ダメの数の重要性

 ども~こんにちは。豆腐の角です。

 
 最近私はインストラクターとして活動していますが、初級者の方の悩みが、「当たりに気づかない」ことのようです。

 そういう方には、私はダメの数を数える事をオススメしています。ダメの数とは、石を取るための手数のこと。たとえば△三つの白石を取るためにはダメを二つ詰めないといけません。

 このダメの数を数えると、危ない石と危なくない石に気づきやすくなります。アタリはダメの数が一手の形にすること。つまり「ダメの数が二つのところは要注意」ということがわかります。


 Baidu IME_2013-11-29_10-21-17

 ダメを数えると、取られている石を必要以上に助けようとする思考もなくなります。△の黒石はダメが二つ。△の黒石を助けようとするには、■の白石を取るよりありませんが、白はダメが二つあります。ということは△は取られているということですね。

 Baidu IME_2013-11-29_10-21-40

 また、級位者によくあるアタリに突っ込む事も少なくなります。たとえば△の黒石のダメは二つ。ということはもう一つダメが詰まったら取られるということがわかります。すると1は自分から自分のダメを詰めてしまってアタリに突っ込んでいるということがわかります。

 これだけでもミスが減ります。
 
 Baidu IME_2013-11-29_10-21-49

 1と切ってきました。こういう時も落ち着いてダメの数から確認しましょう。黒はダメは△2つ。白は■2つ。つまり早い者勝ちです。次は黒番ですから、黒のほうが先に白石を取れてなにもない事がわかります。

 Baidu IME_2013-11-29_10-22-0

 上手の手に震えることも減ります。たとえばAとダメをつめたとき、みなさんは上手の手だからと、守られているのではないでしょうか?

 しかしダメの数を冷静に数えると、黒三つの石はダメが三つ。二手連打されないとアタリになれません。つまり余裕があることがわかります。

 Baidu IME_2013-11-29_10-22-10

 
 ほんのちょっとしたことですが、これを意識するかしないかでちょっとしたミスが大きく減るとおもいます。みなさんも石が混み合ってきたら是非使ってください。

 ブログランキングはじめました。一日一回ポチッとお願いします。

 
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

豆腐の角

Author:豆腐の角
ども~こんにちは。豆腐の角と申します。

棋力は東洋囲碁八段~九段を行ったり来たり程度。兵庫県を中心に、関西で囲碁を教えて生活しています。

現在の所、ネットはカフェトークをhttps://cafetalk.com/tutors/profile/?id=36141&lang=ja参照ください。

リアル個人指導一時間2500円。棋譜添削は三局分を簡単にまとめたものを千円でやっています。(需要の状況により、値上がり変更があるかもしれませんが、ご了承ください)
入門は30分500円から。お気軽にどうぞ。

カフェトークはちょっと無理!でも豆腐は信頼できる!という方は、豆腐とご相談で直接やりとり契約もおkです。生徒さんとの信頼の元やらせていただいております(´・ω・`)

 

みくろっく

みくろっく
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
囲碁

FC2Blog Ranking

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
806位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
166位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム