囲碁をすると鍛えられる所(3)失敗と向き合うことで心が鍛えられる。

 ども~こんにちは。豆腐の角です。

 まず前回の(2)について少し補足を。

 囲碁は人の気持ちを考える事ができ、それをきちんと指導すれば正しい心根のある人になれるゲームです。

 が!しかし、囲碁界って陰湿的というか、排他的な人が多いというのも事実。(自分より下手の人に対してひどい扱いをする人など)これはなぜか?

 人の気持ちを考えるという意識を持って打ってくださいと、心を意識した指導を誰もしないからです(´・ω・`)また、人の気持ちを考えるのはいいけど、それを悪い方向へ使うと「人の嫌がる事をしてやろう」なんてことになります。

 自分さえ気持ち良ければ、相手はどうだっていいと思う人が結構いるんです。悲しいことに。


 前回言いましたとおり、薬は使い方を誤ると、毒にもなります。

 武宮九段は囲碁をすると性格が良くなる、と仰られていますが、正しく囲碁から学べば良い性格に。間違った指導を受けると逆もありえるということです。

 わたしも昔は「囲碁をする人に悪い人はいない」てきなどこかの漫画にありそうな事を考えていましたが、まあそんなわけもなくw(´・ω・`)

 良くも悪くも囲碁は人がでるゲームですから、本性が見えてきます。嫌な人間にならないよう心がけましょう。






 さて、このように心がよく出るゲームなんですが、正しい勉強法をすれば、心も碁も必ず向上します。

 
 わたしが囲碁で「人の気持ちを考える」の次にいい所だと思うのが「失敗ができること」なんです。

 皆さんにとって失敗とは、絶対にしたくないものと思っている人が多いでしょう。

 たしかに会社で大きな失敗をしたら、下手したらクビになりますしねw

 でも囲碁だと失敗しても自分が負けるだけですから、ある意味気楽です。つまり気軽に失敗を経験できる。

 ちょっと大げさにいえば、誰でもちょっとした挫折を体験できる。
 
 そして囲碁で大事な勉強法の一つが「局後の反省」です。

 これが心と碁を鍛えるもっとも厳しくもっとも勉強になる作業なんです。

 
 誰だって自分が打ったひどい碁を、もう一度並べ直して反省するなんて嫌ですよね。だって自分の身体にメスを入れて一つずつ解剖していくようなものですから。

  でもこれをすると本当に鍛えられます。失敗と向き合い、失敗を受け止めて前へ進んでいくという事ができると、荒波のような社会でも強く生きていくことができるでしょう。

 ちなみにプロ棋士になっている人は皆この作業をしてきています。とても残酷で厳しい作業ですが、それができるからこそプロフェショナルなんですね。 

 昔のネット碁がない時代だと、打った碁を並べ直すこともできませんでしたが、今では誰でも局後の反省ができる時代になりました。

 どこを反省すればわからない、という人は強い人に聞いてみましょう。(ポイントのみでおk)

 小さい子のうちから失敗する事を知り、失敗から学ぶ事を囲碁を通じて学んでもらえれば、と思います。

 ブログランキングはじめました。一日一回ぽちっとお願いします。

 
人気ブログランキングへ

 

 
 
 

   

 

 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

豆腐の角

Author:豆腐の角
ども~こんにちは。インストラクターの豆腐の角と申します。

棋力は東洋囲碁八段~九段を行ったり来たり程度。兵庫県を中心に、関西で囲碁を教えて生活しています。2011年には兵庫県世界アマ予選で優勝したことがあります。プロ試験とかぶって辞退することになったのですが(^_^;)
 
HPにてレッスン受け付けております。級位者から高段者まで、伸び悩んでいる、相談したいという方はぜひどうぞ。

囲碁レッスンサイト碁円 http://r.goope.jp/igogoen
 

みくろっく

みくろっく
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
囲碁

FC2Blog Ranking

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
931位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
193位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム