読む・打つ・繰り返す


 ども~こんにちは。豆腐の角です。

 よく囲碁の本を何十冊と読んできたけど、全然強くならないっていう人から質問を受けるのですが、そういう人って大概実戦打ってないんですよね(´・ω・`)www

 昨日の本の紹介でも書きましたが、本を読んだら実戦で打たないとダメです。

 また、本に書かれていることは、その「著者の感覚」です。その本を読んだからっていきなり著者と同じ感覚になるわけないですよね(;´∀`)

 野球のバッティングの技術書を例にしてみましょう。イチローの打撃フォームがその本には書いてあります。さて、それを読んだらイチローと同じバッティングがいきなりできるでしょうか?

 答えはノーですねw(;´∀`)んな簡単だったら日本中イチローだらけになりますw

 これは囲碁の本でも一緒です。

 技術書を読んだだけの状態は「ふーん、へぇ~すげ~俺強くなったかも(´∀`)」っていう錯覚にとらわれやすい。人の感覚を疑似体験しただけなので。

 ポイントはこの、人の感覚を自分の感覚にすること近づけていくこと、です。

 そのためには実際に打って、見本(本)と比べたり、考え方があってるかを比べたり、そうやって失敗と反省を繰り返し、はじめてじぶんの血肉になります。

 学んだことは自分なりに考えないと、自分のものになりません。


 本は強い人の感覚を、疑似体験することができるアイテムですが、読んだだけで強くなったと錯覚しやすい

 読んだ瞬間は、その他人の感覚が自分とかなり近い所にあります。なので読んだらすぐ打て!

 鉄は熱いうちに打てということですね。読んだらとにかくすぐ打ちましょう。打ち終わったら比べてみましょう。終わったら読んで・打って・比べる、を繰り返しましょう。

  本に書いてあることが「当たり前のこと」になったとき、あなたは強くなったということです。

 ブログランキングはじめました。一日一回ぽちっとおねがいします。

 
人気ブログランキングへ 

  
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

豆腐の角

Author:豆腐の角
ども~こんにちは。インストラクターの豆腐の角と申します。

棋力は東洋囲碁八段~九段を行ったり来たり程度。兵庫県を中心に、関西で囲碁を教えて生活しています。2011年には兵庫県世界アマ予選で優勝したことがあります。プロ試験とかぶって辞退することになったのですが(^_^;)
 
HPにてレッスン受け付けております。級位者から高段者まで、伸び悩んでいる、相談したいという方はぜひどうぞ。

囲碁レッスンサイト碁円 http://r.goope.jp/igogoen
 

みくろっく

みくろっく
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
囲碁

FC2Blog Ranking

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
1066位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
240位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム