スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

詰碁の0.1思考法~(0.6)読みの正体と誤解。

 ども~こんにちは。豆腐の角です。

 0.1~0.5までの 負けの原因を自覚する、ダメの重要性を認識する、ダメを詰められたと認識し、危機感を持つ。この三つをクリアしたと思ったら、この0.6に進んでください。

 もちろんクリアしていない人でも、気楽な気持ちで読んでいただいておkです。

 0.6からは、いよいよ読みってなんなの?から説明していきたいと思います。
 
 読みとは、盤面に石を置かない状態で、黒と白をイメージし、先の図を想定することです

 つまり図で説明すると……

 この状態から、白が逃げだしたらどうなるか、を石をおかずにイメージするということです。

 Baidu IME_2015-1-27_11-55-22

 1から5までをイメージします。これが読みです。読みの根本はイメージにあります。

 Baidu IME_2015-1-27_11-55-57

 では、ここで皆さんに問います。このイメージする、というのは頭で行っているのでしょうか?

 わたしは、目で行っていると考えています。少なくともわたしは盤面を「見て」行っています。

 よく頭の中に碁盤がないと読めないぞという人もいますが、それはかなり高度なレベル、それもプロやプロを目指す人レベルの人の話です。

 緑星学園という山下敬吾などのプロが育った囲碁教室があります。たしかに、そこでは頭の中に碁盤を作るために、詰碁の問題図を数十秒みたら、問題図を崩し、目をつぶって頭の中で解き、問題図を並べて解答するというのがあります。

 修行時代、私もやったことありますが、全然できなかったのを覚えていますw碁会所五段くらいの頃で、詰碁は結構得意でした。

 では、普通の一般的なアマチュアは読めないのでしょうか?そんなことはありません。

 そんな事をしなくても誰でも読むこと、イメージする事はできます。

 盤面をみて、目で黒と白をイメージすればいい。詰碁をする前に、このイメージ能力を鍛える事から始める事をオススメします。(やり方は次回以降に)

 次回の0.7は、読みの正体2です。イメージともう一つ大事なのが「相手の事を考える」です。この二つで一つの「読み」というものになります。

 イメージすること、相手のことを考えられるようになること、この二つが「読み」を作ります。

 ブログランキングはじめました。一日一回ぽちっとお願いします。

 
人気ブログランキングへ 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

豆腐の角

Author:豆腐の角
ども~こんにちは。インストラクターの豆腐の角と申します。

棋力は東洋囲碁八段~九段を行ったり来たり程度。兵庫県を中心に、関西で囲碁を教えて生活しています。2011年には兵庫県世界アマ予選で優勝したことがあります。プロ試験とかぶって辞退することになったのですが(^_^;)
 
HPにてレッスン受け付けております。級位者から高段者まで、伸び悩んでいる、相談したいという方はぜひどうぞ。

囲碁レッスンサイト碁円 http://r.goope.jp/igogoen
 

みくろっく

みくろっく
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
囲碁

FC2Blog Ranking

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
774位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
152位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。