囲碁の経営学~サバキ・シノギについて1

 ども~おはようございます。豆腐の角です。


 サバキ、シノギっていうのは、基本的に相手の石数の多いところで起こる戦いです。

相手の石数が多い敵陣での戦いですから、気持ちとしては自分有利どころか、五分五分の戦いすらもとめなくていい。だって元々相手が多いところなんですから、苦しいのは当たり前です。敵陣では3対5くらいの戦いを目指せばいい。

 10人の相手社員がいる会社に、単身のりこんで有利になるほうがおかしいと考えましょう。だから本来サバキ・シノギっていうのは、気楽に考えていいところなんです。

 だからプロは攻めよりもサバキ・シノギのほうが楽という人が多い。攻めはタイミングが重要になってきますから、難しい、と知り合いの棋士はよく言っています。アマは石が死ぬのが怖い、攻められるのが怖いで、シノギ・サバキは嫌いと答える人が多いですねw私もそうでしたけどw


 白番です↓右辺から右下が大きくなりそうですので、白は右下からなにか打つところ。


 Baidu IME_2013-9-20_9-49-27

 1と打つのは全部助けようとした手で、重苦しい。以下6まで、黒は攻めながら地を作る理想的展開です。白は眼がありませんし、息苦しい。

 Baidu IME_2013-9-20_9-51-27

 そこで↓1が面白い手です。ちょっとキリキズがあって少し怖いかもしれませんが、敵陣が多いのでちょっとくらい取られても構わないのです。
  
  Baidu IME_2013-9-20_9-52-26

 ↓2と切ってきました。これは罠で、3から5の突き出しがうまい手です。7まで、黒は一目を取りましたが、元々右下は生きている石でした。元々あった黒地から少し増えただけです。白は7と突き出したことで、■の石の価値を暴落させています。これは白が7対3くらいの分かれでうますぎます。
 
 Baidu IME_2013-9-20_9-53-55

 ↓そこで2押しから6とケイマで右辺を拡大。白は7と下辺を牽制しました。これは有利とはいえませんが、まああまあの分かれです。相手石数が多いところでは「まあまあ」程度でOKなんです。コツは全部助けようとしないことですね。

 黒の多いところでの戦いでしたから、有利にならなくてもいいんです。白だって上辺左辺と白が多い場所があるのですから。有利なところでは有利な別れを当然目指さないといけません。

Baidu IME_2013-9-20_10-14-13


 今日はマクロな視点で見ていきました。次回はミクロな視点でサバキ・シノギをみていきたいと思います。

 ↓ブログランキング始めました。一日一回お月さんをぽちっとお願いします。

 
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

豆腐の角

Author:豆腐の角
ども~こんにちは。インストラクターの豆腐の角と申します。

棋力は東洋囲碁八段~九段を行ったり来たり程度。兵庫県を中心に、関西で囲碁を教えて生活しています。2011年には兵庫県世界アマ予選で優勝したことがあります。プロ試験とかぶって辞退することになったのですが(^_^;)
 
HPにてレッスン受け付けております。級位者から高段者まで、伸び悩んでいる、相談したいという方はぜひどうぞ。

囲碁レッスンサイト碁円 http://r.goope.jp/igogoen
 

みくろっく

みくろっく
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
囲碁

FC2Blog Ranking

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
684位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
151位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム