詰碁の0.1思考法~(0.8)読みに必要な二つの基礎


 ども~こんにちは。豆腐の角です。

 今日はいよいよ詰碁をするレベルになるための、イメージ特訓法です。

 読みに必要なイメージは、二つしかありません。石を置くイメージと、石が消えるイメージです。

 この二つがしっかりしていないと、詰碁をするのにも一苦労することになります。

 すご~く簡単な形からトレーニングしますので、見た目すごく地味な記事になりますがw最後までお付き合いいただければと思います。

 まずA題がテーマ図です。この状態からB、石を置くイメージ、C、石が消えるイメージ。この二つをAの状態でイメージすることができますか?

 余裕!という人は取られる石数を二つ、三つとどんどん増やしてやってみましょう。ちょっと苦手~という人は、BとCの図を何度もみて、イメージのとっかかりを掴み、Aの状態で出来るようになりましょう。 

 Baidu IME_2015-1-31_12-31-40

 単純なアタリの石を取る、というイメージはもう楽勝!という方は、ウッテガエシでトレーニング。

 Aの状態からB、Cの状態をイメージできるようになりましょう。これも余裕な方はウッテガエシで取れる石数を増やしてもできるかやってみてください。

 できない方はAをみて~B、Cを順にみて、イメージを掴んでからAからをイメージ。何度も繰り返すことで感覚を掴むことが出来ると思います。答えを求める詰碁とちがい、イメージ力を鍛えるだけですので、A~Cの図とにらめっこしてやってみてください。

 Baidu IME_2015-1-31_12-34-37

 級位者で結構多いのが、中手が読めない人。まずは三目中手をAの状態からB、Cをイメージできるようになりましょう。

 Baidu IME_2015-1-31_12-40-7

 五目中手です。石が消える数が増えるため、実はこれも級位者の方が苦手としている形だと思います。何度も繰り返しやりましょう。

  Baidu IME_2015-1-31_12-44-19

 もっと面白いのがやりたい!という方は、石を置くイメージのオススメのやり方があります。それは知っている定石をイメージすること

 1とカカリました。この状態で……

 Baidu IME_2015-1-31_12-47-56

 この状態をイメージできますか?できる!という人も、何度もこういうのを繰り返すだけで、詰碁をしなくてもイメージ力が鍛えられますし、これをすると、構想力も鍛えられます。

 Baidu IME_2015-1-31_12-48-14

 詰碁をする前に、単純な石を置く、石が消える(取られて)イメージができるようになりましょう。

 これが詰碁で読みを鍛える前の、0.1です。

 ブログランキングはじめました。一日一回ぽちっとお願いします。

 
人気ブログランキングへ

 


  

  
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

豆腐の角

Author:豆腐の角
ども~こんにちは。豆腐の角と申します。

棋力は東洋囲碁八段~九段を行ったり来たり程度。兵庫県を中心に、関西で囲碁を教えて生活しています。

現在の所、ネットはカフェトークをhttps://cafetalk.com/tutors/profile/?id=36141&lang=ja参照ください。

リアル個人指導一時間2500円。棋譜添削は三局分を簡単にまとめたものを千円でやっています。(需要の状況により、値上がり変更があるかもしれませんが、ご了承ください)
入門は30分500円から。お気軽にどうぞ。

カフェトークはちょっと無理!でも豆腐は信頼できる!という方は、豆腐とご相談で直接やりとり契約もおkです。生徒さんとの信頼の元やらせていただいております(´・ω・`)

 

みくろっく

みくろっく
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
囲碁

FC2Blog Ranking

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
770位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
154位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム