豆腐の本棚第十冊「ちっちゃいけど、世界一誇りにしたい会社」


ども~こんにちは。豆腐の角です。

 ↓画像クリックで詳細みれます。



会社は、人の幸せに貢献するためにある!

本書で紹介されている会社は、いずれも社員30名ほどの小さな会社ばかりです。規模は小さいけれど、学ぶべきことが多い会社、日本が誇りにしたい会社ばかりです。

 もっとはっきり言えば、利益や採算は二の次で、本当に困っている人のために、なくてはならない製品をつくり続ける会社。地球環境や地域社会に役立つことを一生懸命に考えて、製品やサービスを提供する会社です。愚直一筋にお客様に信頼される商品をつくり続ける会社。本当に人の幸せに役立つこと、貢献することを何よりも大切にしている会社ばかりです。

 企業から10年で9割潰れるともいわれていますが、利益を重視する会社は潰れ、こうした人のために尽くす会社は生き残っています。

 さて、私は先日この本を読み、今の囲碁界はこの温かみ、お客さんのために尽くしているだろうか?と考えてみたのですが、 正直にいって、ノーと言わざる得ません。

 たとえば碁会所。碁会所は衰退していますが、それは碁を打つ人が減ったからだけでしょうか?

 たしかに囲碁を打つ人は減りましたし、ネット碁も普及しましたから、わざわざ碁会所で打つ必要はありません。
 ですが、碁会所には碁会所の魅力があるはずです。

 私の知り合いの級位者の方々は、碁会所などの生碁を打つ場所に行くと、横から口出しされたり、馬鹿にされたりと、とてもマナーの悪い人たちにひどい目に合わされているようです。 

 これはマナーの悪い人が悪いのは当然ですが、本来そういったことをされないように、席主が目を光らせてるのが本当です。

 ハガシ禁止、口出し禁止、そういった碁会所のルールを張り紙でもなんでもいいから明確にしてほしい。本来ハガシをしないなんて当たり前の事なのですが、あまりにもできない人が多すぎます。

 私の案としては、ハガシをしたら相手にコーヒーを奢る、ハガシ禁止!などの張り紙は子供たちに書いてもらうというのはどうでしょう。

 子供が書いた字というのは、結構破壊力があるんですよね~とくに碁会所はご年配の方が多いので効果覿面だと思います。

 誰もが気持ちよく打てるような環境を作る。そういった事ができる碁会所が生き残っていくのだと思います。

 ブログランキングはじめました。一日一回ぽちっとお願いします。

 
人気ブログランキングへ 
  
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

豆腐の角

Author:豆腐の角
ども~こんにちは。豆腐の角と申します。

棋力は東洋囲碁八段~九段を行ったり来たり程度。兵庫県を中心に、関西で囲碁を教えて生活しています。

現在の所、ネットはカフェトークをhttps://cafetalk.com/tutors/profile/?id=36141&lang=ja参照ください。

リアル個人指導一時間2500円。棋譜添削は三局分を簡単にまとめたものを千円でやっています。(需要の状況により、値上がり変更があるかもしれませんが、ご了承ください)
入門は30分500円から。お気軽にどうぞ。

カフェトークはちょっと無理!でも豆腐は信頼できる!という方は、豆腐とご相談で直接やりとり契約もおkです。生徒さんとの信頼の元やらせていただいております(´・ω・`)

 

みくろっく

みくろっく
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
囲碁

FC2Blog Ranking

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
843位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
180位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム