楽しくて大雑把だけど、割と正確な形勢判断法2


 ども~こんにちは。豆腐の角です。

 さて、昨日に続き、こんどは右下の黒地を計算しましょう。

 白地よりあきらかにごちゃごちゃして、計算しにくそうですよね。でもやり方は同じです。

 まず、赤い矢印ぐらいを黒地の境界線として考えます。次に黒白入り乱れている所を、昨日やったやり方の通り、黒白同数の石を外します。

 抜き後ですが、取った白石も数に入れます。右辺と右下の抜きあと合わせて白四つ。残っている白×8子と合わせて12個。黒△12個。これを全部外します。

 □一個分あまりましたが、一個だけですので一緒にのけときましょうwあとで黒地計算してマイナス1すればいいだけですから。

 Baidu IME_2014-12-29_12-13-57

 除けるとこうなります。白地と同じように辺の星から一番したまで50。あとあまりを数えればいい。二間ヒラキの所も地に入れると、全部で約75目。

 昨日数えた白地は65ですから、10目近く多い事がわかります。 

 Baidu IME_2014-12-29_12-15-56

 左上は32目くらいありそうなので、黒地合計107目。白地は左下65と、上辺に17で82目。盤面黒25目有利。

 ですが、右上がまだ未確定ポイント。右上に白が回ると、10目以上白地がつき、黒地も薄くなるため細かくなってきます。なので先手を取り、右上を回ることを意識して、黒119とうちました。つまりヨセになれば分があるとみている手です。

 イメージは□の境界線を白に作ってもらい、右上へ先着すること。実は左辺から左下は相当味が悪いのです。119で机の角さんは入ってくるかと思ったほどです^^:

 Baidu IME_2014-12-30_12-33-8

 打ってる時は、トビに受けてくれるか、先手が回れるか、をひたすら考えていたのですが、あっさりと受けてもらえたのでほぼイメージ通りの境界線となり、125へ周ってゴールが見えてきました。なかなか負けにくい碁だと思います。

また、境界線を作らせる、決めさせるメリットというものもあり、境界線を破られないようにさせるメリットがあります。たとえば黒H6のトビを打つと、F8のハザマが。白は122、124と守ったのに荒らされると、何をしているのかわからなくなります。なのでH6などが先手になるメリットがあります。(H6は白の侵入とK4の出から四子取りを防いだ手)

 ちなみに計算の話に戻りますが、左上も×と△をのけて計算します。

 Baidu IME_2014-12-29_12-18-12

 最後は細かくなり二目半でしたが、それは終盤の連続ミスが原因で、6目くらい最後の最後に損をしてしまいました^^:

 少しでも参考になっていただければ幸いです。

 ブログランキングはじめました。一日一回ぽちっとお願いします。
 
 
人気ブログランキングへ  
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

豆腐の角

Author:豆腐の角
ども~こんにちは。豆腐の角と申します。

棋力は東洋囲碁八段~九段を行ったり来たり程度。兵庫県を中心に、関西で囲碁を教えて生活しています。

現在の所、ネットはカフェトークをhttps://cafetalk.com/tutors/profile/?id=36141&lang=ja参照ください。

リアル個人指導一時間2500円。棋譜添削は三局分を簡単にまとめたものを千円でやっています。(需要の状況により、値上がり変更があるかもしれませんが、ご了承ください)
入門は30分500円から。お気軽にどうぞ。

カフェトークはちょっと無理!でも豆腐は信頼できる!という方は、豆腐とご相談で直接やりとり契約もおkです。生徒さんとの信頼の元やらせていただいております(´・ω・`)

 

みくろっく

みくろっく
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
囲碁

FC2Blog Ranking

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
975位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
198位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム