囲碁の経営学~キリチガイで考える裂かれ形

 ども~おはようございます。豆腐の角です。


 今日は裂かれ形について。裂かれ形っていうのは知ってるけど、意外とどういう手のことなのか??という事を具体的に記述されたものが少ないように思います。図は載ってるんですけど。もっと根本的な所が物足りないなと。

 囲碁界ってどうも実践で覚えろっていう実践主義が進みすぎて、説明を求めてもスパッと答えられる人が少ないです。実践は大事ですけどね。

 
 さて、裂かれ形の定義は「自分は繋がって相手だけがバラバラ」または「自分だけバラバラ。相手は繋がってる」状態のことです。

 裂かれ形を知るには、やはりキリチガイ↓を基本に考えると分かりやすいです。同じ石数、同じ呼吸点のダメの数、そして「お互いの石が切れている」が今日のポイントです。キリチガイが互角の形として頭に入れておいてください。

  Baidu IME_2013-9-9_8-56-36


 ↓黒1に打ち、白が裂かれた形です。黒が一方的につながり、白はバラバラです。戦いで石は繋がっていると力強くなり、切り離されるとパワーダウンします。だから裂かれ形は避けられるんですね。 
 
 
 Baidu IME_2013-9-12_7-41-6


 ただし、囲碁には裂かれ形にさせてもいい時もあります。裂かれ形にしてしまう変わりに、ほかで得をしている場合。または、自分も裂けるけど、相手も裂ける形の場合。お互い裂かれるんだから互角です。いつも書いてますが、碁は局面によって普段いい手が悪い手になったり、悪い手がいい手になったりするゲームです。ケースバイケースですね。 

 ↓の形は定石の途中で1と切った所です。この局面では「キリチガイ一方伸びよ」あまりよくありません。キリチガイ単体では互角ですが、碁盤の端っこに近いので伸びても息苦しいのと、白の援軍が近くにいるためです。そこで……

 Baidu IME_2013-9-12_7-43-19

 「アタリアタリはヘボ碁の見本」が好手になります。黒5まで。アタリで白の手数を増やして強くさせ、黒一子が取られですが、5と打ったことで右辺の白一子が裂かれた形です。アタリで白を強くさせてしまった損を、裂かれ形で名誉挽回したので、お互い互角の分かれです。このように碁は一つの理屈だけで通るゲームではなく、色んな理屈、主張のぶつかり合いなのです。


 Baidu IME_2013-9-12_7-42-42


 困ったときはキリチガイを思い出し、裂かれ形の目安にしていただければと思います。

 
 ↓ブログランキング始めました。一日一回お月さんをぽちっとお願いします。

 
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

豆腐の角

Author:豆腐の角
ども~こんにちは。豆腐の角と申します。

棋力は東洋囲碁八段~九段を行ったり来たり程度。兵庫県を中心に、関西で囲碁を教えて生活しています。

現在の所、ネットはカフェトークをhttps://cafetalk.com/tutors/profile/?id=36141&lang=ja参照ください。

リアル個人指導一時間2500円。棋譜添削は三局分を簡単にまとめたものを千円でやっています。(需要の状況により、値上がり変更があるかもしれませんが、ご了承ください)
入門は30分500円から。お気軽にどうぞ。

カフェトークはちょっと無理!でも豆腐は信頼できる!という方は、豆腐とご相談で直接やりとり契約もおkです。生徒さんとの信頼の元やらせていただいております(´・ω・`)

 

みくろっく

みくろっく
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
囲碁

FC2Blog Ranking

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
532位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
105位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム