囲碁入門その後①②経営入門①ダメの数②お金と人件費


 ども~こんばんは。豆腐の角です。

 今回は動画に入門その後に勉強するものをまとめたので、そちらをご覧下さい。

 (^O^)
 ①ダメの数。
 


②お金と人件費。



 ときどきこうやって動画にまとめていきます。よろしくおねがいします。

 ブログランキングやっています。一日一回ぽちっとおねがいします。


人気ブログランキング
スポンサーサイト

YouTubeに動画投稿はじめます(°_°)


 ども~こんばんは。

 豆腐の角です。

 YouTubeに動画投稿はじめました。(´・ω・`)

 今回は囲碁入門動画ですが、色々またあげていきたいとおもいます。


 

 下手くそな動画でわかりづらい事多々あるかもしれませんが、少しずつ精進していきたいです。よろしくお願いいたしますm(_ _)m

 ブログランキングやってます。一日一回ポチッとお願いします。
 
 
人気ブログランキング
 
 

情報を制限すること。


 ども~こんにちは。豆腐の角です。

 今日は情報を制限する話です。

 情報に溢れる現代社会では、情報を選択し、情報を捨てる能力が必要です。

 それは社会全般だけでなく囲碁でも同じです。

 棋書をあれもこれもと勉強されている方がいらっしゃいますが、それはあまりオススメできない方法です。

 人に色々本を勧められた、それを全部やろうとする人もいます。

 すると起きることは情報過多です。

 自分に必要な情報というのはそんなに多くありません。

 必要ではない情報が、いっぱい身体にはいった状態で打つと、自分がどこにいるかわからなくなります。

 結局何を勉強していたんだっけ?ってなります。

 そうなるくらいなら棋書は全部捨てたほうがいいでしょう。 

 私も一時期そうだったのですが、「お勉強した気になる」なってしまうのです。

 常に頭の中はシンプルに、今必要な事だけを意識しないといけません。そうしなければ身につくものも身につきません。



 すべての石を助けようとする人がいます。この方がすることは、タネ石とカス石について勉強し、頭で理解して、次は身体に覚えこませるように実戦と勉強を繰り返すことです。

 ここで中国流の本とか、定石の本とかいいだしたら、絶対にダメです。

 伸び悩むどころか、逆に弱くなったりします。

 自分で「なにやってるんだろう?」ってなります。


 私の生徒さんで年配層の方の伸び悩みの原因はこれです。

 また、棋書だけでなく、周りからの言葉という情報が原因で、同じ現象が起きています。

 ああだこうだ、周りに言われすぎて、真面目な人ほどそれを全部やろうとしたり、過去そう言われてきた事が頭の片隅に残っているせいで妙な碁になってしまっていたり(´・ω・`)

 
 だから私は情報を制限し、必要な情報を繰り返し、のほうがいいと思っています。

  
 それは棋譜並べの反復や詰碁の反復でも同じで、情報を繰り返し入力するのと同じ原理です。

 同じ人の棋譜並べをすること。いろんな人の碁を並べてしまうと、色んな棋譜の情報、打ち方が体に入って悪手です。

 自分がしっかりしており、どんなに色々な碁を並べても自分の軸がずれない方は、色んな棋譜並べをやってもいいとおもいます。

 しかし、そうでない方が大半です。

 この「軸」についてはいずれまたどこかで。

 ブログランキングやってます。一日一回ぽちっとおねがいします。

 
人気ブログランキング 
  
   

 
 



今日は元町碁席さんで囲碁会です。


 ども~こんばんは。

 Windows10になって色々と困惑している豆腐の角です。

 今日は神戸三宮は元町碁席さんで囲碁会です。

 13時から17時までを予定しております。

 事前に連絡いただければ、延長させていただきおまちいたします。
 
 元町碁席

  神戸市中央区元町2丁目9-1 元町プラザビル201号室(東端角部屋) 電話:078‐331‐1844


 今日こられる予定だった方が来られなくなったり、明石で級位者認定大会があるそうで、かなり本日は少なそうです(^_^;)

 少なかったら延々と私と打って検討を繰り返すモードに入ります(´・ω・`)

 入門者は席料のみ。それ以外の方は席料と千円の参加費を頂戴しております。

 (´・ω・`)やっす!?って言われるんですけど、私の指導おためしサービスてきな日なので。

 ぼちぼち名刺作らないとなあ(´・ω・`)

 それではでは!

 ブログランキングやってます。一日一回ぽちっとおねがいします。

 
人気ブログランキング

囲碁の着手の7割は感覚できまる。

 ども~こんばんは豆腐の角です。

 今回お話するのは感覚について。

 詰碁も棋譜並べも、棋書を読んで棋理を理解しようとするのも突き詰めると……

 感覚を磨くためにやっていること。
 
 です。

 昔のコンピューターは一からすべての手段を考えようとしていました。端から端まで考えようとすると、このゲームは計算しつくせないも のがあります。情報と可能性を捨てれなければ、それは重しになります。だから当時は全然弱かった。
 
 人間は361マスの広い盤面を「感覚」で捨てることができます。候補を絞ることができます。これが人間とコンピューターとの違いでした。

 現在は人間の感覚をコンピューターが学び、候補を絞ることができるようになったため、人間以上の実力をもつようになりましたが。

 どんな人でも、大体このへん、という見当がつきます。 

 つまり人間の実力は、この感覚でほぼ決まるといっていいのです。

 だから感覚を磨かなくてはなりません。

  
 何のために詰碁や棋譜並べをやっているのか、それは突き詰めると感覚をよくするため、と私は思っています。

 プロや一部の県代表クラスは、大抵の詰碁をひとめでみたときに答えがわかります。

 これは読みがすごいというよりも、第一感がとても優れているからです。詰碁になれていると大体こういうのはここの筋だ、というのが見えてきます。

 棋理も同じです。厚みに近づくな、という格言を学び、その感覚を実戦と例題で何度も感覚に落とし込みます。

 そうすることで、厚みに近寄らないのが当然の感覚になり、厚みに近づく手の発想を捨てることができます。第一感で厚みに近寄る手が消えます。

 理屈を知っていても、厚みに近寄らない感覚が自分の感覚になっていなければ、ひょっとしたら厚みに近寄る手をいい手だと思ってしまっているかもしれません。

 囲碁は考えるゲーム。それは当然で、まちがいありません。

 そのせいか、あまりに感覚というものを意識される方が少なく思います。

 頭で理解しただけでは打てません。身体で、感覚に落とし込んでようやく自分の役に立ちます。
 
 そのためには反復が必要なわけですね(´・ω・`)

 
 大体着手の候補を浮かべるのは感覚を使っています。 端から端まで考えたら大変ですから。だから感覚をもっと意識しましょう。
プロやインストラクターが他面打ちしているとき、すべて一から考えたらバテバテです。お客さんを待たせてはいけませんから。

 だからほぼ感覚で打たれています。考えて必ずいい手が打てる……そういうものではないですので。 

 感覚のお話でした。

 ブログランキングやってます。一日一回ポチッとお願いします。

 
人気ブログランキング  
 


 
 

失敗した時の考え方。


 ども~こんばんは。豆腐の角です。

 今日は失敗した時の考え方についてお話したいと思います。

 囲碁というゲームは、お互い同じくらいの手を打ち合えば、なかなか差が生まれません。

 逆に言えば、大きな失敗をすると、なかなか差が縮まらないともいえます。

 
 しかし、失敗をしてしまった時、多くの方がすぐに失敗を取り戻そうとされます。正直いって囲碁というゲームの性質上、それはかなり成功しにくい方法です。

 そして忘れてはいけないことは、囲碁は失敗が必ずあるものであり、失敗と向き合わなければ上達できないゲームだということです。
  
 人間にとって361マスのサイズは正確無比にうつにはあまりにも大きいのです。

 では失敗について、私たちはどうかんがえればいいのでしょうか?まずは心構えからみていきましょう。

ポイント① 「心構え」
 
 ミスは当然限りなく少なくしたいですが、失敗を0にすることはできません。失敗はするもの、という前提として考えましょう

 そういう心構えでいることで、ミスをしたときに傷口を広げにくくなりますし、冷静になれます。

一番いけないのは、「自分が失敗をするわけがない!」「失敗はしなくて当然」 と考えてしまうことです。

 こういう心構えでいると、失敗をしたときに失敗を直視できません。焦ったりすぐ取り返そうとしたり。
 
 失敗を次に活かす気持ちにもなれません。最悪のパターンです。

 失敗をするのは当たり前という心のセーフティネットをはりましょう。

 ポイント②「失敗したときの打ち方・考え方」  


 失敗した時、私がすることは「我慢をすること」「堅実な手をうつこと」「気持ちの悪いところを発見し、そこを狙う」です。意外に思われるかもしれませんが、これが私の考え方です。
 
 失敗をしたものをいきなりチャラにすることはできません。できるなら最初から形勢悪くなかったということです。

 堅実や我慢した手というのは、ようするに自分の弱い石をなくして、薄いところをつつく力を貯めることです。

 今は苦しい時代だけど、ここは嫌なやつにも我慢して頭をさげ、じっくり隙を伺う、といった考え方です。

 失った信用を急に取り戻すことはできません。囲碁もいっしょです。時間をかけて薄みを狙いましょう。

 形勢が悪くなったら「堅実な手を打ち、差を広げないようにしつつ、力を蓄える」「相手の気持ち悪いところをつつく」

 
 ほかにも色々な失敗をしたときの考え方があるのですが、ちょっと長くなるのと難しくなるのでまたいつか。

 初段になりたい人、大会で勝ちたい人、色々いると思います。

 そのためには大会で4連勝などしなくてはいけません。その中にはきっと悪い碁もあるはずです。悪い碁をひっくり返すには、失敗したときの考え方を持たねばなりません。

 皆さんには「負けにくい碁」になってほしいと切に願います。
 
 ブログランキングやってます。一日一回ポチッとお願いします。

 
人気ブログランキング

神戸ゲームマーケット


 ども~こんばんは。豆腐の角です。

 昨日は神戸ゲームマーケットというイベントに参加してきました。

 プロの先生の古谷裕先生とご一緒させていただきました。

 目隠し碁の練習です。目隠しされているのはもちろん古谷先生。右の対局者がわたしです。

 後ろの怪しい何かは碁石のコスプレです。碁石の妖精ですね(?)

 C6rvG-TU8AAdq7A.jpg

 二つ並べて囲碁コーナーにいないとわからない碁石コスプレはアマゾンで購入することができます。 かなり目立ってました。

 C6rSA2zVsAE3lJ6.jpg

 私も碁石コスプレで対局したのですが、碁石になりきれたかどうかわかりません。そしてクソ暑かったです。

 やっている最中は気づかないのですが、知らないあいだに汗が。
 
 打ち上げでごはんを頂いたあと、三宮で友人と二人で二次会。しょうがとはちみつ酒のホット。おつかれさまでした。


 C6tva39VoAAY_S1.jpg

 碁石のコスプレはこちら。白は秀栄、黒は秀策という、妙にわかってるのが笑えます。

  
 
 ブログランキングやってます。 一日一回ぽちっとおねがいします。

 
人気ブログランキング

70点80点の手だけでは勝てない理由。


 ども~こんばんは。豆腐の角です。

 囲碁っていうゲームは、相手とおなじくらいの手を打ち続けた場合、なかなか差が生まれません。

 だからでしょうか。

 70点、80点の手を打ち続ければいい、と思っている人が結構います(^_^;)

 囲碁の手は最大100点の手までしかないとおもっていませんか?

 実はそれ大間違いです。
 
 置碁などで70点80点の手を打ち続けて、細かくなったけど優勢を中盤で確実にしました。

 そこで上手の方がヤケクソで、もう確実に黒地と誰がみても思うところに入りました。

 この時の対応時、70点、80点の手というのは急所をはずしている可能性が高く、生きられる可能性が高い手です。

 そしてこのヤケクソが成立すると、正しい手よりも効率のいい手となり、本来ならば生まれない120点の手が生まれます。
 
 級位者の方が負けている原因の多くは、このヤケクソをうたれた時に正しい応手が打てない、また、ヤケクソではなく正しい手だと思ってしまっていて、咎めようという気持ちすらなくしてしまっている場合です。

 ヤケクソは成立しなければ、0点、あるいはそれ以下、マイナスの手になります。

 70点、80点というのは「こんくらいでいい」っていうまあある程度ずれていても、方向性があっているからおk、なときにはいいです。

 しかし確実に決めなければならない所が囲碁にはあるわけです。

 なのでいくら70点、80点の手が打てるようになっても、120点を狙ったヤケクソ、騙し手を打たれたとき咎められなければ、目に見える結果としての勝ち星、棋力は上がらないでしょう。

 個人差にはよりますが、3~5級程度で停滞される方が多いです。

 なので私の個人指導では、そういった所を中心にした指導になることが多いですね。

 

 ブログランキングやってます。一日一回ポチッとお願いします。

  
 
人気ブログランキング
  

三月囲碁会のお知らせ~級位者、入門者歓迎します。


 ども~こんにちは豆腐の角です。

 いつものお豆腐の会を開きます。お豆腐を食べる会ではありません。お豆腐を茹でる会です。

 級位者の方、入門者の方を歓迎いたします。

 入門者は席料のみでだいじょうぶ。

 その他参加者は席料700円と参加費千円をお願いします。

 基本は私が他面打ちで教えるのですが、人数が増えてきたら参加者同士で組み合わせしまして対局していただきます。(´∀`)

  
 
 今月の囲碁会は以下日程で行います。

 3月11日土曜 3月25日土曜日

 となります。どちらも神戸は元町碁席にて。

 13時から17時くらいまで行います。

 皆様のご来店お待ちしております お豆腐より。m(_)m

 ブログランキングやっています。一日一回ポチッとお願いします。

 



 


 

危機意識と怖がることのちがい~


 ども~おはようございます。豆腐の角です。

 今日は恐怖と危機意識の違いをお話いたします。

 私は危機意識を持つことは大事だといつもいっているのですが、怖がること、恐怖することは危機意識をもっているとはいいません。

 級位者で伸び悩む方の多くは、技術が足りないから、読みが足らないから負ける、そう思っている方が多いのではないでしょうか。

 しかし、ぶっちゃけそれ以前の話だったりします。そう、心の問題です。

 上手のうつ手はみんな正しいと思っていたり、読んで一手いれる必要があるのか?考える前に守ってしまったり。

 上手の手にはみんなお付き合いしてしまう。なにが飛んでくるかわからないから。とにかく相手の石がきたら守る、とか。

  そんなことをしていたらいくら詰碁をやっていても、実戦では使えないですよね。 

 私たちはプレイヤーです。プレイヤーとは指揮官であり、石の軍隊を動かす大将です。 



 大将が相手の手を怖がっては正しい判断ができません。

 どんなに大将に読む技術や力があっても、実際の戦いで恐れていてはその力を発揮することはできません。

 怖いから読む前に守る、それじゃあいくら詰碁を普段がんばっていても、意味ないですよね。

 本当にあなたは読めないのでしょうか?実は読もうとしていないだけでは?読む前に諦めていませんか?

 
 
 さて、では私が必要だといっている危機意識についてお話しましょう。

 恐怖を感じてはいけませんが、危機意識は大事です。危機意識のない指揮官に、部隊を任せるなんてすごく怖いですよね?

 「我々は無敵の軍隊!恐れるものなし!恐れることは許されない!突撃あるのみ!」
 いったいいつの時代だって感じですよね。
 
 相手のうった手は意思のこもった手です。その手をちゃんとどういう意味か自分なりに考えて、対処していますか?

 相手の手が何を狙っているのかを感じ取ろうとしていますか?

 私は常に相手がツケてこられたら、自分のダメが一つ詰まった意識を持っています。そしてダメの状態をみて、手を抜けるかを確認して次のステップにうつります。しかし、級位者の多くの方はダメに対して鈍感すぎます。

 ダメというのは石の生命に関わるのです。序盤、中盤の石の戦い、終盤の石が詰まってきたとき。

 すべてに置いて碁の基本なのです。

 しかし、上手にひっそりとダメを詰められているのに、その石が何手で取られる状態か確認されている方はほとんどいません。



 危機感がないということは、身体に神経が通ってないということです。 身体が痛いと感じるのは神経が通っているから。

 強くなればなるほど、盤面に何か起これば、神経が反応します。ダメ一つの小さなことにも感じ取らねばなりません。

 神経の通った碁を打てるようになりましょう。

 ブログランキングやっています。一日一回ぽちっとおねがいします。

 

 

 

 





棋譜並べオススメの時代は?


 ども~豆腐の角です。

 棋譜並べは誰を並べたらいいですか?という質問はよく来るのですが、これはその人の相性や、今のレベルに合うかどうかなど、色々あります。

 誰を並べるか、の前にまずはいつの時代の碁を並べるか、というのから決めるのも一興でしょう。

 私のオススメは昭和か江戸時代の碁ですね。


 現代碁は非常に難解で、読みが主体の碁が多く、構想は一般人には見えないような水面下で繰り広げられることが多いです。

 そして現代碁は過去の碁の積み重ねの上に成り立っている碁でもあります。

 つまり現代の棋士は過去の棋士から学び、多くの技術・考え方を吸収、多くの人が当たり前のこととしてできるようになった事もあります。

 それだけ技術が洗練されてきたため、技術同士の組み合わせや、構想の外し合いなどで難解に感じるのです。

 
 だからといって昔の碁が簡単というわけでも、技術が拙いわけではありません。しかしルーツから学びとることはとても重要。

 その技術の開拓者の碁を並べることは非常にわかりやすいです。

 
 新布石時代以降、色々な人が出てきて、面白い技術がでてきました。

 もし現代碁に近い布石で、わかりやすい棋譜を並べたいなら昭和の碁をオススメします。

 あとは自分がどういった碁が好きで、どういう棋風かによって自分に合う棋士を探すのがいいでしょう。




 江戸時代の碁は布石こそ現代とまったく異なり、最初は違和感を感じられるかもしれません。

 しかし石の形、自然な打ち回し、洗練されたヨセなどは誰が並べても勉強になります。

 私も碁を覚えて3ヶ月目くらいに秀策を並べまくりました。解説などは読まず、ひたすらなんとなく味わって並べていましたね。

 「味わう」ということは非常に大事だとおもうのです。絵画をみて、この絵の技術はうんたらで、いつの時代に書かれて……っていう事を言うよりも

 「うわ~この絵いいなあ~」って味わってほしいんですね。
 
 味わって気持ちいいところを自分でみつけてその碁を並べまくると、自然と打ち筋が近くなってきまます。

 それが棋譜並べのいいところです。

 大人になると解説を求めてしまう方が多いですが、正直、解説読んでも難しくてわからないという方が多いのではないでしょうか。

 わかったとしても棋譜並べの本質とは少し遠いところにあるきがします。

 武宮正樹九段も「プロの碁を必死に考えてもわからないのは当たり前。かえって考えるのは体に悪い。それよりもなんかいいもんだなあ~って感じて欲しい」

 となんかの本に書いてましたね。なんだったかな(笑)

 プロの碁を考えられる、というのは相当な棋力が必要です。意味がわかれと、解説しろといわれても難しいものは難しいです。

 それよりもなんとなくでも気持ちがいいとか、感じたり、こんな手打ちたいなとか思うこと。それが感覚の向上につながります。」

 棋譜並べは敷居が高く感じられるかもしれませんが、本来19路が打てるようであれば、どの棋力の人でもやったほうがいいものです。

 さてさてそろそろお仕事なので失礼いたしますね。

 ブログランキングやってます。一日一回ポチッとお願いします。

 
 
 

 
 












レッスンまとめノートサービスはじめました。


 ども~こんばんは。豆腐の角です。

 今度からリアルレッスンでもモニタリングノート、レッスンまとめノートをレッスン料+500円でお渡しいたします。

 ネットで私の指導を受けた方はごぞんじのあれです。

 どんなに真面目に聞いていても、忘れてしまうっていうのは誰にでもある話でして。

 あなたが悪いのではなく、人間の頭って忘れるようにできているので気にしないでください。忘れたらまた頭に入力すればいいのです。

 しかし完全に忘れてしまっては元も子もありませんので。こちらを使ってゆっくり学んで行きましょう。

 お陰様で御好評頂いております。

 16938500_699520086894222_636833170995153404_n.jpg

 今回はグループレッスンなのと公開ということで、お名前は書いておりませんが、通常はお名前を入れてお渡しいたします。

 個人指導でもおなじくこちらのまとめノートを作成します。
 
 C5w33ftUwAAh9ql.jpg

 お気軽にお申し込みください。

 以上宣伝でございました~

 ブログランキングやっています。一日一回ぽちっとおねがいします。

 
人気ブログランキングへ

プロフィール

豆腐の角

Author:豆腐の角
ども~こんにちは。豆腐の角と申します。

棋力は東洋囲碁八段~九段を行ったり来たり程度。兵庫県を中心に、関西で囲碁を教えて生活しています。

現在の所、ネットはカフェトークをhttps://cafetalk.com/tutors/profile/?id=36141&lang=ja参照ください。

リアル個人指導一時間2500円。棋譜添削は三局分を簡単にまとめたものを千円でやっています。(需要の状況により、値上がり変更があるかもしれませんが、ご了承ください)
入門は30分500円から。お気軽にどうぞ。

カフェトークはちょっと無理!でも豆腐は信頼できる!という方は、豆腐とご相談で直接やりとり契約もおkです。生徒さんとの信頼の元やらせていただいております(´・ω・`)

 

みくろっく

みくろっく
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
囲碁

FC2Blog Ranking

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
498位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
97位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム