盤上の経営者に学ぶ~「武宮自然流編」第三局 2-3

 ども~豆腐の角です。


 ちと間が空いてしまいましたが、前回の続きです。

 
 白の次の一手はキリでした。中央がまだ安定していません。ここをいくよ?くるよ?とプレッシャーをかけながら全体を攻めます。

 Baidu IME_2013-12-31_12-26-38

 黒は1とノビ、白は4アテまで決めて放置。え?このまま取られていいの?と思われるかもしれませんが、いいのです。白の狙いは中央を攻める事だけを考えているのではなく、イヤミを残してほかで儲ければいいという考えなのです。また、AとBが引っ張りを狙った白の利き筋。それだけでも左辺に+です。

 白6とツケ、左辺を大きくしながら下辺にも圧力をかけます。このようにただ模様を広げるのではなく、相手に響く手を打ちながら広げるのが理想です。響く手を打てば相手は応対しないといけませんからね。

 Baidu IME_2013-12-31_12-29-24
 
 前図ABなどが効いていると、うかつに1など打ち込みができません。2に対して黒は受けないといけません。すると連絡網が黒にはありませんよね。弱い石や、気持ちの悪い形を残すと、このように後々思いっきり打てなくなってジリ貧になってしまうのです。

 Baidu IME_2013-12-31_12-31-30

 実戦です。黒はそのため1と手厚く補強しました。実はこれでもまだ中央は気持ち悪いのですがw白は2を決め、4と手を抜いてこられた所に打ちました。5と入って隅は生きましたが、10まで一目取って左辺はかなり立派な厚い地です。もう地合いもよくなったかもしれません。
 
Baidu IME_2013-12-31_12-34-21

 このように、社長(黒中央)の弱みを握った半沢直樹(?)は、それを利用して各所でポイントを上げました。ただ攻めるのではなく、全体を使ってギシギシ攻めていく。こんな攻め方も囲碁にはあるのでした。

 ・・・・・・・ん~この社長さん、胃に穴が空きそうですねw


 次回第三局最終回です。


 ブログランキングはじめました。一日一回ぽちっとおねがいします。

 
人気ブログランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーサイト

お詫びと訂正

 ども~こんにちは。豆腐の角です。


 いや~昨日の問題、実は手無しでした(●´ω`●)ゞてへぺろ
 どうもすいま線香(つд⊂)やっちまったw手抜き制作でしたね゚(゚´Д`゚)゚

 しかし出題したからには問題の作意を載せないとまずいですね。ということで(つд⊂)

 1のキリは2とつがれて、3のアタリには4と二子にして捨てます。これで隅で眼は一眼しかありません。 

 Baidu IME_2013-12-30_11-16-38

 続いてAとハネてもBに抑えられ、渡ることができません。白はBと抑えてもまだ□二つダメが空いているからです。これは失敗

 Baidu IME_2013-12-30_11-17-32

 そこで1とホウリコミがうまい(予定でしたw)

 20131230113242af8.jpg

 同じような形にみえますが、少し違います。そう、2、4と二手白石が集中したことです。

 Baidu IME_2013-12-30_11-20-2

 その結果、1と渡ることができました。白は四の9に打つことができません。これで正解としたかったのですが!

 Baidu IME_2013-12-30_11-22-3

 3と切った時に白が繋がずに4とアタリ(ほかの手でもアウトでしたw)する手があり、手無しでしたw

 いや~お恥ずかしい(つд⊂)

 Baidu IME_2013-12-30_11-24-24
 
 5に6で簡単に取られ(つд⊂)

 Baidu IME_2013-12-30_11-25-3

 
 なんとか問題にしようと考えましたが、う~むwこんな問題モドキしかできませんでしたw
 
 
 Baidu IME_2013-12-30_11-26-53

 次からはもうちょっと制作時間を割いてブログに載せますねwww

 ブログランキングはじめました。一日一回ぽちっとおねがいします。


 
人気ブログランキングへ

たまには問題を

 ども~こんばんは。豆腐の角です。


 こないだ教室の生徒さんを待っている間に作った問題です。詰碁ではないですけどw

 黒番です。白地を削りましょう。一手目正解で3級、最後まで読み切れたら初段です。

 気軽に一手目を当てもんでもおkです。実は一手目の感覚を鍛えるというのは結構大事です。詰碁が苦手な人は一手目を当てることだけに集中して問題を解くのもありですb

Baidu IME_2013-12-28_12-8-42

 ヒントはダメヅマリです。自分のダメが詰まらないよう、相手のダメヅマリを狙いましょう。

 ブログランキングはじめました。一日一回ぽちっとおねがいします。


 
人気ブログランキングへ

 このエントリーをはてなブックマークに追加

盤上の経営者に学ぶ~「武宮自然流編」 第三局 2-2


 ども~こんにちは。豆腐の角です。


 雪崩のように下辺へ圧力をかけ厚みを作った白ですが、今度は黒が技を見せます。黒1がケイマの間を狙った好手。サバキや凌ぎは、相手の弱点を突いていく事を考えると効果的です。

 3は中央のぽん抜いた白を弱体化、5は右辺の白が凝り固まって強い石なので、固めてもいいという意味です。強い石がさらに強くなっても大したことないのは何度も書きましたね。


 Baidu IME_2013-12-29_12-20-32

 1とハネ2にツナギ、3の押さえで黒一子を取り込もうとしました。が、黒4がまたうまい手。Aの出切り、BとCのワタリの三方にらみです。

 Baidu IME_2013-12-29_12-26-45

 一番やられたらきつい出切りを1とタケフで防ぎました。黒はいつでも前図BルートCルートで渡れるので2と頭をハネ。5とハネて6と渡らせます。7とハイこんで、隅の黒にプレッシャーをかけます。

 黒も12と頭を叩き、14と隅を補強。ここまで、厚みだった白が元気のないしぼんだ形になったように見えます。しかし!中央の黒にはまだまだ狙いがありました。

 よくよくみると中央の黒は、すでに白の宇宙の中だったのです。さて、次の白の一手は?

  Baidu IME_2013-12-29_12-29-47

 ブログランキングはじめました。一日一回ポチッとお願いします。


 
人気ブログランキングへ

子供との接し方に悩む


 ども~こんにちは豆腐の角です。


 子供教室をやっていると色んなお子さんと出会います。

 昨日、昔通っていた生徒さんが、実はアスペルガーだったという話を聞かされました。最近になってわかったそうです。

 うちの教室に通っていた頃でも、ちと暴力的な面があったり、変わった言動をする子でした。当時はまあ、ちとおイタをする子供程度の認識で、ほかの子と変わらず普通に接していましたが、それが正しかったのかどうか。

 一つのことに集中する力は凄まじいものがあり、うちの教室で相手になる子がいなくなったのでやめていきました。

 その後、とある大会に出て全敗(自分の棋力より少し高めのクラスで出たようですw)してしまって、それで嫌気がさして囲碁もやめちゃったそうです。

 まあ囲碁自体はいつやめても、またいつでも始められるゲームですので、あまり気にしてません(気にしろよ(´д`)
  
 アスペルガーについて、私は詳しくは知りません。昨日聞かされてネットで少し調べた程度です。ですが、彼はすごい集中力があります。どうか彼が自分の好きなことを見つけて、その道へ進んで行けることを願いします。

 
 ブログランキングはじめました。一日一回ぽちっとおねがいします。

 
人気ブログランキングへ 

盤上の経営者に学ぶ~「武宮自然流編」第三局 2-1


 ども~こんばんは豆腐の角です。

 前回のつづきです。

 黒は1とツナギ、3と中央へ飛びました。白も2と連絡し、4と補強。黒5は逆に白に5と打たれるとの差が大きい。まだ白のケイマの間を狙っています。

 ここまで黒が地に走り、白が厚みという進行。黒は各所で地を得ていますが、中央の黒にまだ眼がありません。これをどのように攻めるか?が白のポイントです。さて、次の白の一手は?

Baidu IME_2013-12-27_18-21-10

 1とすぐに攻めようとするのは失敗です。2~4と顔をにょきっと出られるだけでも、ぽん抜いた白□の石が弱くなりますし、捕まらなければ得るものがありません。
 
 Baidu IME_2013-12-27_18-22-4

 白の次の一手は1でした。下辺になだれ込みながら遠巻きに中央を狙っています。下辺の地を制限しながら、局面を広く使って攻めを睨んでいます。

 20131227182706527.jpg

 中央に弱い石を抱えている黒は、強く対抗できません。少しでも中央に響かないように2から6まで下に打ちます。白は自然に厚みを作ることができました。

 Baidu IME_2013-12-27_18-24-21

 ブログランキングはじめました。一日一回ぽちっとおねがいします。

 
人気ブログランキングへ

(´д`)おぜんざい……


 ども~こんにちは。豆腐の角です。


 今日は子供教室内の大掃除。碁石を洗ったり碁盤拭いたり、おぜんざい食べたり!

 と、楽しみにしていたのですが(´д`)うちのおばあ豆腐が一昨日から体調崩しちゃいまして、面倒見ないといけないので私は欠席です(´д`)

 
 (´д`)まあ体調不良というか、ただの食べ過ぎなんですけどねwクリスマスイブに親豆腐が作ったオムライスがよほど美味かったのか、「そんくらいにしときんさい」という言葉も聞かずwww

 しかもケーキを(◞≼◎≽◟◞౪◟◞≼◎≽◟)こんな顔でじっとみて、食べちゃうもんですから(´д`)

 (´д`)とんだクリスマスでしたw

 まあまだ良くはないですが、だいぶ回復してきたようで、とにかく早く治してほしいです…… 


 みなさんも美味しいからって食べ過ぎちゃダメよ(´д`)さっき食べ過ぎて正露丸飲んだ私が言っても説得力ありませんが(´д`)


 ブログ更新しました。一日一回ぽちっとおねがいします。


 
人気ブログランキングへ

 

盤上の経営者に学ぶ~「武宮自然流編」 第三局1-3

 ども~こんにちは&v(゚∇^*)>o⌒☆merry X'mas☆ミ豆腐の角です。


 しかし!クリスマスムードの今日でも、豆腐家は豆腐入りのお味噌汁!共食いとはいわせないぜ!


 さて昨日の続きです。白は1から攻めました。左辺に[壁|(・д・`。 )))。。。があるので、強い[壁に押し付ける感じです。

  
 Baidu IME_2013-12-25_12-36-12

 黒が2と伸び、6まで顔を出しました。白は7~9とそっぽを向きました。白の武宮九段はこれで打てる!という自信があったのでしょう。次にAに白が打てば左上の黒が死にます。しかしこれが趙治勲に余裕を与えました。

 Baidu IME_2013-12-25_12-39-40

 前図7のハネツギでは、1とツケから強襲するのも有力でした。弱い石につけるな、攻めたい石につけるなといいますが、厚みに押し付け、有無を言わせないよという意味もあるのです。これも左側の白へ無理やり近寄らせようとした手段です。
 本来攻める石につけるのはよくありませんが、例外もあるということですね。

 Baidu IME_2013-12-25_12-41-20

 実戦です。黒は左上を受けずに1とツケました。左上を取られることより、中央の力関係で有利になるほうが長期的にみて得だとみたのでしょう。白も中央の黒が強くなれば、右側の白石が弱くなりますので、左上を取りに行く余裕がありません。まさに攻めが最大の防御というやつですね。白8で・・・・・・

 Baidu IME_2013-12-25_12-43-51

 1と取りに行きたいのは山々ですが、2と打たれてこちらを取られる方が大きい。左上は取っても白地が増えるだけですが、2と打たれると右下の白も弱くなります。

 Baidu IME_2013-12-25_12-45-9


 以前に視野の広さの話をしましたが、両者共に全体をみて戦っていることがわかります。

 ブログランキングはじめました。一日一回ぽちっとおねがいします。


 
人気ブログランキングへ 

盤上の経営者に学ぶ~「武宮自然流編」 第三局1-2


 ども~こんにちは。豆腐の角です。

 きょうもゆる~りとやっていきますので、気楽に見ていただければと思います(´∀`)

 前回黒が上辺に打ち込んできました。白は1のノゾキを決めて、3とツケ。本来1は俗筋です。2と変わって黒の隅がかたまりますから。白1の意味は・・・・・・

Baidu IME_2013-12-24_11-30-56

 1から16までとなった時、□の交換をしていれば、Aのキリを防いでいるという意味です。

 Baidu IME_2013-12-24_11-32-58

 黒は白の意図を読んで変化しました。11までいい加減な分かれ。黒は隅で地を。白は上辺の模様で勝負です。

 Baidu IME_2013-12-24_11-35-6

 白1は本手。自分の弱点を消しながら、隅にプレッシャーを与えています。ここで黒は2と動き出したのがびっくり。上辺は厚く、左上の黒も弱体化している。ということは、上辺では戦いを仕掛けづらいのが本当なのですがw

 趙治勲らしい動き出しですが、白はどう対処するのか?次回につづきます。

 Baidu IME_2013-12-24_11-39-21

 ブログランキングはじめました。一日一回ぽちっとおねがいします。


 
人気ブログランキングへ

盤上の経営者に学ぶ~「武宮自然流編」 第三局

ども~こんにちは。豆腐の角です。


 ひさしぶりにこのコーナー。今日は武宮九段の白番です。お相手は趙治勲九段。


 アマは白番が苦手な人が多いですが、実は武宮九段は白番の打ち方のほうが評判がいいんです。白は自然な打ち方。黒は中国流の構えから下辺を拡大し、模様を展開しました。


Baidu IME_2013-12-23_12-22-20

 白1とカカリました。ここで黒は2とツケヒキましたが、これは□を働かせようとした手。どういうことかというと・・・・・・

 Baidu IME_2013-12-23_12-26-31

 前図□の黒石がないと、1から3とヒラキを打たれてしまいます。つまりこれだと白は右辺で楽ができますよね。しかし、前図の黒□がいるため、前図2~4のツケヒキは、白を息苦しくさせる意味があったのです。

 Baidu IME_2013-12-23_12-27-0

 黒は一段落したとみて方向転換。左辺が今一番広いため1とカカリました。

 Baidu IME_2013-12-23_12-28-59

 白も左辺が広いので2とハサミ。三三に入って黒は堅実に治まりました。白8は普通桂馬で構えるのをよくみかけますが、これもあります。黒が9と打ち込んだ所で布石が終了しました。

 Baidu IME_2013-12-23_12-29-49

 次回、上辺の工房から盤上全体の戦いへつながっていきます。

 ブログランキングはじめました。一日一回ぽちっとお願いします。

 
人気ブログランキングへ

 

ポカの原因の一つは視野の狭さにあり。

 ども~こんにちは。豆腐の角です。


 最近、初級者の方の個人レッスンを始めて気づいたのですが、どうも初級者の方でポカが多い原因は見ている視野が狭いという事に気がつきました。

 たとえば↓のようなアタリツッコミ。こういうミスをされる方がたまにいるのですが、生徒さんと話しているとどうも・・・・・・

 Baidu IME_2013-12-22_12-11-32

 ↓みている範囲が、打ちたい赤い円の中だけのようです。この方は打ちたいポイントだけしか目を向けていなかったということです。強くなってくると・・・・・・

 Baidu IME_2013-12-22_12-11-18

 ↓このように視野を広く盤面を捉えられるようになります。先ほどは打ちたいところだけを見ていましたが、これは塊で捉えていますね。強い人ほどこの視野が広くしっかり捉えられています。

 Baidu IME_2013-12-22_12-12-26

 塊で捉えられるようになれば、□の白石のダメが二つである事に気がつきます。すると1に白が打ったら取られるという事に気がつきます。

 Baidu IME_2013-12-22_12-13-18
 
 初級者の方で、なぜ視野が狭くなってしまう人が多いかというと、みなさん真面目なんですよね。
 真面目だから間違えないようにしよう、失敗しないようにしよう、取られないようにしよう・・・・・・そう考えるとどんどん緊張して視野が狭くなってしまいます。おそらくそれが原因の一つかなとおもいます。

 つまり木をみて森をみずということですね。しかし森を見すぎて、一本の木の異常に気がつかない・・・・・・ということもあるから碁は難しいものです。

 ですが、初級者の方はミクロの視点で見すぎているので、ちょっと上から盤面をみて、広く碁盤をみれるように意識してみてください。最初は9路で慣らしていくかんじで。


 それだけでもだいぶ違うと思います。

 ブログランキングはじめました。一日一回ぽちっとお願いします。

 
人気ブログランキングへ

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加

読みを鍛えるイメージトレーニング2

 ども~こんにちは。豆腐の角です。


 先日書いた読みのトレーニング法は初級編です。今回は上級編、初段クラスの方にオススメのトレーニング法です。


 それは・・・・・・一色碁です! 

 
 あれですよ。ヒカルの碁で倉田さんとヒカルが打ってたやつです。白石だけで碁を打つんですね。片方の白を黒のつもりで打っていくのが一色碁です。

 つまり白を黒のつもりで打つということは、先日書いたイメージトレーニングと根本的に同じなんですね。

 一色碁は、一局通してイメージし続けなければいけません。より石の輪郭をイメージする感覚が鍛えられます。

 ある程度打てるようになると、そのイメージと石の形でなんとなくわかるようになります。なので意外と結構打てるものですよ。

 一色碁でオススメのサイトはコスミさんです。 

 http://www.cosumi.net/

 無料でできますし、九路盤からありますので、一色碁初心者にもオススメです。初級者の人もちょっと軽い気持ちでやってみませんか?意外とハマるかもしれませんwあと、ここのCPU結構強いので負けても気にしないでくださいw

 一色碁に慣れてきて、もっと難しいイメージトレーニングがしたい人は、コスミさんの目隠し碁もなかなか秀逸でオススメです。

 ブログランキングはじめました。一日一回ぽちっとお願いします。

 
人気ブログランキングへ

 
 

囲碁教室でした~


 ども~こんばんは。豆腐の角です。


 昨日は子供囲碁教室で、今日は個人レッスンでした。


 いや~バテました(つд⊂)昨日は特に4ヶ月に1度教室内でやってる大会で、なんやかんやで疲れました(つд⊂)

 最近子供達の空気がちょっと変わってきたような気がします。真剣な空気が出来つつありますね。 そんな空気に当てられたのか?wまだ私も若いつもりなのですが(つд⊂)


来週は楽しい楽しい大掃除。教室内の碁石を洗ったり碁盤拭いたり。碁盤と碁石を綺麗にしたら碁も強くなりますよ!まあ子供達が楽しみなのは大掃除の後のおぜんざいかもしれませんがwwww

 おぜんざいって今時の子供はあまり好まないかなーと思ったら、去年大好評だったんですよね~あ、ちなみにわたしもおぜんざいが目当てです(´・ω・`)(おいw



 今日の個人レッスンは「弱点発見法はキリにあり」「閉じ込められたらナナメが生きやすい」の二つを指導させていただきました(つд⊂)ナナメに使うと生きやすいんですよね~

 このブログ記事でも前に書いた話ですが、また内容をアレンジして再稿する予定です。


 ブログランキングはじめました。一日一回ぽちっとお願いします。


 
人気ブログランキングへ

 

  

詰碁は手筋を学ぶもの。

 ども~こんにちは。豆腐の角です。


 読みとは結局イメージする力である、ということは先日書いたとおりです。

 
 碁石の輪郭をイメージすることが読みの根本です。これがイメージできない状態で、勧められるまま訳も分からず詰碁をするのは苦痛だと思います。

「シチョウ知らずに碁を打つな」という言葉がありますとおり、詰碁を解く前に単純なシチョウを使って碁石の輪郭をイメージできるようにすることをオススメします。できるようになったら、できるだけ早くイメージできるように繰り返しやりましょう。

 あとは先日のやり方でトレーニングしていただければと思います。

 碁石の輪郭が浮かぶようになったら、次は詰碁に挑戦しましょう。詰碁は手筋の宝庫です。30秒考えてわからなかったら答えを見て構いません。ただし答えをみて手筋を学びましょう。

 正解手だけでも一つの手筋を学ぶ事ができます。30問解けば30の手筋を知ることができます。まずは手筋を知ることから始めましょう。もう一回同じ問題をみて、正解の手筋を瞬時にイメージできればしめたものです。できなくても焦らず繰り返しやればおk。

 詰碁といえば読みを鍛えるものだから、答えをみちゃいけないとか思ってる方いるかもしれませんが、本来もっと自由な使い方をしていいはずです。答えをみようが、書き込みをしようが、読者の自由です。


 知らず知らずに自分を縛ってないでしょうか?上達するもっとも大事なことは楽しむ事です。私は小学生の頃、詰碁が好きで結構やっていましたが、最初は「一手目だけ正解ならおkってことにしよう」と決めてどんどん詰碁の本のページをめくっていきました。

 これだと割と感がよかったらしい私は、苦しまずにどんどん解けるようになりました。何周もその本を繰り返すうちに、正解までの石の輪郭が瞬時に浮かぶようになりました。


 勉強の仕方にルールなんてないのです。自由な気持ちで楽しんでやりましょう。大事なのは気楽にです。

 
 ブログランキングはじめました。一日一回ぽちっとお願いします。


 
人気ブログランキングへ


 

 

読む力を鍛える前のイメージトレーニング


 ども~こんにちは。豆腐の角です。

 
 読みを鍛えるのは大事ですが、初心者がいきなり詰碁でトレーニングするのは難しいかと思います。

 読みの基礎はイメージ力ですので、まずは碁石の輪郭をイメージする力を鍛える事をオススメします。

 囲碁のイメージには二つあります。碁石の輪郭を残すイメージと、碁石を消すイメージです。これを鍛える事がもっとも大事な要素といえます。

 イメージ力を鍛えるのに詰碁の本はいりません。碁盤と碁石さえあれば十分。まず↓のシチョウの図を取られる12のところまで並べましょう。これを10秒くらい目に焼き付けてください。なんとなくでおk。

 Baidu IME_2013-12-18_12-20-58

 つぎにこの状態で前図の状態をイメージしてください。なんとなくでおkです。あまり真面目にやろうとしすぎるとかえって見にくくなります。これを何度も繰り返してください。なんとなく碁石の輪郭がイメージできるようになると思います。

 Baidu IME_2013-12-18_12-22-10

 次に碁石が消える場合のイメージです。同じようにまず↓の形を目に焼き付けてください。

 Baidu IME_2013-12-18_12-23-21

 1とつないで2と取られるところをまた目に焼き付けてください。(盤に並べてやってください)

 Baidu IME_2013-12-18_12-23-44

 ↓の取られた状態を目に焼き付けましょう。 

 Baidu IME_2013-12-18_12-24-28

 あとはこの状態に戻して、前図の状態までをイメージしましょう。

 Baidu IME_2013-12-18_12-23-21

 碁盤に何度も並べて練習しましょう。知らず知らずのうちに碁石の輪郭がイメージできるようになると思います。
 
 ネット碁の碁盤でもおkです。むしろそのほうが楽だしいいかもしれません。

 ブログランキングはじめました。一日一回ポチッとお願いします。

 
人気ブログランキングへ

 

読みのコツは完璧に読もうとしない事。


 ども~こんにちは。豆腐の角です。

 
 大人の生徒さん、子供の生徒さんを教えていると、「読み」で苦戦する方が多いです。

 囲碁における読みとは、次の手をイメージして先を読んでいくことです。ようするに根本は「イメージ」ですね。

 最近思うのですが、読みに苦戦される方は、完璧に読もうとしすぎているのではないでしょうか?

 「読んでいるとき白と黒をはっきりとイメージできない」とか思ってませんか?


 私はまあそこそこ打てる方だとは思うのですが、正直白と黒をはっきりイメージできているか、と言われるとできていません(つд⊂)

 というか、白と黒をはっきりイメージしようとすらあまり思っていません。じゃあどうやっているかというと、碁石の輪郭だけイメージしてるんですね。

 このへん感覚的な事なんで説明が難しいのですが(;´д`)それと読みに対して誤解があると思うのですが、読みは脳内でやってるというより、その場の碁盤と碁石を目でみてイメージしています。(脳内碁盤がつかえる一部の人除く)

 
 たとえばこういう↓図。1からシチョウに追えば□が黒の最終手だなとは一瞬でわかるのですが、この時に碁石の輪郭だけイメージして読んでいます。

 Baidu IME_2013-12-17_13-41-10

 碁石の輪郭とは、6の六の黒石をまず「見て」その石のイメージを目に焼き付けて、そのまま1に貼り付ける感じですw白石も一緒で5の六の石のイメージを2に貼り付ける感じwパソコンでコピペして貼り付けるのと同じですw

 これを繰り返しやってると、目に焼き付けて貼り付けるまでの作業が早くなります。それが「イメージ」の根本であり、読みの原点かな?と思ってます。
 
  
 Baidu IME_2013-12-17_13-53-51

 「白と黒がはっきりみえない・・・・・・」とか「最後まで読んだけど、最初の方にイメージした石が消える・・・・・・」

 と仰られる方がいますが、必要のない読みは消えてもいいんじゃないか?と思います。つまり実戦において必要がない読みは省いていい。完璧を求めない。

 私が子供の頃、ものすごく詰碁ができる子がいました。詰碁ができるということは、読む力がすごいわけですが、実戦に全然活かせていませんでした。

 なんのために読むのか?といえば、完璧に読むことではなく、実戦で使うためのはずです。ぶっちゃけ実戦で使えれば、白色黒色が見えなかろうが、最初に読んだ石が消えようがどうでもええのです(つд⊂)勝ちゃぁいいんだ(ぁ

 ちなみにわたしもシチョウ読んだら最初の方にイメージした石は消えていますw輪郭が多少残ってる程度でw

 
 読む事はイメージすることです。気楽に楽しい気持ちでイメージしてみましょう。イメージなんですから完璧を求めないことです。


 ブログランキングはじめました。一日一回ぽちっとお願いします。


 
人気ブログランキングへ
 
  

 
     
     
 

 


 

関西総本部プロ試験


 ども~こんにちは。豆腐の角です。


 いや~ついに今年も終わりが近くなってきましたね。(つд⊂)

 いつもクリスマスくらいまでつづく関西総本部のプロ試験ですが、今年は昨日で終わったそうです。

 http://www.nihonkiin.or.jp/profile/saiyou/2014/k_honsen.htm

 
 結果、大谷直輝さんが入段されました(´∀`)おめでとうございます!! 


 大谷くんとは面識があるのですが、本当に囲碁が好きな人で、いつも最後まで検討しているナイスガイです(´∀`)囲碁に関してはちょっとドSなところありますけど(笑)

  それにしてもこれで関西総本部は外来勢が四年連続ですか。といっても外来の人はほとんど元院生の人たちなんですけど。

 (´∀`)なにはともあれ大谷くんおめでとうございます。ご活躍に期待しております。

 
 ブログランキングはじめました。一日一回ぽちっとお願いします。


 
人気ブログランキングへ
 

棋譜お便りコーナー第四局最終回「無謀な侵入者には隙をなくしていけ」


 ども~こんばんは。豆腐の角です。


 いよいよ第四局も最終回です。最後は相手が無謀な侵入をしてきたときの考え方です。

 まず相手の気持ちで考えてみましょう。自分がもし無謀と言われようが侵入するしかなかった時、狙うとしたら、相手の石数が少ない所と、キズがあるところです。敵陣に乗り込むわけですから、相手の石数がどうしても多い。それでもなんとかするには、隙をみつけるしかありませんよね。

 ということは、隙をなくしていけば、相手はチャンスを見つけれずに勝手に潰れてくれるのです。

 
 1と黒は勝負手で侵入してきました。3のあと白4が分断する好手。二子と繋がらせてはいけません。

 Baidu IME_2013-12-15_18-21-24


 7とノゾキ|д゚)形を崩したあと、白9がまた正しい石の方向。atusiさんは全局を通して石の方向が素晴らしいですね!
 
 Baidu IME_2013-12-15_18-43-51

 △の白と□の白三つ。あきらかに薄そうなのは三つのほうです。△のほうは丈夫ですから、黒にはそちらへ行ってもらいたい。白三つはAのツケられる筋など、イヤミが残っています。こういう隙をなくしていけば、相手は脈がないので勝手に死んでくれます。

Baidu IME_2013-12-15_18-45-15

 実戦です。黒はノゾキからゴリゴリと切ってきましたが、6としっかりと補強しました。これで黒がいきるためには丈夫な石ばかりの中央に出るしかありません。白は最終的にこの石を捕獲し、完勝となりました。
 
 Baidu IME_2013-12-15_18-46-43

 前図の6でもいいですが、この場合1から3のほうが分かりやすかったかもです。なんせ黒二手しかありませんので。

 Baidu IME_2013-12-15_18-48-33

 atusiさんは石の攻める方向が素晴らしい!その長所をこれからも伸ばしてください。あとは石の強弱に敏感になれば、ワンランク確実に上がると思います。

 名局をありがとうございました。またお便りおまちしております(*^-^*)ノ~~マタネー

 
人気ブログランキングへ

棋譜お便りコーナー第四局2-3


 ども~こんにちは。豆腐の角です。


 上辺白3に回ることができては白がよさそうです。4がまたヤキモチ焼きの大悪手。両側に白が構えているため、ヒラキが打てないためです。これは自分から苦しみにいくようなもの。


 Baidu IME_2013-12-15_11-13-13

 白1がまた絶好手でこの碁の勝着。両サイドに□の白石が構えてますので、辺には黒いきづらい。できれば中央へ逃げたいのですが、白1でその望みすら断ちました。

 Baidu IME_2013-12-15_11-14-44

 仕方がなく上辺でもがき苦しみました。黒は生きましたが、二線にいっぱい石がきていますよね。二線はできる地が小さい。14に回って勝勢です。

 Baidu IME_2013-12-15_13-7-38

 ちょっと盤上が進みまして、左辺に黒が打ち込みなんとかいきましたが、やはり小さく生かされました。中央が白の大きな地です。そこで黒は1~3と動き出しました。

  Baidu IME_2013-12-15_13-13-31

 このあとはいよいよクライマックス。夜に更新します。

 ブログランキングはじめました。一日一回ぽちっとお願いします。

 
人気ブログランキングへ

個人指導での話。


 ども~こんにちは。豆腐の角です。


 お便りコーナーのatusiさんの碁はまだまだ続きますが、ちょっと休憩して・・・・・・


 先月から指導させていただいてる女性の生徒さんは、別の囲碁教室で12級くらいだそうで、その教室には同じ級の人が4人いるそうです。

 その中で最近、4人の中の一人が、ほかの三人をごぼう抜きしたそうです。

 別に序盤、中盤、終盤と、それほど差がないように思われたそうですが、ただ一点だけ。

 
 その方は欠け眼を見つける事ができるようになったそうです。

 
 今私が教えている生徒さん含め、ほかの三人は問題では解けるようですが、実戦のごちゃごちゃしてたり大きな形ではわからないようです。
 
 たった一つ。それも小さな事に思われるかもしれませんが、ほかの三人をごぼう抜きするほど、とても大きな差なんですよね。

 つまりたった一つでも出来なかった事が出来るようになれば、一気に勝率が上がるということです。


 これは級位者に限らず、誰にでも言える事だと思います。

 という事で私の生徒さんは今、九路盤で欠け眼を猛練習中ですw生徒さんの石を危なくさせて、欠け眼に気づかせたり、逆に私がわざと自分の石をあぶなくさせて、欠け眼を見つけて潰してもらったりと、色々な方法で練習していますw

 棋力が低い人であればあるほど、一つできれば大きく棋力が上がります。そして殻も破りやすい。皆さんも一つの事に集中して、出来ない事をできるようにがんばりましょうb


 ブログランキングはじめました。一日一回ぽちっとお願いします。


 
人気ブログランキングへ

 

棋譜お便りコーナー第四局2-2「生きている石の近くは小さい2」


 ども~こんにちは。豆腐の角です。

 
 ここまで悪手らしい悪手のなかった白ですが、ついに悪手が出てしまいました。


 1は堅いところは固めようという意味で、わかるのですが、3は問題で、カス石を助けた手です。なぜかというと・・・・・・


 Baidu IME_2013-12-13_9-8-15

 下辺の黒が生きているためです。下辺は隙のない形をしていますよね。つまり下辺の黒は、生きていて白から狙いがない。狙いがないということは、□を助ける手が小さいということがわかります。

  
 Baidu IME_2013-12-13_9-9-13

 たとえば上辺に1と構えているほうがよっぽど大きそうです。□を仮に2と取りにこられたとしましょう。白は3とまた構えます。黒は2と打った事で出来た黒地は、多く見積もっても7目くらい。白は上辺に構えた事で白模様がはっきりとした地模様になりました。どちらが良さそうか一目瞭然ですよね。

 Baidu IME_2013-12-13_9-21-14

 前図黒2と打った手は、二眼ある石を三眼にしようとした手と同じです。生きるのに二眼さえあれば十分ですよね。三眼にする意味がありません。つまり小さいということです。

 Baidu IME_2013-12-13_10-51-27

 実戦です。黒1はこれも二眼ある石を三眼にした手です。黒1と渡らなくても黒は生きています。地が増えたといっても端っこです。上辺にカカリなどのほうが大勢に影響します。世界規模の話をしないといけないのに、村レベルの話をしている感じです。 

 白も2はお付き合いですし、下辺と同じで生きているから小さい。黒も3とつないでくれましたが、本来は手を抜かれます。

 Baidu IME_2013-12-13_10-59-32

 なぜなら次の手が大したことないからです。黒が1とカカリを打ったとして、白は2と取っても右上の黒は生きています。3と連打し、さらに白が4とまた取っても、右上の黒はびくともしません。

 元々白は石数が多く強いところでしたので、2~4と連打して一目とっても対してかわりません。1000人の軍隊を1010人にしたくらいの差しかありません。

 Baidu IME_2013-12-13_11-1-17

 厚みの碁は石の強弱に敏感でなくてはいけません。石の強弱は囲碁の基本であり、この感覚が敏感な人ほど強い人であるといっても過言ではありません。つまり基本でありながら、奥義のようなものなのです。

 詰碁などをなぜするのか?といえば、読みを鍛えるだけでなく、生きているか死んでいるか?という事がわからないと、石の強弱がわからないからです。


 ブログランキングはじめました。一日一回ぽちっとお願いします。

 
人気ブログランキングへ

棋譜お便りコーナー第四局2-1「生きている石の近くは小さい1」

 ども~こんにちは。豆腐の角です。


 昨日の続きから。黒はスミへ潜りました。中央は白がいっぱいいるので、賢明な判断です。まあそもそも14の三が上辺ワリウチぐらいなのですがw

 8で一段落したところ。まだ未開の地である左辺を、上辺と中央と連動して模様を大きくしたいところですね。

 Baidu IME_2013-12-12_9-2-58

 実戦です。下辺の黒地にヤキモチを焼かない白1でした。左辺が今一番広く価値が高いのです。中国流の構えではよくあるカカリ方です。atusiさんがよく勉強されている事がわかりますね。

 私は一路上にAと控えて打ちますが、1もあるとおもいます。
 
  Baidu IME_2013-12-12_9-11-11

 ヤキモチを焼いて1などとカカリを打つのは、意外かもしれませんが悪手です。黒が多い所な上、右下の黒は生きており、最強の石です。しかも下辺は狭い。9の十七に黒石がいるため、白は二間にヒラキが打てません。

 苦しんでるわりに、下辺でが狭いから大きな地ができるわけでもなく、むしろ2と攻撃対象にされながら、中央の模様が消えてしまいます。強いところで戦おうとして報いです。

 Baidu IME_2013-12-12_9-8-24

 実戦は3と大所の左辺を制しては白が不満なしです。黒は4と打ちましたが、まだ時期尚早でした。

 Baidu IME_2013-12-12_9-14-53

 おそらく1の打ち込みを嫌ったのでしょう。白が中へ入れば、黒は当然「外」に石がきます。2~4と石がきたことで、中央の模様が消えてしまいます。つまり白はなかなかすぐ打ち込みがしづらい。だって中央の模様が白の資産なんですから。
 

 Baidu IME_2013-12-12_9-43-42

 また、黒1と打っても大したことがない事がわかります。右下の黒は生きています。左下の黒も1と下がった事で生きています。白が2と飛び、白地はできていません。つまり下辺のほんのわずかな黒地を消しただけということがわかります。

 白地が増えず黒地しか影響していませんから、赤く囲った中の、ほんの10~数目程度でしょうか。地だけの手というのは序盤中盤ではすごく小さいのです。

 Baidu IME_2013-12-12_9-46-35

 碁で大きなところは、石の強弱に関係するところです。地だけの手は目に見える数字しかわかりませんが、石の強弱に関する手は、世界の情勢を大きく変えてしまうからです。

 次回もその点について書いていきます。

 ブログランキングはじめました。一日一回ぽちっとお願いします。

 
人気ブログランキングへ 

棋譜お便りコーナー第四局1-3「狭いところへ追いこめ」

 ども~こんにちは。豆腐の角です。


 今日も昨日に引き続き、atusiさんの棋譜をみていきましょう。

 少し進んで、6と上辺に黒がきたところです。白の次の一手は・・・・・・


 Baidu IME_2013-12-11_8-58-32

 実戦の白1が素晴らしい一着でした。今度は隅ではなく辺から打ち、隅へ追い込ませます。たしかに昨日の話では隅が生きやすいところなのですが、この場合は隅よりも辺のほうが価値が高く広いからです。

 Baidu IME_2013-12-11_8-59-8

 たとえば白1と隅から打つと、黒を広い辺へ打たせてしまいます。 これで10の四に白がいれば1が正しい手となります。

 Baidu IME_2013-12-11_9-15-34

 昨日の辺へ追いやった手がいい手になったのは、白□がいるためです。□がいるからヒラキが打ちづらい。

 Baidu IME_2013-12-11_9-0-14

 白がスミにうってきた場合、黒は2~4と形を決めて6と開くのがこの場合のいい手。2~4は本来相手を固める悪手となりますが、右上から右辺中央寄りにかけて白がたくさんいて、強い石です。だから強い石はもっと固めさせても大した損はしないという意味です。

 7の打ち込みが怖いかもしれませんが、8とサラサラとかわします。

 Baidu IME_2013-12-11_9-3-27

 右上から右辺にかけて白石が密集しています。そんな石数の多いところで助けようとしても助かりませんし、苦戦を強いられるだけです。3000の敵部隊に数人で挑むようなものです。

 だから捨てるのです。右上に孤立した黒三子を仮に取られても、痛くも痒くもありません。むしろ、あんだけ白石がたくさんいるところなのに、たった三つ取っただけです。つまりたくさんの石数をかけてその程度の利益では効率が悪いということです。

 一方黒は広い辺を先手必勝の如く先回りしています。

 Baidu IME_2013-12-11_9-4-55

 狭いところへ追い込む事は厚みを働かす重要な考え方の一つです。

 ブログランキングはじめました。一日一回ぽちっとお願いします。

 
人気ブログランキングへ

 

棋譜お便りコーナー第四局1-2「相手が土下座してきたらそれ以上追求しない」

 ども~こんばんは。豆腐の角です。


 お昼の時の次の一手です。

 
 白1のブツカリが次の一手でした。黒がAにきたらB、黒がBに伸び込めばAです。相手が二線にきた場合の常套手段です。

 Baidu IME_2013-12-10_19-3-57

 1、2となれば、黒は辺だけで眼ができそうにありません。中央へ顔をだすよりない。そこで4と、やはり隅の次に生きやすい辺への退路を断ち、もっとも生きるのに苦労をする中央へ逃がします。

 白は石数の少ない右上から上辺にかけて、攻めながら地を取る理想の展開となりました。 

 Baidu IME_2013-12-10_19-9-31

 実戦です。黒■は頭を下げた手です。右辺は白石の先住民がいるところ。敬意を評し、頭を下げるのは当然ですが、頭を下げたのに追い打ちをかけると返り討ちにあいます。

 白1がそれで、土下座した相手をさらに土下座させるような手ですwこれはさすがに黒が怒ります。(もちろん1が好手になる局面もあります)

 Baidu IME_2013-12-10_19-13-35

 2のハネから一目を取られると、黒の眼ができてしまいます。白は4を先手で打てたことに満足してはいけません。 

 Baidu IME_2013-12-10_19-15-38

 図を変えてみると、1のブツカリに黒が2とハネたとき、3と切っているのと同じ理屈です。当然3では単に5と押さえますよね。

 Baidu IME_2013-12-10_19-16-53

 土下座した相手をさらにもっといじめようとすると、半沢直樹ばりの「やられたら倍返し」をされてしまいますw・・・・・・余談ですが、最近うちの生徒の小学生が「やられたら倍返し!」と言っているのですが、悪い影響になっていないか少し怖いですwww

 まだまだつづきます!

 ブログランキングはじめました。一日一回ぽちっとお願いします。

 
人気ブログランキングへ

棋譜お便りコーナー第四局1-1「生きにくい場所へ追い込む」

 ども~こんにちは。豆腐の角です。


 ひさしぶりにこのコーナーヽ(´▽`)/棋譜キタ━(゚∀゚)━!

 atusiさん白番の一局。ではさっそく見ていきましょう。


 黒が中国流、白が二連星からスタート。10まで双方問題手がありませんでしたが、黒の11が問題。恐らく右辺が白地になりそうでヤキモチを焼かれたのでしょう。自分も下辺にあるんですけどねえw

 当然白の石数の多いところへ打ち込んでいったわけですから、苦戦を強いられる事は明白です。相手の手ですが、黒は11で・・・

 Baidu IME_2013-12-10_10-15-40

 カカリを打つなら1が当然の方向です。上辺には白がいませんし、広いですよね。広い方が碁は価値があるところなんです。イメージとしては、白を右辺に凝らせる感じです。たしかに石数が多いので右辺は地になりやすいのですが、石数が多いから当たり前ともいえるのです。

 黒さんには、右辺には白4つもいるんだから、ある程度地にさせてあげよう……くらいの気持ちになってほしい。

 白を右辺に偏らせ、黒はほかで効率よくいろんなところで仕事をする……のが1の理想です。当然白もそうは問屋で工夫しますけどねw

 Baidu IME_2013-12-10_10-19-9

 実戦です。1はやや相手を固めてもったいなかったかなと思います。2と石がきて相手が強くなったので、打ち込みがあまり狙えなくなりましたから、3と上から固めるのはなるほどです。1の手をリカバリーしています。

 そして5が素晴らしい一着!生きづらく、白石の多い辺に追い込みました。碁は隅が一番生きやすくサバキやすいんですね。だから隅への退路を断つ5は好手です!

 Baidu IME_2013-12-10_10-21-24

 隅が一番生きるのに手間がいらず、次に辺、最後の中央が一番時間がかかります。

 Baidu IME_2013-12-10_10-26-36


実戦、黒は1と低くうってきました。ここで次の一手です。

 Baidu IME_2013-12-10_10-29-19

 今日の晩に更新します。

 ブログランキングはじめました。一日一回ぽちっとお願いします。

 
人気ブログランキングへ

 

囲碁ってどんなゲーム?

 ども~こんにちは。豆腐の角です。



 「囲碁ってどんなゲーム?」

 
 皆さん一度は聞かれたことがあるのではないでしょうか。皆さんはどのように答えていますか?

 根本的ですが、だからこそ説明に苦慮するんですよね。将棋だと王さんを取ったほうが勝ちって至極単純なんですけどw

 「陣地を囲って多いほうが勝つんだよ」と端的に答えて、理解してもらえるかといえば怪しいものです。かといって「囲碁とは人生」などと抽象的に答えられても、囲碁を知らない人には何が何だかわからないと思います。
 
 できれば囲碁のルールを分かりやすく説明しながら、興味をもってもらえるような説明をしたいですよね。


 私の場合はこのように説明しています。

 「囲碁とは白国と黒国の領土争いの戦争で、どちらが効率的に領土を奪えるかの勝負である。領土を奪うためには国民(石を置くこと)を派遣しなければならない。できるだけ少ない人件費(少ない石数)で大きな領土を作る事が理想である。しかし、城(厚み)を作り、戦いを有利にする作戦もある。そのためにはお金(地)を相手に渡して、投資で人材を得る必要がある。最終的にどちらの領土が広いかを計算し、広いほうが勝つゲームである」
  
 と、このように、白と黒を白国、黒国とすることで、西洋の植民地時代などのリアルとリンクさせると、囲碁を知らない人にも理解がしやすいですし、興味をもってくれやすくなります。


 なんなら白地をロシア、黒地をアメリカや中国に例えてもいい。リアルとゲームの世界をリンクさせて説明することで親近感が湧き、興味が湧くと思います。

 皆さんも下手の方に教えられる場合、リアルと繋げて説明すると相手に伝わりやすくなるかも?です。


 ブログランキングはじめました。一日一回ぽちっとお願いします。

 
人気ブログランキングへ
 
 

盤上の経営者に学ぶ~「武宮自然流編」 第二局 終幕

ども~こんにちは。豆腐の角です。


 実はこの記事は昨日書いていて、うpしたつもりだったんですが、なぜか下書き保存状態でしたw(つд⊂)スマソ……



 いよいよ第二局も終幕です。下辺の攻めあいに負けるわけにはいかない白は、1~3と手数を増やしながら、右辺の白にできるだけ影響しないように打っています。


 黒は6からどんどん形をきめて、右辺の白の周りに黒石をたくさんもっていきました。13と打ってきたところで次の一手。右辺の白についに襲い掛かります。


 Baidu IME_2013-12-7_10-19-14

 黒1が逃せぬところです。白に生きるためのスペースを奪います。 

 Baidu IME_2013-12-7_10-20-19

 逆に白から打たれるとの差です。1と白に打たれると生きるスペースができそうですよね。

 Baidu IME_2013-12-7_10-20-42

 白は2ともがきますが、以下9まで、コウになりましたが、黒はA、Bとコウダテがたくさんあります。このあとまだ少し続けて打ちましたが、結局白の潰れとなりました。

 Baidu IME_2013-12-7_10-24-53

 攻めたい石をすぐに追いかけるのではなく、周りにモタレて全体を使って攻めた黒の一局でした。


 ブログランキングはじめました。一日一回ぽちっとお願いします。

 
人気ブログランキングへ

豆腐囲碁教室の日常

 ども~こんばんは豆腐の角です。

 今日は豆腐子供囲碁教室の日常紹介したいとおもいます。


 「恋愛で語る詰碁編」

 
 豆腐の角(# ゚Д゚)「今日の問題はこちら!白□の五つを取るミッションだ」


 Baidu IME_2013-12-7_20-7-35

 小学生(´∀`)「1のキリ!」

 豆腐の角(´・ω・`)「すぐ告白するタイプだなw白五つを好きな女の子だと思えw初対面でこんな急に告白してもうまくいかんぞ。ほら2とビンタと同時に振られたじゃないか!」

 小学生(# ゚Д゚)「先生なんで恋愛で例えるの?」

 豆腐の角( ̄ー ̄)(←生まれた年数=彼女いない歴)「阿呆!人生経験の少ないお前たちに囲碁で恋愛を教えているんじゃないか!こういうのはだな。まず好きな人の周りから攻めるんだ」 

 Baidu IME_2013-12-7_20-8-7

 小学生(=゜ω゜)ノ「あ!わかった!黒1だ!」

 豆腐の角( ̄ー ̄)「正解だ!▲の白が狙っている女の子の友人関係だ。友人関係と仲良くなるとどうなるか?次でみてみよう」

 Baidu IME_2013-12-7_20-8-46

 豆腐の角( ̄ー ̄)「白が2ときたので3が好手。恋愛は外堀からつめるのが手筋だ。好きなA子さんの友人と先に友達になれば、その友達がA子さんに「BのやつAちゃんの事好きみたいだよ」って伝えてくれたり、後押ししてくれる。4がそれだ。5と繋いで、aとbが見合い。相思相愛だ」

 小学生(# ゚Д゚)「先生の恋愛観なんかヤラシイ・・・・・・」

 豆腐の角( ̄ー ̄)「バカ野郎!隣人を愛せって二千年前の聖人もいってるだろ!先生はいやらしくなんかない!スケベなだけだ!」

 小学生ヽ(´▽`)/「もうええわwww」 

 Baidu IME_2013-12-7_20-9-55

 
 こんな漫才をいつもやっております。


 ブログランキングはじめました。一日一回ぽちっとお願いします。

 
人気ブログランキングへ
 

盤上の経営者に学ぶ~「武宮自然流編」 第二局 2-2


 ども~こんにちは。豆腐の角です。


 昨日の次の一手の正解は・・・・・・


 黒1でした。白を□と右辺に近寄らせてから1とカラミ攻め。1が右辺と下辺の戦い両方で活躍する鬼手になっています。前回の下辺キリからここまでを構想していたのです。さて、どうなってるかわからない方もいると思いますので状況説明を・・・・・・


 Baidu IME_2013-12-5_22-7-30

 白の□と下辺の黒□との戦いです。下辺の黒を取らないと白がつぶれます。白が手を抜くと・・・・・・

 Baidu IME_2013-12-5_22-8-18

 白が右辺を逃げ出そうとすると、2から6のアタリにして・・・・・・

 Baidu IME_2013-12-5_22-10-16

 7のツギから8~12まで。白のダメが二つ、下辺の黒が四つ。つまり黒の攻めあい勝ちです。つまり白は右辺を逃げる余裕がありません。

 Baidu IME_2013-12-5_22-12-38

 かといって1~3のようにもがけばもがくほど、2~4と中央に石がきて、右辺に響いてきます。十七の8のキリから、ここまでを構想していたのでした。白は右辺を気にしながら、攻めあいにも負けないよう神経をとがらせないといけません。

 Baidu IME_2013-12-5_22-14-25

 次回でいよいよ第二局もラスト。次回もお楽しみに。


 ブログランキングはじめました。一日一回ぽちっとお願いします。

 
人気ブログランキングへ


 

  

季節感漂う碁盤と碁石

 ども~こんばんは。豆腐の角です。


 先日注文した囲碁ショップ彩さんhttp://www.igocolors.com/

 の、「和花」9路盤セットが届きました。

 梅と紅葉のがあり、私は紅葉を買いました。紅葉がいい味をだしてます。 

 CIMG0361.jpg

 なんとおまけに「雅」までつけていただきました。実は前回、雅を注文するはずが、臙脂を頼んでしまったんですよねwありがとうございます。

 CIMG0360.jpg


 碁石は新色のレッドとピンク。今回のはかなり不揃い感がありませんでした。とても持ちやすかったです。

 CIMG0362.jpg

 そして極めつけはこの巾着袋。とってもオシャレですよね。ダイソー製らしいですけどwww

 CIMG0359.jpg

 ちょっといごいご。

 CIMG0363.jpg

 しゃちょーからお手紙。買ってもらった人に一つずつ書いていらっしゃるようです。こういう手書きでの手紙って、ちょっとした事を書くだけでも印象いいですよね!なにげにブログ宣伝などのことも書いてくれていますw(ミニルンは最近行ってませんけどw)



 Baidu IME_2013-12-5_21-1-54

 素敵な商品をありがとうございました! しゃちょさん今後ともよろしくです!

 CIMG0365.jpg



 ブログランキングはじめました。一日一回ぽちっとお願いします。


 
人気ブログランキングへ 
プロフィール

豆腐の角

Author:豆腐の角
ども~こんにちは。豆腐の角と申します。

棋力は東洋囲碁八段~九段を行ったり来たり程度。兵庫県を中心に、関西で囲碁を教えて生活しています。

現在の所、ネットはカフェトークをhttps://cafetalk.com/tutors/profile/?id=36141&lang=ja参照ください。

リアル個人指導一時間2500円。棋譜添削は三局分を簡単にまとめたものを千円でやっています。(需要の状況により、値上がり変更があるかもしれませんが、ご了承ください)
入門は30分500円から。お気軽にどうぞ。

カフェトークはちょっと無理!でも豆腐は信頼できる!という方は、豆腐とご相談で直接やりとり契約もおkです。生徒さんとの信頼の元やらせていただいております(´・ω・`)

 

みくろっく

みくろっく
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
囲碁

FC2Blog Ranking

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
532位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
105位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム