縦の読み・横の読み

 ども~こんにちは。豆腐の角です。


 縦の読み・横の読みとはわたしが勝手に言ってる読みの性質みたいなもんです。


 縦の読みっていうのは、シチョウなど複雑な変化のない一本調子の読み。打つ手が決まっているため、相手の応手も殆ど考えなくていい。単純な読みですね。ただし単純だからこそ読む手数が長いことが多いです。


  横の読みっていうのはシチョウと違って、相手の応手を考えないといけない読み。縦の読みは真っ直ぐ先を読むだけでいいですが、 横の読みは相手の応手によってこちらも応手を考えないといけません。つまり横に読みが広がっていく感じです。

 枝葉が「読み」だとすると、それが幾重にも広がっているのが横の読みといえばわかりやすいでしょうか。

 詰碁なんかは相手の手も読まないといけませんので、横の読みの質をあげるための訓練なわけですね~


 この横の読み、縦の読み、その精度が高い人が読みが強い。

 縦の読み、横の読みについてはまた次回書いていきます。

 
 ちなみに入門、初級のうちは優しい詰碁を「解く」のもいいですし、まだ基礎体力ができてないので、石並べて応手の仕方の勉強をするのもアリだと思っています。

 べつに詰碁だからって読みを鍛えるためだけに使わなくてもいいじゃないですか、ってことなんですよ。

 正しい応手の仕方を正解をみて学んで、碁盤に並べて応手を学べば、正しい応手の仕方がみにつきますし、読む時も楽になると思いますよ。

 基本の応手が分からないのに、闇雲に読んでも疲れるだけだと思うんですよね~

 まあそれは私が初級者だったらそうやって楽をしたいな~って思うあれがあるんですけどもwwwww

 昨今は「楽」をするのは悪いことだと思われる傾向にありますが、だれだって勉強や仕事は楽に終わるならそうしたいですよね。べつに悪いことじゃないと思うのです。上達したという結果さえよければw

 楽をしちゃだめだ~っていって、続かないようなやり方をするのと、楽だし楽しい~って思いながら続けられる方法、皆さんはどちらがいいなんて一目瞭然ですよね~

 ってことですねはい(´∀`)

 ブログランキングはじめました。一日一回ぽちっとお願いします。

 
人気ブログランキングへ
 
  

 
 

  

 

 

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

前の記事ですが。。お庭、広いのですね。(*^^*)

いいなぁ。。。少しくらいワイルド?に育てた方が、野菜はいいのかもしれないですね。^^。丈夫そうです。(名前を出して頂いてありがとうございます。)


強い人は、、ぱっといろいろな図を浮かべて、(横のヨミ?)よさそうな図のその先をサッと読んで(縦のヨミ?)、、よくない図は捨てていく。。
だから10秒後でも崩れない。。
と聞いたことがあります。。


図をひとつ頭に浮かべるだけで四苦八苦してます。汗

ヨミの話の続き、楽しみにしてます。(*^^*)

Re: No title


himariさん

 いや~奥が深いですよね~わたしも最近始めたばかりなので、あまり偉そうなことはいえないのですが、結構勝手に育つものだな~と感心しております。

 
 読みも奥が深いですからね~どういう仕組みで出来ているのが「読み」であるか、を理解していると違うんじゃないかな~と思って色々書いていますw
プロフィール

豆腐の角

Author:豆腐の角
ども~こんにちは。豆腐の角と申します。

棋力は東洋囲碁八段~九段を行ったり来たり程度。兵庫県を中心に、関西で囲碁を教えて生活しています。

現在の所、ネットはカフェトークをhttps://cafetalk.com/tutors/profile/?id=36141&lang=ja参照ください。

リアル個人指導一時間2500円。棋譜添削は三局分を簡単にまとめたものを千円でやっています。(需要の状況により、値上がり変更があるかもしれませんが、ご了承ください)
入門は30分500円から。お気軽にどうぞ。

カフェトークはちょっと無理!でも豆腐は信頼できる!という方は、豆腐とご相談で直接やりとり契約もおkです。生徒さんとの信頼の元やらせていただいております(´・ω・`)

 

みくろっく

みくろっく
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
囲碁

FC2Blog Ranking

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
1197位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
252位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム