指導と土作りの関係

 ども~こんにちは。豆腐の角です。


 私は指導する時に、まず一番最初にみるのは生徒さんの心の状態です。

 
 技術的な布石や中盤、読みの話は、その後。

 どんなに技術的によい指導をしても、本人の心の状態次第で吸収率は全然違います

 
 心の状態を知るには、生徒さんと話したり、対局して打つ手を見ることで把握することができます。

 この業界では上手に苛められる人が圧倒的に多い世界ですから、打つ手が縮こまったり、打ちたい手が打てなかったりするんですよね。

 こういう状態でいくら指導しても大きく育ちません。

 打ちたい手が打てないというのは、自分で自分を殺しちゃってる。そんな状態で碁を打っても楽しくないし、いくら勉強をしても続きません。

 こういう方に出会った時、私は生徒さんの心を柔らかくする事を意識しています。

 打ちたい手を打ってもいいんだ、っていう状態にすることです。

 心を柔らかくするというのは、農業でいうところの「土作り」に似ていると思っています。かたーい土では作物は育ちません。ゆっくり時間をかけて柔らかい土にする。

 こんな手打ったら上手に叱られる、暴言を吐かれる、馬鹿にされる、そう思って心を閉ざし、かたーい心の状態になっている人のなんたる多いことか。

 
 これがなくならないのが今の囲碁界の大きな欠点だと思います。私たち、少なくとも私は、教える側の人間は、これを何とかしなくてはならない、そう思っています。

 ブログランキングはじめました。一日一回ハートをぽちっとおねがいします。


 
人気ブログランキングへ


 
 

 
 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

囲碁界だけじゃなく会社もアメとムチを使い分けるのが下手な上司、指導者が多い様な気がします。囲碁で指導碁をする時にレベルとよったらコウを仕掛けないプロもいると聞いています。何でもかんでもコウを仕掛けられコウで潰されたら下手は囲碁が嫌いになります。私はコウで頭がパニックになり生きている大石が死んでしまって凹んで初の投了しました。
私はプロやインストラクターの指導碁じゃないけど上手で打つ時は完全に攻めの手がありません。打ち込んでも無駄だと思い守りだけの手になって収縮しています。力加減に囲碁の難しさを感じました。

Re: No title


 アレグさん

 そう言われたら、そうかもしれませんねw

 コウは負けてもほかに二手連打できますから。取られてもほかで二手打てば、そんなにひどい事にはなりません。
 もちろんコウの大きさと、二手連打の大きさによりますけどw

 力加減は囲碁の極意的なあれですからね~
プロフィール

豆腐の角

Author:豆腐の角
ども~こんにちは。豆腐の角と申します。

棋力は東洋囲碁八段~九段を行ったり来たり程度。兵庫県を中心に、関西で囲碁を教えて生活しています。

現在の所、ネットはカフェトークをhttps://cafetalk.com/tutors/profile/?id=36141&lang=ja参照ください。

リアル個人指導一時間2500円。棋譜添削は三局分を簡単にまとめたものを千円でやっています。(需要の状況により、値上がり変更があるかもしれませんが、ご了承ください)
入門は30分500円から。お気軽にどうぞ。

カフェトークはちょっと無理!でも豆腐は信頼できる!という方は、豆腐とご相談で直接やりとり契約もおkです。生徒さんとの信頼の元やらせていただいております(´・ω・`)

 

みくろっく

みくろっく
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
囲碁

FC2Blog Ranking

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
674位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
149位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム