やさしい問題の取り組み方2


 ども~こんばんは。豆腐の角です。


 さて、お昼の続きです。


 やさしい詰碁や手筋を繰り返しやりなさい……こう言われた事がある人はたくさんいるでしょう。


 しかし反復の仕方を教える人はいません(´・ω・`)繰り返しやれとはいいますが、どのくらいの間隔で反復するのか?ということです。

 というのは、「反復といっても問題を覚えてたらダメだから、一週間後にまたこの本をやろう」こういう人が非常に多い。

 結論からいうと、これはあまり良い反復ではないと思っています。個人的にですが。(´・ω・`)

  
 わたしがオススメしている反復は「解いたらすぐ反復!」です。

 問題覚えてるから効果ないんじゃ?って思った人、問題を覚えることに罪悪感を感じていませんか?筋を自分の感覚にすることが目的なんです。

 このへん勘違いしやすいんですが、問題を覚えるのではなく、筋に慣れて手筋の感覚を身に付けることが重要なんです。

 すぐ反復すればたしかに答えを覚えているでしょう。でもそれでいいのです。覚えているうちにすぐ反復することで、感覚を自分のものにしやすい。
 
 すると何も考えなくても答えがわかるようになります。

 最初は「問題を覚えている」状態ですが、反復することで次第に「感覚」になっていきます。感覚になれば、自転車を自由に乗り回すことが出来るようになるのと同じ状態になります。


 これは学校の勉強でも同じですね。よく「復習は一時間以内にすること」と言われています。


 そうすることで「知識」が自分の中で「常識」となります。

 
 私は趙治勲のやさしい詰碁と手筋などは10分でできます。問題はどれも見た瞬間わかり、むしつぎのページをめくる時間のほうがかかりますw

 
 これが自分の中で「感覚」になっている状態です。

 私は昔から詰碁の本を一冊読んだらすぐ反復するようにしています。
 
 皆さんはいきなりは大変なので、自分で出来る範囲、たとえば10問解いたら1問目に戻って復習し、10問目までやる。二日目は1問目から20問目をやり、また1問目から復習する……というふうにするのをオススメします。

 あるいは一手目だけを当てればおkで、1問目から最終問までやる。もしまちがっていても最後までいき、もう一度最初から一手目だけを当てる。

 これ、意味あるの?って思うかもしれませんが、一手目を当てることを反復するだけでも、効果が違います。とりあえず感覚が良くなりますしね(´・ω・`)


 大事なのは、反復はすぐに!ということです。


 ブログランキングはじめました。一日一回ぽちっとおねがいします。

 
人気ブログランキングへ


 

 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

豆腐の角

Author:豆腐の角
ども~こんにちは。豆腐の角と申します。

棋力は東洋囲碁八段~九段を行ったり来たり程度。兵庫県を中心に、関西で囲碁を教えて生活しています。

現在の所、ネットはカフェトークをhttps://cafetalk.com/tutors/profile/?id=36141&lang=ja参照ください。

リアル個人指導一時間2500円。棋譜添削は三局分を簡単にまとめたものを千円でやっています。(需要の状況により、値上がり変更があるかもしれませんが、ご了承ください)
入門は30分500円から。お気軽にどうぞ。

カフェトークはちょっと無理!でも豆腐は信頼できる!という方は、豆腐とご相談で直接やりとり契約もおkです。生徒さんとの信頼の元やらせていただいております(´・ω・`)

 

みくろっく

みくろっく
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
囲碁

FC2Blog Ranking

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
811位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
177位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム