置碁の経営学~九子局の考え方


 ども~こんにちは。豆腐の角です。


 皆さんは九子局で上手の人に教わる事はありますでしょうか?私は教える側で打つ事が結構あるのですが、九子も置いてるのになぜ勝てないのか?と思われるようです。


 たしかに九子も置いてある局面を白の立場で見てみると、とても勝てそうに見えません。一手の価値を10目としてみても、九子なので90目。とてもじゃないですが、勝てる気がしません。

 しかし、囲碁は置いてあるだけでは勝てません。置いてある石を活かさなければ勝てないのです。

 黒の九子局の考え方は、1「置いてある置石を繋げること」2「相手の石を分断すること」の二つです。この二つを学ぶために九子局はあるのだと思ってください。

 ↓の赤線のように、置石同士を繋げるイメージで打ってみましょう。石を繋げるのは碁の基本。そして九子がすべてつながると、白は取れる所がありません。

 そうなると90目の差を埋めることができませんよね。だから白の考えは「相手の石を繋がらせないように打つ」を心がけています。

 相手の狙いがわかれば、当然それを阻止するためにも石はつなげたいですよね。

 Baidu IME_2013-10-24_11-31-31

 ↓私がよく打つ白の常套手段です。5と打つことで■にプレッシャーをかけています。さて、ここで黒の考え方は二通りあります。■を助けるか、■を犠牲に残りの八子をつなげることか、です。

 Baidu IME_2013-10-24_11-29-10

 ↓助けるなら1などで中央突破を目指します。これも立派な打ち方。白を左右に切り離しました。下辺からの石が取られなければ両側に白の苦しい石ができます。

 Baidu IME_2013-10-24_11-35-40

 一方、下辺一子を捨てる打ち方もあります。繋がる事と矛盾しているようですが、一子を犠牲に残りの黒同士を繋げようということですね。黒1、3は隅を安定させながら下辺を大きく取らせないようにしています。白2、4は黒からの突破を防いだ手です。

 Baidu IME_2013-10-24_11-39-42

 たとえば6などシャッターを下ろして大きく取り込もうとすれば、7から11。白はたしかに一子を取り込みましたが、どうでしょうか?9手かけて10数目くらいの白地しかできていません。これでは九子の差は縮まらず、■を取ったことが焼け石に水になっています。(10で11は11の右にハサミツケる手がある)

 白が下辺をとっている間に左下が大きくなり、右下も隅が安定し、右上に13と石をつなげに行くことができました。

  
 Baidu IME_2013-10-24_11-41-42


 このように九子局は石を分断すること、そして石をつなげる事を考えるのが大事です。

 ブログランキングはじめました。一日一回ぽちっとお願いします。


 
人気ブログランキングへ 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

豆腐の角

Author:豆腐の角
ども~こんにちは。豆腐の角と申します。

棋力は東洋囲碁八段~九段を行ったり来たり程度。兵庫県を中心に、関西で囲碁を教えて生活しています。

現在の所、ネットはカフェトークをhttps://cafetalk.com/tutors/profile/?id=36141&lang=ja参照ください。

リアル個人指導一時間2500円。棋譜添削は三局分を簡単にまとめたものを千円でやっています。(需要の状況により、値上がり変更があるかもしれませんが、ご了承ください)
入門は30分500円から。お気軽にどうぞ。

カフェトークはちょっと無理!でも豆腐は信頼できる!という方は、豆腐とご相談で直接やりとり契約もおkです。生徒さんとの信頼の元やらせていただいております(´・ω・`)

 

みくろっく

みくろっく
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
囲碁

FC2Blog Ranking

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
532位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
105位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム