骨を鍛える~筋場理論について2


 ども~こんにちは。豆腐の角です。

 まず昨日書き忘れた図を。

 黒が筋場へうった図です。黒1と自分が筋場へ打つのは、白がいる所で蠢くわけですから、自然と黒のダメがつまり、身動きがしづらい。図は全然だめ。

 3で4と出ても切られて困ります。

 Baidu IME_2014-9-8_13-41-27

 さて、では新しい図をみていきます。といっても考え方は同じ。

 白の星に黒がカカリ、白が下がって、ツケて黒ハネた所。×の所が空き三角になるダメ場。さてこれを利用して一歩飛躍した考え方をもちたい。

 Baidu IME_2014-9-9_12-57-30

 ツケノビが頭に浮かぶ人が多いでしょうが、この場合は白1とハネるのが手筋。プロの棋譜でもよくでる手です。

 切りが残って怖そうですが、むしろ白としては切って欲しいんです。
 
 Baidu IME_2014-9-9_12-58-9

 黒が2と切りに対し、3で4に繋いじゃダメですよ。当然3とこちらからアタリを打つのが手筋です。黒4と抜きますが、筋場に石がいっているのがわかります。

 黒に筋場へいってもらう手筋なんですね。ぽん抜きは黒が強くなるのですが、左下の白二子も強く、黒は壁にむかってぽん抜いた理屈で厚みとしてあまり機能しません。つまりぽん抜きの効果が半減しているといえるでしょう。

 Baidu IME_2014-9-9_12-58-42

 黒1つなぎには白2とつなぎます。無駄のないすっきりとした形で左辺を固めることに成功しました。

 Baidu IME_2014-9-9_13-0-26
 
 さて、筋場についてはまだ語り足りないんですが、奥が深いのと資料不足なので、最後に一つだけ。

 黒1は白の筋場へ打った手ですが、この場合好手です。白を分断し、三子がほぼ落ちています。

 このように筋場理論が通用しない考え方の所も結構あります。(注:私が筋場を理解してないだけで、創始者の依田先生はすべて説明できるのかもしれません)

 なんだ、全然ダメじゃないか、と思ったあなた。世の中なんでも切れるハサミなんてありません。ハサミじゃ岩は切れないですよね。

 料理でもそうですが、この料理にはこの道具を、っていうのあるじゃないですか。あれと同じ。このときはこの理屈で考えようとか、そういう考え方の幅を広げることが大事だと思います。

 Baidu IME_2014-9-9_13-2-5

 出刃包丁には出刃包丁で切れるものを。っていう感じですねはい。依田先生が筋場を詳しく書いた書籍を早く発売してほしいものです。

 ブログランキングはじめました。一日一回ぽちっとお月さんクリックきぼんぬ!

 
人気ブログランキングへ   
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

豆腐の角

Author:豆腐の角
ども~こんにちは。インストラクターの豆腐の角と申します。

棋力は東洋囲碁八段~九段を行ったり来たり程度。兵庫県を中心に、関西で囲碁を教えて生活しています。2011年には兵庫県世界アマ予選で優勝したことがあります。プロ試験とかぶって辞退することになったのですが(^_^;)
 
HPにてレッスン受け付けております。級位者から高段者まで、伸び悩んでいる、相談したいという方はぜひどうぞ。

囲碁レッスンサイト碁円 http://r.goope.jp/igogoen
 

みくろっく

みくろっく
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
囲碁

FC2Blog Ranking

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
382位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
81位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム