囲碁が強くなるための、碁を打つ姿勢。


  ども~こんばんは。豆腐の角です。

  今日は強くなる姿勢の話です。
 
  強くなるのに必要な心構えの話ですね。

  強くなるためには技術的なことをいくら磨いても、心構えがなっていなければ強くなれないケースがあります。

  相手を尊敬しすぎること。上手を尊敬してしまうこと。
 
 これは一見謙虚で良いように聞こえますが、成長がしにくい心構えです。相手の手がすべて正しく見えてしまい、怖くないところでもお化けがでるのでは?そうなってしまっています。
 よって、攻めることができず、ひたすら置石のリードを守ろうとし、伸びしろのない碁になりやすいです。

  盤面を正しくみようと心がけることが大事です。盤面を正しくみられない人の多くは、相手の棋力の強さ弱さで判断している人です。
 
 相手がいくら実力が高かろうが、弱い石は弱い石です。潰れるときは潰れます。

 
 守っているだけで勝てるほど碁は楽ではありません。

 どんなに固くうっても、絶対に普通なら死ぬようなところに相手が入ってくることがあります。

 そのときに守ってばかりいては……絶対勝てませんよね。

 相手が誰であろうと、戦う気持ち、咎める気持ちをもつことです。


 碁に上達しない、負ける多くの原因が心構えにあります。

 たとえば石を持ったまま考えるくせがついている人が、世の中には圧倒的に多いです。

 石を持ったまま考えるとどういうことが起こるか?

 すぐに打つくせがつき、失敗が増える。相手が早く打った着手スピードに流されやすく、相手のペースに引っ張られやすい。

 碁会所の方に真剣勝負を挑まれることがあるんですが、こちらのスピードに合わせて早く打たれるので、「あ、」という負け方をされることが多いです。

 石を持ったまま考えないくせがつくと、相手の着手スピードに流されない。よって相手のペースに引っ張られないし、ミスも減ります。

 これだけで勝率五割変わってしまう人もいるかもしれませんね。

 ほかにも色々な話があるのですが、今回はこのへんで。

 ブログランキングやっています。一日一回ぽちっとおねがいします。

 
人気ブログランキング
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

そのとおりですね

KGSにて1dのロボットとの互先に挑戦しましたが(当方4K)大石を2つも捕獲しました。有段者とはいえ、石が万全ではない場合は手はあるものですね。
プロフィール

豆腐の角

Author:豆腐の角
ども~こんにちは。インストラクターの豆腐の角と申します。

棋力は東洋囲碁八段~九段を行ったり来たり程度。兵庫県を中心に、関西で囲碁を教えて生活しています。2011年には兵庫県世界アマ予選で優勝したことがあります。プロ試験とかぶって辞退することになったのですが(^_^;)
 
HPにてレッスン受け付けております。級位者から高段者まで、伸び悩んでいる、相談したいという方はぜひどうぞ。

囲碁レッスンサイト碁円 http://r.goope.jp/igogoen
 

みくろっく

みくろっく
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
囲碁

FC2Blog Ranking

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
942位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
197位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム