の高さを活かして5に打ちました。黒模様の完成です。

 白は手堅い考え方で、公務員になろうと大学時代から話していた白さん。黒は会社の枠に収まりたくない!と大学時代から夢見るベンチャー起業を目指していた黒さんです。

 白は手堅い銀行で実利を稼ぐ決心をしましたが、上司の圧力(四線部長)を受けながら仕事をしないといけません

 黒は盤面全体を広く見て、上司に縛られず、夢に向かって自由に経営を考えることができますが、当然ベンチャー企業ですのでリスクも伴います。模様が完全に地となるわけではないからです。投資(2、4で相手に白地をあげた投資)して人材を確保(1と3)した分の投資額をどうやって回収するか?

 ベンチャー起業家としての手腕が問われます。


  Baidu IME_2013-9-22_11-20-57


 囲碁はなにもないところから始めるので、ある意味みんなベンチャー起業なんですが、人材を得る(石の高さと石数)ために相手にお金(地)をあげて作るのが「厚み」です。
 

 では次回はベンチャー起業家(模様と厚み)の仕事の仕方、仕事ぶりを見ていきましょう。


 ブログランキング始めました。一日一回お月さんをぽちっとお願いします

 
人気ブログランキングへ

 


 

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

豆腐の角

Author:豆腐の角
ども~こんにちは。豆腐の角と申します。

棋力は東洋囲碁八段~九段を行ったり来たり程度。兵庫県を中心に、関西で囲碁を教えて生活しています。

現在の所、ネットはカフェトークをhttps://cafetalk.com/tutors/profile/?id=36141&lang=ja参照ください。

リアル個人指導一時間2500円。棋譜添削は三局分を簡単にまとめたものを千円でやっています。(需要の状況により、値上がり変更があるかもしれませんが、ご了承ください)
入門は30分500円から。お気軽にどうぞ。

カフェトークはちょっと無理!でも豆腐は信頼できる!という方は、豆腐とご相談で直接やりとり契約もおkです。生徒さんとの信頼の元やらせていただいております(´・ω・`)

 

みくろっく

みくろっく
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
囲碁

FC2Blog Ranking

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
679位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
134位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム