豆腐の本棚第十二冊「ひとめの二択石の形編」

 ども~こんにちは。豆腐の角です。

 
 このコーナーでは豆腐がオススメする囲碁書籍をご紹介していきます。


 今日の本はこちら。ひとめの二択形編です。ひとめの詰碁・手筋でお馴染みの趙治勲のひとめシリーズです。割と最近でた本で、今回も「級位者のここができれば~」という問題集です。

 

 しかも本書は問題をうんうんと唸りながら考えるのではなく、二択の選択式。だから難しい事を考える必要がなく、気軽にペラペラめくれちゃいます。

 どっちのほうがよさそう?と趙治勲から読者に問いかけられているような気になる一冊。

 そんなんで力になるの?って思われるかもしれませんが、確実に感覚がよくなりますし、「美的センス」が磨かれます。すると筋もよくなるし、いうことなしです。繰り返しやりましょう。

 こういう気軽にできる選択形式の囲碁の本は、今までになかったのではないでしょうか?

 ちなみに二択死活編もオススメです!

 ブログランキングはじめました。一日一回ぽちっとお願いします。

 
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

ダメの数の重要性

 ども~こんにちは。豆腐の角です。

 
 最近私はインストラクターとして活動していますが、初級者の方の悩みが、「当たりに気づかない」ことのようです。

 そういう方には、私はダメの数を数える事をオススメしています。ダメの数とは、石を取るための手数のこと。たとえば△三つの白石を取るためにはダメを二つ詰めないといけません。

 このダメの数を数えると、危ない石と危なくない石に気づきやすくなります。アタリはダメの数が一手の形にすること。つまり「ダメの数が二つのところは要注意」ということがわかります。


 Baidu IME_2013-11-29_10-21-17

 ダメを数えると、取られている石を必要以上に助けようとする思考もなくなります。△の黒石はダメが二つ。△の黒石を助けようとするには、■の白石を取るよりありませんが、白はダメが二つあります。ということは△は取られているということですね。

 Baidu IME_2013-11-29_10-21-40

 また、級位者によくあるアタリに突っ込む事も少なくなります。たとえば△の黒石のダメは二つ。ということはもう一つダメが詰まったら取られるということがわかります。すると1は自分から自分のダメを詰めてしまってアタリに突っ込んでいるということがわかります。

 これだけでもミスが減ります。
 
 Baidu IME_2013-11-29_10-21-49

 1と切ってきました。こういう時も落ち着いてダメの数から確認しましょう。黒はダメは△2つ。白は■2つ。つまり早い者勝ちです。次は黒番ですから、黒のほうが先に白石を取れてなにもない事がわかります。

 Baidu IME_2013-11-29_10-22-0

 上手の手に震えることも減ります。たとえばAとダメをつめたとき、みなさんは上手の手だからと、守られているのではないでしょうか?

 しかしダメの数を冷静に数えると、黒三つの石はダメが三つ。二手連打されないとアタリになれません。つまり余裕があることがわかります。

 Baidu IME_2013-11-29_10-22-10

 
 ほんのちょっとしたことですが、これを意識するかしないかでちょっとしたミスが大きく減るとおもいます。みなさんも石が混み合ってきたら是非使ってください。

 ブログランキングはじめました。一日一回ポチッとお願いします。

 
人気ブログランキングへ

囲碁をボクシング実況風にしたらこうなった3(ラスト)


 豆腐の角(´∀`)「チャンピョンが今度は挑戦者にもたれだしたあぁぁぁ~~~さっきまでとは逆の立場だ~~~~挑戦者をロープに押し付ける~~~強引さではチャンピョンが上かぁ~~~?!」

Baidu IME_2013-11-28_21-9-15

 豆腐の角Σ(゚д゚lll)「ボディ~~~~~~!!リバーに拳がめり込むぅ~~~~~~!!!」
 Baidu IME_2013-11-28_22-12-34

 豆腐の角(# ゚Д゚)「チャンピョン千鳥足だぁぁぁぁぁ!」

 Baidu IME_2013-11-28_22-14-12

 豆腐の角(# ゚Д゚)「再びリバーーー!!!」
 Baidu IME_2013-11-28_22-27-22

 豆腐の角(# ゚Д゚)「2~4と急所急所にチャンピョンの急所に拳がめり込むぅ~~~~!!!ついにチャンピョンの顔があがった~~~~~!!!

 Baidu IME_2013-11-28_22-38-7

 豆腐の角(# ゚Д゚)「がら空きの顎に返す刀が突き刺ささるぅぅぅぅ!!チャンピョンがたたらを踏んだ~~~~!!」 Baidu IME_2013-11-28_22-38-36

 豆腐の角(# ゚Д゚)「トドメの一撃が~~~~リングサイドにこだまするぅぅぅぅぅチャンピョンついにダウンだぁぁぁ!!」
 Baidu IME_2013-11-28_22-41-6

 豆腐の角(# ゚Д゚)「レフェリーが手を振る~~~~~~~~~~!!チャンピョン起き上がれない~~~~棋聖戦タイトルマッチ第二局は挑戦者の勝ち~~~~!!」
 CIMG0104.jpg

 豆腐の角(# ゚Д゚)「リング中央では両者が健闘をたたえあっています。左が挑戦者、中央がチャンピョン、そしてなぜか右端にガッツさんがいます。解説サボってなにしてるんでしょうか!?」
Baidu IME_2013-11-28_23-32-3

 豆腐の角(# ゚Д゚)「以上、ボクシング実況中継風囲碁タイトルマッチでした~~~~ちなみに今回出演して頂いたエキストラの猫さんは全員豆腐家在住の猫さんです。長くなりましたが皆様またどこかでお会いしましょう~以上、後●園ホールから実況でした~~」 

 恐らく今後はハイテンションな時でないと実況はやらないと思いますwwwwww


 ブログランキングはじめました。一日一回ぽちっとおねがいします。

 
人気ブログランキングへ

囲碁の本を探していたら……


 ども~こんにちは。豆腐の角です。


 さっき囲碁の本をAmazonで探していたらこんなのを見つけましたww



黒しろ恋模様 イケメン俺様部長と囲碁ガールの恋。 (ピンキー文庫)黒しろ恋模様 イケメン俺様部長と囲碁ガールの恋。 (ピンキー文庫)
(2013/10/25)
朱里 コウ

商品詳細を見る


 高校入学後、囲碁部に見学に行った美島未來。会って10秒で気に入られ、オレ様で超イケメンな囲碁部長・神谷猛に弟子入りすることに…!? 2013年エブリスタ電子書籍大賞・ピンキー文庫賞受賞作!



内容(「BOOK」データベースより)
美島未來は高校入学後、囲碁部の見学へ。そこで出会った部長(イケメン!)の神谷猛は、成績学年トップで読者モデルという完璧さ!!しかも…出会って10秒「気に入った!オレ、未來ちゃんのこと好き!」え、えーっ!?強引な猛先輩に押されるままに囲碁部に入部!?オレ様部長に弟子入りして!?囲碁から始まる黒?しろ?揺れるドキドキ恋模様。猛先輩、私をキュン死にさせるつもり…!?!?E★エブリスタ電子書籍大賞2013ピンキー文庫賞、フジテレビジョン賞W受賞!!


 だそうですwwwキュン死って(笑)それはともかく、最近囲碁の小説や漫画がよく出てきてるような気がします。

 今日は時間ないので、ブログ更新を夜メインでいこうとおもいます。あれの続きですw

 ブログランキングはじめました。一日一回ぽちっとおねがいします。

 
人気ブログランキングへ

囲碁をボクシング実況風にしたらこうなった2


 ども~こんばんは。豆腐の角です。

 まさかの拍手11件も頂いちゃって……続きを書く事になりましたw(ちっwwww

 ではではwwwww

 
 
 豆腐の角(´∀`)「さあ、ラウンド2から反撃の狼煙を見せようとした挑戦者~~ロープ際(隅っこ)でまたしてもクリンチ~~~チャンピョンにもたれたまま動かない~~~これには場内大ブーイングだぁぁぁぁぁ」


 Baidu IME_2013-11-27_21-43-33

 豆腐の角(´∀`)「レフェリーがすぐさまブレイク~~~瞬間、チャンピョンが中央へ躍り出た~~~~ああ!?っと挑戦者またしてもロープにもたれるぅぅぅぅぅぅ~~~~~~~戦う気があるのかぁ!?」
 

 Baidu IME_2013-11-27_21-54-16


 豆腐の角(´∀`)「お~っとこれにはチャンピョン怒ったかぁ!?リング中央で挑戦者を睨みつける~~~~~!! 場内に張り詰めた緊張感が走る~~~これは倒すのは時間の問題か!?」


 CIMG0070.jpg

 豆腐の角Σ(゚д゚lll)「あ~~~っとお!?これはどういうことだ~!?追い詰めていたはずのチャンピョンの動きが鈍い~~~~~!足がふらついて中央から離れようにも離れられないぃぃいいい~~~」

 ガッツ(´~`)「スタミナ切れですね。クリンチはされる側が苦しいんですよ。だからもっとセミとバナナ食えって言ったんだ」

 豆腐の角(´∀`)「お~~~~~とぉ!?ここでようやくまともな解説だ~~~~ぁぁぁぁ!今までのは作戦だったのかぁ~~~~ついに挑戦者が10と中央に躍り出た~~~~~~(裏声)ようやく殴り合いかと場内が割れるような歓声だぁ~~~~~~揺れる後●園ホールぅぅぅ!果たして勝つのはどっちだぁ!?」


 Baidu IME_2013-11-27_21-56-57

 追い詰められていた挑戦者。セコンドの巧みな作戦(?)により、ついに形勢逆転。果たしてチャンピョンの運命は?そして今日は歯が痛いからといって歯医者に行くのをサボったガッツの運命やいかに?
 Baidu IME_2013-11-27_22-5-52



 ブログランキングはじめました。一日一回ぽちっとおねがいします。

 
人気ブログランキングへ

地味な囲碁をどうすれば面白く見せれるか?


 ども~こんにちは。豆腐の角です。


 いや~どうでしたでしょうか。昨日の実況風はw拍手が現在七件もある所をみると、まあまあの反応とみていいのでしょうかw

 以前goxiという囲碁専門のSNSでこれをやったら、結構評判がよかったんですよね。普通に棋譜を載せた日記を書いても、全然コメント入らなかったんですがw囲碁を知っている人たちでも、あまり普通の棋譜とかには興味がないのか?wと思いました。だったら普通の囲碁を知らない人はなおさらでしょうね。

 しかし問題が一つありまして……


 めっさ疲れる。

 
予想以上に時間と労力を使いますw

 しかし。囲碁を面白く見せようとか、少しでも興味を持っていただこうと思うと、どうしてもこういう路線しか私には思いつきませんでしたw

 だって囲碁知らない人からみたら囲碁ってやっぱり地味ですもん。


 そこで今日は、囲碁に少しでも興味をもってもらおうと頑張っている方々をご紹介したいと思います。
 
 最初にご紹介するのは囲碁きっずファイブさんのGOARKという、これってもう囲碁の原型どこにあるん?wといいたくなるような仕様の碁盤ですwネット対局場囲碁きっずの創始者でもある政光社長の作品。

 日曜日のNHK囲碁講座でもさりげなく登場しています。こういう新しいデザインをどんどん出して、囲碁が地味というイメージを払拭してほしいですね。(ちと値段が高いけどw)



 
 お次はこちら。これは囲碁だけじゃないんですが、萌える対局時計という、アニメ声優さんの声で秒を読んでくれる斬新な発想ですwしかもなんと時間が切れたら励ましてくれる機能つきとか?w

 最近のアニメブームの影響からくる、若年層を狙った一品です。(しかしちょっとお値段がw)

 

 
 あとは以前にも紹介した囲碁ショップ彩さんがオススメです。お値段もリーズナブルだし、とってもオシャレで好評です。最近まちがえて(?)大量に碁石を注文してしまったらしい社長wたくさん買ってくださいとのことですw和花とかいいなーまた買おうかな。

 http://www.igocolors.com/

 
 今のままじゃダメだ!斬新な発想こそどの世界でも道を切り開く方法なのではないでしょうか?


 ブログランキングはじめました。一日一回ぽちっとおねがいします。


 
人気ブログランキングへ

囲碁をボクシング実況風にしたらこうなった。

 ども~こんばんは。豆腐の角です。


 どうも私のブログはお堅くなる傾向にあるようです。もちろんその方がいい人も多いと思いますが、やはり囲碁を知らない人でも囲碁に興味を持ってもらうにはどうしたらいいか?

 それはやっぱり面白そう!面白い!と思ってもらう事に尽きると思うのです。囲碁の普及を考えますと。

 白と黒しかなく心底地味に見える囲碁をどうすれば興味をもってもらえるか?

 ということで、ちっと今日は趣向を凝らして、囲碁にエンターテイメント性を取り入れたらどうだろう?という試みですw

 
 注:エンターテイメント性を重視するあまり、技術的な内容はないようになりましたw実際の見解と実況はまったく別ですのでご了承ください。



   

 豆腐の角(´∀`)「さあ~はじまりました。棋聖戦タイトルマッチ第二局!チャンピョン趙治勲VS挑戦者武宮正樹!(1985年)今夜の実況は私、豆腐の角と……」
 
 
  ??(´~`)「モグモグ」

 豆腐の角(´∀`)「ゲスト解説席にはガッツ石●さんにお越しいただきました」

 ガッツ(´~`)「どもどもモグモグ」 

 豆腐の角(´∀`)「ちなみにガッツさんとはバナナ30本での契約になっております。今日も完食されるのでしょうか」

 ガッツ(´~`)「バナナがうまいのは20本まで」

 豆腐の角(´∀`)「さてリング上は両者にらみ合い。いつでもやってやるよという雰囲気が漂ってます」 




Baidu IME_2013-11-26_19-35-44

 豆腐の角(´∀`)「私は囲碁に出会って人生変わったと思いますが、ガッツさんはボクシングとの出会いはどうでした?」

 ガッツ(´~`)「私も人生が380度かわりました」
 豆腐の角(´∀`)「20度しか変わらなかったんですか」

 Baidu IME_2013-11-26_19-55-28

 豆腐の角(´∀`)「おっと~ついにチャンピョンが動いた~~~挑戦者のパンチが届く射程圏内だーーーーチャンピョン、リング中央で打ち合おうと挑戦者を挑発~~~~」  

 Baidu IME_2013-11-26_20-1-42
 
 豆腐の角(@_@;)「お~~とこれはどういうことだ~~~!?挑戦者距離をとった~~~~ロープ際に後退だ~~~~。ガッツさん、これはチャンピョンに畏怖してしまったのでしょうか?!」   

 ガッツ(´~`)「いや、怖いのが半分、恐ろしいのが半分でしょうね」

 豆腐の角(´∀`)「ようするにすべて恐怖だったんですね」

  

  Baidu IME_2013-11-26_20-6-17

 豆腐の角(´∀`)「おっと!?挑戦者体制が崩れたところで2~4とクリンチ~~~思惑通り8と体制が良くなったところで10と反撃~~~~~武宮の太陽はここから昇るのか!?」

 ガッツ(´~`)「え?太陽は右から昇るだろ」 
 
 豆腐の角(´∀`)「ガッツさんは常に北を向いているんですね」

 Baidu IME_2013-11-26_20-13-22

 一時はチャンピョンの迫力に圧倒されたかにみえた挑戦者武宮。ここから怒涛の反撃がはじまる。(つづく?)

 ↓イメージ図。 

 CIMG0067.jpg

 
 この続きを書くかどうかは拍手の数で決めたいと思いますw続きがみたいと思った方は拍手をクリックおねがいします。

 ブログランキングはじめました。一日一回ぽちっとおねがいします。

 
人気ブログランキングへ

盤上の経営者に学ぶ~「武宮自然流編」 第一局終幕


 ども~こんにちは。豆腐の角です。

 いよいよ第一局もクライマックスを迎えました。

 

 孤立無援となった中央の白は、右辺に食らいついて必死に凌ごうとしますが・・・・・・

 1、3と二目の頭を両方ハネました。黒も4とハネ、6とキリます。6と切った形も白の二目の頭を両方ハネた格好。部分的にはいい勝負の接近戦ですが、周りは黒ばかり。黒が有利な戦いなのは間違いありません。

 本当は4ですぐに6とキリたいのは山々なのですがそれをうつと・・・・・・

 Baidu IME_2013-11-26_12-53-52

 2と下がりを打たれ、以下16まで。中央の白を制しましたが、14まで中央のスケールを小さくし、右辺を食い破りながら生きれば、全体の地で白が優勢です。だから前図4は省けませんでした。

 Baidu IME_2013-11-26_12-58-33

 実戦は、以下16まで。中央を制しながら、右辺の白も潰しました。

 Baidu IME_2013-11-26_13-7-51

 
 さて、今日の夜は少し趣向を変えて、この碁を別の角度で実況(?)解説したいと思います。

 囲碁が分からなくても面白い解説ができないか?という豆腐の角の挑戦です。

  ブログランキングはじめました。1日一回ぽちっとおねがいします。

 
人気ブログランキングへ

盤上の経営者に学ぶ~「武宮自然流編」 第一局2-2


 ども~こんにちは。豆腐の角です。

 


 昨日の続きです。無事左辺にモタレて包囲網を作りました。中央の■が宇宙にぽつんといますね。白は下辺は一万光年くらい離れていそうですので、▲とつなげたい所ですが・・・・・・(昨日の日記で二の6の当たりを決めていましたが、実際はこのあとでした。失礼しました)

 
 Baidu IME_2013-11-25_12-52-4

 ここで前回お話していた■二つの「耳」が活躍します。白が1と一間トビをしようものなら、2とツケから8まで。本来ぽん抜きをさせるのは良くありません。ぽん抜きはもっとも最短手数で厚みを作り、盤面全体に影響及ぼす手だからです。しかし!

ぽん抜いた上辺の白は、二の17にハイまで打ってあって、かなり強く堅い石。また周りの黒石もつながっているため強く、あまりぽん抜きでの力関係で影響がありません。

 つまりぽん抜いた得よりも、中央を切られたことのほうが大きいのです。

Baidu IME_2013-11-25_12-54-14

 そこで白はそれを阻止するためにブツカリを決めてからトビました。が、6が上辺にモタレながら分断する好手。これでもう白はつながりません。

 Baidu IME_2013-11-25_13-0-2

 白が1とコスミをうてば繋がりそうですが、2から6が利き筋。8まで切られてしまいます。3で二子を捨てればつながりますが、右上ハイを決めた二子を取られると、繋がっても根拠がない状態になります。

 Baidu IME_2013-11-25_13-2-18

 実戦です。10まで。ついに白は中央で孤軍奮闘しなくてはならなくなりました。さて、次回ついに今局のクライマックスです。

 Baidu IME_2013-11-25_13-6-4

 ブログランキングはじめました。一日一回ぽちっとおねがいします。

 
人気ブログランキングへ 

盤上の経営者に学ぶ~「武宮自然流編」 第一局2-1


 ども~こんにちは。豆腐の角です。

 いや~ひさしぶりにNHK杯みてたら遅れてしまいました(^_^;)


 前回の続きです。まずは状況を整理しましょう。黒が上辺にモタレ、楔を打ち込んだことにより、上辺への退路を断ちました。では今度は左辺です。

 モタレる石は、相手の石数が多く、根拠のある強い石です。左辺は大ゲイマ、二間にヒラキも打っていて、石数と根拠が充分ある強い石で、モタレやすい石です。(根拠とは、生きるためのスペースのようなものです)

 それを踏まえて実戦の次の一手は・・・・・・ 
 
 Baidu IME_2013-11-24_9-16-39

 黒1のツケでした。たぶん予想外だと思われた方が多いのではないでしょうか。白の石数が多いので、白は厳しく打たざる得ません。自分の石数の多いところでは厳しい手を打たないと甘くなりますよね。実はそれが狙いなんです。相手に有無を言わせない打ち回しを見ていきましょう。

 

 Baidu IME_2013-11-24_9-18-17

 たとえば4とヒキから以下9まで。白は普段なら黒の実利と厚みという相場の定石ですが! 

 白は外回りに石がきましたが、上辺に楔を打ち込んだ黒が強く、白の厚みを牽制しています。つまり白の厚みが働きにくい。黒は一方、白が左上に4手もコストをかけたところで悠々と地をガラガラにしました。この別れは白の商売あがったりです。 

Baidu IME_2013-11-24_9-22-29

 そこで実戦の白は、生きを与えないよう、1と全部取りに行く厳しい手を打たざる得ませんでした。厳しい手だから一番いいって?ノンノン。厳しい手は力を入れた手です。つまり厳しい分、相手にその力を利用されやすいという意味もあるのです。

 そう、相手が力を入れてきたら、自分は力を抜くのです。つまり捨石ですね。黒は最初からそのつもりでした。だって相手の石数が多いところですから。

 3の状態で一度放置し、12のキリの筋、13のアテの筋を残して4とまたツケ。また6とこれも捨石です。白は左上に13の当たりの筋など、色々なイヤミがあって取るしかありません。

 難しい講釈は置いといて、どうでしょう。見事に黒の包囲網が形成されました。 

 Baidu IME_2013-11-24_9-28-52

 原型をみてみましょう。白の左上はまだ白地ではありませんが、仮に白地として見てみましょう。大体■の26~27くらいでしょうか。元々白地だと思うと、黒がスミに打ち込んで取られても、それほど大したことないことがわかります。

 つまりモタレやすい石だということです。

 
 Baidu IME_2013-11-24_9-30-37

 
 まだまだこの碁は続きます。次回もよろしく。

 ブログランキングはじめました。一日一回ぽちっとおねがいします。

 
人気ブログランキングへ

盤上の経営者に学ぶ~「武宮自然流編」第一局1-2

 ども~こんにちは。豆腐の角です。

 昨日の続きです。みなさん次の一手は考えられたでしょうか?

 正解は1です。下辺に白が打ち込み、下辺を荒らされましたが、その代わり外が厚くなりました。つまり広げがいが出てきたのです。これは結構スケールが大きそうです。左辺ツメた白の手も大きいのですが、いそぎませんでした。せめて右辺を牽制してからにしたかった。

 左辺のツメは、黒のいじめを狙っていますが、下辺が厚くなったので急激な攻めはしにくいためです。

 Baidu IME_2013-11-23_12-34-11

 白は1と出て、さすがの趙治勲も3と消しにきました。さてここで武宮流の力を出すところです。3を直接攻めようとすると逃げられるだけです。上辺と左辺に白がいますからね。

 武宮自然流の方針を思い出しましょう。盤上全体を広く使って攻めるです。

 Baidu IME_2013-11-23_12-36-41

 攻めたい石の反対側にもたれる。1とツケからもたれ攻めを狙います。右上の定石は堅く狙いがない。だから固めてもいいのです。次にハネられるのは厳しいので・・・・・・

 Baidu IME_2013-11-23_12-37-19

 2のハネには3とハネ返し、5まで。黒が上辺に楔を打ち込んだ格好です。つまり上辺の白の経済活動を制限しながら、中央の攻め、右上を二の17から追い打ちのいじめを狙っています。

 黒7は覚えて欲しい形の急所。「耳」という急所です。耳についてはまた次回。白は8と楔を打ち込んだ黒の根拠を奪いながら、左上の白を大きくしようとしました。9が本手。8に石がきたのでしっかりと補強する。自然な流れです。
 
 黒がしっかりしたので、白も10と根拠を奪われないようにしっかりと補強します。さて、一段落したところで、また次の一手。

 みなさんお気づきでしょうか?ここまで自然な流れで、中央の白石に上辺への出口を封じていることを。ということは・・・・・・

 今度も堅いところを固めさせるモタレの感覚です。

 Baidu IME_2013-11-23_12-41-35

 モタレ攻めは自然の猛威のような破壊力があります。この機会に是非参考にしてください。

 ブログランキングはじめました。一日一回ぽちっとおねがいします。

 
人気ブログランキングへ

盤上の経営者に学ぶ~「武宮自然流編」 第一局1-1


 ども~豆腐の角です。


 いや~またしてもギックリ豆腐になってしまいました(´Д⊂慢性化しないようにしなくてはw


 さて、今日からいよいよ本格的に自然流を学んでいきましょう。

 白 趙治勲 黒 武宮正樹

 みんな大好き三連星から、辺に星を打ち、規模を拡大し、13で模様に芯を入れて三三の弱みを緩和しました。
 
 三連星というのは星に三つ置きます。つまり四線に石が偏るため、三線が弱点になりやすいためです。 

 Baidu IME_2013-11-21_9-34-26

 白1と黒の下辺からの模様拡大を牽制しました。十七の6に黒からカカリを打たれた場合との差は歴然です。

 さて黒はどうやって模様を拡大するのかな~と思われた方。残念(´∀`)右辺の模様を拡大したいのは山々ですが、上辺の定石の形、そして下辺に1と打たれたことで、上辺と左下に関所ができています。今中央を広げてもスケールが小さいのです。

 そこで2、4と、白地を上辺と左下に分割しました。こうすることで、地でもバランスが取れた碁になります。

 4と二間ビラキではなく一路高くしたくなります。中央の模様の役にたちそうですよね。次に黒からはBが山型の理想形です。その代わり白からはAが狙いとなります。Aにこられた場合、Cくらいだとしても、4の四線ですから逃げ足は早いです。(中央に近いほど逃げやすくなる)

 Baidu IME_2013-11-21_9-41-55

 白はさらに下辺へ打ち込みました。白に生きられましたが、これで充分。外回りが厚くなりました。
 
 Baidu IME_2013-11-21_9-46-2

 さて、白が1とツメてきたところです。次の黒の一手は?右下の厚みを生かしましょう。

 Baidu IME_2013-11-21_9-55-0

 ブログランキングはじめました。一日一回ぽちっとおねがいします。

 
人気ブログランキングへ

盤上の経営者に学ぶ~「武宮自然流編」 経営方針について。

 ども~こんにちは。豆腐の角です。

 
 武宮九段といえば、「宇宙流」というイメージがありますよね。ですが、私は「自然流」のほうがしっくりくると思っています。

 宇宙流というネーミングの影響でしょうか。ただ中央を広げて囲う事と思っている方が多いのですが、本質はもっと奥深いものがあります。

 今日から自然流の方針と経営法について学んでいきましょう。

 自然流の方針は、1盤上全体を広く使う。2部分だけではなく、盤上全体を攻める。3終局時に自分の地が最終的に多ければいい。序盤、中盤は地に拘らない。です。

 自然というのは凄まじいものがあります。自然に逆らおうとすると、大被害を被りますが、自然と寄り添って生きる事を心がけると「自然の恵み」の恩恵を受けます。

 これを盤上で活かそうとしているのが武宮自然流です。ただし、これは中々難しい経営方針です。なにせ扱うのが「自然」ですから。打つ手はもちろん、自分の心も自然のように泰然自若でなければいけませんし、相手が「不自然」な手を打った時にはそれを咎める自然の猛威のような「力」を必要とします。

 
 相手が深入りした石を召し捕る力、盤上全体をじわじわ厚みを活かして終局時まで攻め続ける力。つまり武宮流というのは、「力」が根本的に必要な経営法なのです。

 少しでも甘い手を打とうものなら、それは自然の猛威が、形勢という形で自分に返ってきてしまうのです。


 この方針を踏まえた上で、次回からは武宮九段の棋譜を見ていきたいと思います。

 ブログランキングはじめました。一日一回ぽちっとおねがいします。

 
人気ブログランキングへ

  

 

 
   

 

豆腐の本棚第十一冊「将棋棋士の名言~勝負師たちの覚悟・戦略・思考」


 ども~こんにちは。豆腐の角です。


 久しぶりにこのコーナーですね。

 今日ご紹介するのは「将棋棋士の名言~勝負師たちの覚悟・戦略・思考」です。

 
将棋棋士の名言100: 勝負師たちの覚悟・戦略・思考将棋棋士の名言100: 勝負師たちの覚悟・戦略・思考
(2012/11/22)
後藤 元気

商品詳細を見る


 この本は名言集で、将棋を知らない人でも分かる仕様になっております。ちょっとだけご紹介させていただきますと……

 「どうやったら詰まないんですか?」村山聖

 「負けが多いのも自慢」加藤一二三

 「勝たねば食えぬ。勝てば相手を食えなくさせる」金子金五郎

 「四段になって数えていた。60連勝すれば名人になれる」村山聖

 

 ちょっとおもしろいのを書きますと……

 「勝ち負けを決めるだけならジャンケンでいい」羽生善治

 「ジャンケンとかサイコロで勝ったことがない」藤井猛

 「アマチュアに真似してもらえる将棋が指したい」藤井猛

 「誰もまねしてくれない」佐藤康光

 
 目次欄でこれらの言葉をみるだけでも楽しいですが、それぞれのエピソードが痛快なほど面白い。

 棋士はどのように考え、どのように生きているのか?

 生き方に迷ったとき、ただ目の前の一局を、一心不乱に戦い続ける棋士たちの言葉を参考にしてみてはいががでしょうか。

 手元に一冊、あなたの本棚に置かれることをオススメいたします。

 ブログランキングはじめました。一日一回ぽちっとおねがいします。

 
人気ブログランキングへ 
 
 

盤上の経営者に学ぶ~秀策編 第五局


 ども~こんばんは。豆腐の角です。

 
 今日で秀策編は一応お開きでございます。次回はみんな大好き武宮正樹プロの碁です。

 
 白 幻庵  黒 本因坊秀策

 最終局は幻庵先生にご登場願います。幻庵は井上因碩のことで、耳赤の一手でお馴染みのあの人です。

 幻庵は隠居して以来、海外に向いていたそうです。囲碁発祥地国中国(当時は清ですが)に渡ろうとしましたが、暴風雨のためとも、用便中に路銀を落としたとも言われる理由で断念。九州地方で「因碩初段」なる免状を乱発して江戸への路用をまかなったという面白い話があります。

 

 本局は耳赤の一局から九年後の一局です。

 白が■と打ったところ。左下の白も気になるところですが、すぐに攻めて効果を上げれるか……上辺の厚みを黒は活かしたいところです。

 Baidu IME_2013-11-19_20-53-44

 黒1と打ち込みが上辺の厚みを活かす好手。2には3の飛びでなにも捻らなくていいのです。

 Baidu IME_2013-11-19_20-54-49

 たとえば4~7と飛び合いになったとします。白も黒もただ飛んでいるだけですが、明らかにこの飛びあいで得た利益は黒の方が多いのです。

 7まで石が来たことで下辺の模様が大きくなり、白から入りづらくなりましたし、左下の石にもプレッシャーがかかっています。一方、白はただ飛んでるだけで眼ができていません。上辺は黒が強いので響きませんし、向かっている左辺も黒ばかり。明らかに黒の有利な飛びあいです。

Baidu IME_2013-11-19_20-57-5

 ということで飛ぶと苦しいので、右辺で生きようとしました。が、右辺は狭い。17まで眼形ではありますが、二線でつらい。18打たれては黒が一本取った形です。

 17で18は、17にノゾキを打たれ、やはり眼がない状態で中央へ追いやられてしまいます。

 Baidu IME_2013-11-19_21-1-48

 秀策は文久2年、江戸でコレラが大流行し、本因坊家内でも患者が続出しました。

秀策は秀和が止めるのも聞かず患者の看病に当たり、当人が感染しそのまま34歳で亡くなりました。この年御城碁が中止され消滅。なお、本因坊家では秀策の看病によりコレラによる犠牲者は秀策以外は1人も出さなかった。

棋力のみならず極めて人格に優れ、本因坊道策(前聖)と並び棋聖・碁聖(後聖)と称される。歴史に燦然と輝く業績を残し、後の囲碁ファンに与えた影響は多大です。

 ブログランキングはじめました。一日一回ぽちっとおねがいします。

 
人気ブログランキングへ

世界一面白い囲碁用語集(笑)


 ども~こんにちは。豆腐の角です。


 最近、囲碁用語を調べているのですが、ネットで色々検索していたら面白いものをみつけましたw

 ちょっと18禁用語も出てますので、未成年の方、そういうのが生理的にダメな人はみちゃらめぇぇぇぇです。

http://ja.uncyclopedia.info/wiki/%E5%9B%B2%E7%A2%81%E7%94%A8%E8%AA%9E%E4%B8%80%E8%A6%A7#.E3.81.82.E8.A1.8C

 抜粋しますと……

 ハネ出し;国際棋戦にて、国内最強の棋聖や名人のスケジュールの都合がつかない時に、とりあえず羽根直樹を出すこと。勝率はあまりよくない。

 大龍 1980年代に中国の囲碁を世界レベルに引き上げた、聶衛平のこと。その後、中国棋士の通名は、時代が下るごとに「中龍」「小龍」「小虎」「小豹」と小物化しており、そのうち「仔猫」とかになるのではと危惧されている。


 伸びるシチョウ シチョウが伸びることなど、読み切りが当たり前の有段者ではまず無いが、級位者同士だとたまにある。どっちかが間違っており、特に対局中に会話ができないネット碁だと、一手一手が両者ドキドキの心理戦である。

 外から攻めよ 恋愛対象を攻めるときは、その友人関係などから攻めていけということ。

 ニギリ NHK杯テレビ囲碁トーナメントで、美人の司会のお姉さんの「握ってください」の合図で、全国の男性が握る。何を握っているのかは謎。

 ハメ手 チョメチョメする手。世の中には「ハメ手小事典」なんて本もあり、電車の中では迂闊に読めない。

 

 などなどwこのアンサイクロペディアはおふざけペディアですが、なかなかどうして面白いものですwただふざけるだけでなく、伸びるシチョウのことなど、結構あるあるネタなのが面白い。

 仕事から疲れて帰ってきたら、とりあえずこのアンサイクロペディアを見て息抜きしてみてはいかがでしょうか。

 

 ブログランキングはじめました。一日一回ぽちっとおねがいします。


 
人気ブログランキングへ

盤上の経営者に学ぶ~秀策編 第四局「続」


 ども~こんにちは。豆腐の角です。


 昨日の続き。次の一手は白1でした。

 ここに根拠を持つことが大事です。右上が攻められる石になるか、攻めにくい石になるかで情勢が変わってきます。

 Baidu IME_2013-11-18_12-9-5

 黒は左辺に2、4と機略ある工夫を凝らしましたが、5と冷静に手を抜かれ、黒はやや先番の功が消えました。

 
 
 Baidu IME_2013-11-18_12-10-15

 左辺伸びでは、1とコスミツケから根拠を奪うのも有力だったとおもいます。左辺は五間の幅。上辺の白を弱くすれば効率よくまとまる事が予想されます。

 左辺の五の4伸びは、白が四の3にコスミツケた時点で、左上の白が治まり形だから面白くないのです。

 Baidu IME_2013-11-18_12-12-57

 太田雄蔵は伊藤松和などと一緒に七段に昇段。七段になると御城碁を勤めれるようになるのですが、その際、剃髪をするのが通例でした。御城碁を打つというのは当時の棋士たちの目標でしたが、美男子と言われた太田雄蔵は剃髪を嫌い、御城碁に出仕しない異例の昇段となりました。

 気合のいい打ち筋に、豪快な棋風。絵に書いたような粋人であり、藤沢秀行も好きな棋士の一人に上げています。

 享年安政三年。天保四傑の中で最も早く没しました。

 ブログランキングはじめました。一日一回ぽちっとおねがいします。

 
人気ブログランキングへ

 

盤上の経営者に学ぶ~秀策編 第四局 

 ども~こんばんは。豆腐の角です。


 白 太田雄蔵 黒 本因坊秀策

 
 太田雄蔵は天保四傑の一人です。高目と目ハズしを愛用し、ふりかわりが多く華麗な芸風です。

 以前にも書きましたが、コミのない時代、白は積極的な打ち回しが目立ちます。黒に小目からのシマリを与えることを避ける碁が多く、この碁も4、10とシマリを打たせません。

 黒は手堅く、白は積極的に、というのがコミのない時代でした。

 さて黒番です。次の一手は逃せぬ要所があります。ヒント:17の意味は左上の15を軽くみてるという意味です。ということは?



 Baidu IME_2013-11-17_18-53-57

 1が根拠を奪う逃せぬ要点です。上辺の黒が安定し、白■二つが不安定になります。右上の白が不安定になると、右辺に白は打ち込みづらくなる。つまり右辺が地になりやすくなります。

 Baidu IME_2013-11-17_18-59-6

 1と左上を助け出した場合、恐らく2とツメてこられるとおもいます。左上全体の黒が重いと感じれるようになりましょう。

 ここが安定したので右辺も消しやすくなります。 

 Baidu IME_2013-11-17_19-2-30

 実戦は上辺ツメのあと、白は手を抜いて1とシマリました。上辺が安定したので、黒は堂々と2と伸びました。これはどうだったのだろう?というのが正直な感想で、やはり少しサバキが重い気がします。

 しかし、14から18まで外側を厚くする石の流れは参考になるところです。

 さてここで白番。次の一手は? 

 Baidu IME_2013-11-17_19-8-44


 ブログランキングはじめました。一日一回ぽちっとおねがいします。

 
人気ブログランキングへ

棋聖戦挑戦者は山下敬吾に

 ども~こんにちは。豆腐の角です。


 棋聖戦の挑戦者決定戦が先日行われましたね。対局者は山下敬吾九段と村川大介七段。


 私としては、村川さんに勝って欲しかった……というか、山下ファンの方には申し訳ありませんがぶっちゃけ井山VS山下とか見飽きた!!!

 井山VS村川とか、面白そうじゃないですか!!

 そろそろ四天王以外の人にタイトル戦どんどん出て欲しいwそうしないと面白くありませんw


 でも最近は秋山さんが挑戦されましたし、余さん、伊田さんがリーグ入りなど、碁界が動きつつありますね。

 平成の世で戦国時代になってもらっては困りますが、囲碁の世界では群雄割拠の戦国時代になってほしいです。


 ブログランキングはじめました。一日一回ぽちっとおねがいします。

 
人気ブログランキングへ

定石は最低限の事だけでいい。

 ども~こんにちは。豆腐の角です。


 先日、ある女性の方が通っている囲碁教室のお話を聞かせていただきました。

 その女性の方は初級なのですが、その教室ではむつかしい定石を覚えさせられるとのことでした。

 定石はたしかに、先人の積み重ねた知の結晶のようなものですが、なにも初級のうちからむつかしい定石を覚える必要はありません。

 たとえば星にカカリを打たれた時にケイマ受けや、一間飛びで受ける手。これも定石です。碁を打つのに難しい定石を打つ必要はないのです。

 高段者でも難しい定石を避ける人は多いです。私も大ナダレ定石が大嫌いですし(盤面の四分の一以上が定石で形が決まってしまうため)自分に見合った定石だけで充分でしょう。

 だんだん慣れてきたらハサミを覚えて、少しずつ碁の幅を広げていきましょう。  
 
 定石は定石でしかありません。たしかに定型ではありますが、どの局面でもそれが通用するとは限りません。下手すると、定石通りに打ってよくないケースのほうが多いくらいです。

 碁は常に、どこが大きいか、効率的に打てるか、そして打っていて楽しいか?が重要なのです。

 楽しくないのにむつかしい定石を覚えても強くはならないでしょう。やさしい詰碁の一つでも解いている方がマシです。

 むつかしい定石を「どうだったけな~」と思い出しながら打つより、やさしい定石を打って定石にこだわらず「次どこが大きいかな~」と考える方が明らかに楽しいと思いますし、上達すると思います。

 定石が基本なのではありません。大きいところへ打つ・それはどこだろうかと考えるのが基本なのです。

 定石はそのためのツールのようなものでしかありません。


 ブログランキングはじめました。一日一回ぽちっとおねがいします。

 
人気ブログランキングへ

盤上の経営者に学ぶ~秀策編 第三局

 ども~こんにちは。豆腐の角です。

  
 黒本因坊秀策 白安井算知

 この碁は実は私の好きな碁の一つです。序盤から終盤まで、何気ない打ち回しながら奥が深い一局です。

 白が1と黒の根拠を奪いにいきました。さて黒の次の一手は……


 Baidu IME_2013-11-15_12-39-15

 1と飛びました。白は三線に一つと二線が二つ。四線からの圧力に弱いのです。何気ない手ですが、秀策が見ているのは右下だけではありません。それはこのあとの進行をみればわかります。

 Baidu IME_2013-11-15_12-39-56
 
 右下を連打されるとたまりませんので、2からハイを打ちました。7まで。黒は下辺の石が強くなりました。黒7が見ているのは、下辺だけでなく、上辺のポツンとしている白一子です。Aと白が飛びを打てば、Bとハサミます。
 白は16の五とカケがぱっと見よさそうですが、黒16の四から出切りがこの場合きつい。右上で戦いになれば、7の黒石の連なりが活躍しそうです。

 Baidu IME_2013-11-15_12-51-10
 
 そこで白は8とヒラキました。今度16の五にカケられると、ヒラキがある分、今度は白のほうが強く戦えます。なので9とコスミ、ヒラキの間を打ち込もうと狙っています。それを察した白は10のツケから打ち込みを防ぎました。

 その代わり黒は13という大所を打ち、黒のわかりやすい形勢となりました。このように一見何気ない打ち回しですが、阿吽の呼吸のようなものが棋譜から漂っています。

 

 Baidu IME_2013-11-15_12-49-8

 たとえ棋譜の手の意味がわからなくとも、名人級の阿吽の呼吸を感じることが大事なのです。

 ブログランキングはじめました。一日一回ぽちっとお願いします。


 
人気ブログランキングへ

負けるのも結構難しいんです。

 あふぅ(´∀`)


 今日はこども囲碁教室でした。

 先週体験できた姉弟に、指導石取り碁という名のサンドバックになってました。

 これがただ殴られる(取られる)仕事だと思ったら大間違い(´Д⊂反射で身体が正着を打とうとするのを無理やりおさえてわざとピンチにしないといけない。
 
 これが教室当初めっさ苦労しました(´Д⊂油断すると、つい身体が覚えた正着を打ってしまうからです。

 ただ取らせるだけでなく、生徒がコツを掴めるように打つので、これも結構普段とは違う筋肉を使います。

 たくさん石をとっている間に自然と取り方を覚える。はじめの一歩の鴨川マジックならぬ、豆腐の角マジックですw

 「身体が覚えてるんだ……何千何万回と叩いたミットの位置を!」はじめの一歩より。

 
はじめの一歩(1) (講談社コミックス―Shonen magazine comics (1532巻))はじめの一歩(1) (講談社コミックス―Shonen magazine comics (1532巻))
(1990/02/09)
森川 ジョージ

商品詳細を見る


  はじめの一歩はボクシング漫画ですが、読めば囲碁が強くなる本だと個人的に思っておりますw

  ブログランキングはじめました。↓一日一回ぽちっとお願いします。

  
人気ブログランキングへ

盤上の経営者に学ぶ~秀策編 第二局2-2

 ども~こんにちは。豆腐の角です。

 いや~昨日スカイプというものを初めて使いました。面白いですね。県代表の人と、プロを目指している人と三人同時プレイ(?)でした。ネット碁の検討に最適ですね!
 


 さて、今までの碁盤画像大きすぎたので、今回から少し小さめのサイズにします。

 
 さて、前回の次の一手の回答です。

 実戦は1とツケました。ツケというのは、自分と相手の石を強くする性質があります。地面に落ちてるガムをふんでしまったみたいなイメージで。

 左下の黒■は、黒の堅いところ。打ち込みはあまり狙えません。ということで1とツケて、堅いところを固めさせようという考えですね。

 相手は元々堅いところがより堅くなるだけ。白の下辺は不安定な石なので堅くなるのはねがったりです。

 Baidu IME_2013-11-14_13-5-8

 1のツケから、3とナナメにつかいました。9まで。下辺はAの取りとBの飛びを見合いにし、治まり形を作って先手をとって9に打ちました。すぐに攻められない形を作るというのがサバキです。

 Baidu IME_2013-11-14_13-7-36

 ブログランキングはじめました。一日一回ぽちっとおねがいします。

 
人気ブログランキングへ

盤上の経営者に学ぶ~秀策編 第二局

 ども~こんにちは。豆腐の角です。


 今日は本因坊秀和VS秀策の師弟対局をお送りします。

 
 黒 安田秀策 白本因坊秀和

 
 さて白番です。どこが大きいでしょうか?ヒントは寂しいところ。

 Baidu IME_2013-11-13_11-43-19

 1と左辺の一子もたしかに寂しそうですが、左上の黒が生きていますし、黒からツメられても二間に開けますし、左下からツメてこられても、上辺につながりそうです。

 それよりも右下が大きい。2と黒が打てば、右下黒の■が強くなり、白の■が相対的に弱くなります。ということは右下が大きいということですね。

 Baidu IME_2013-11-13_11-49-53

 1とカケは辺の白一子と繋がりながら、右下にプレッシャーをかけて右辺の模様を広げた手です。私たちアマチュアレベルならこう打ったら褒められるかもしれませんが、なんせ対局者は当時の名人です。こうは打ちませんでした。

 恐らくこう打つと、すべての黒石が生きてしまうからでしょう。コミのない時代、弱い石を作らないと黒の楽な碁になってしまいます。

 Baidu IME_2013-11-13_11-45-33

 そこで実戦は1と根拠を奪いにいきました。黒一子を弱くすることで、辺の一子との力関係でバランスを取るつもりです。1は辺の石と離れていますが、辺の石を応援しているのです。
 
 Baidu IME_2013-11-13_11-43-37

 白が二線にいったので、黒は四線にツケました。上司の圧力に対して、白はハネると調子を与えてしまいます。2と冷静に伸び、7まで。白は右下を稼ぎプレッシャーを与え、黒は一応の治まり形を得ました。

 さて、ここで白の辺が二子、右下の黒が五子ですから、白が治まり形を作りたいところです。できれば先手を取り、上辺に回りたい。さて、次の白の一手は?

 

 Baidu IME_2013-11-13_11-47-48

 ヒントは堅いところは固めてもいい、です。


 ブログランキングはじめました。一日一回ぽちっとお願いします。

 
人気ブログランキングへ

力を抜くところ、入れるところ。

 ども~こんにちは。豆腐の角です。


 先日から名人の棋譜をうpしていて、ふと思ったのですが、皆さん棋譜並べというと最後まで並べないといけないと思っていませんか?

 私は碁を覚えて半年くらいした頃に、秀策を並べてましたが、最後まで並べた碁は殆どありませんでした。

 大体途中まで並べて、自分なりに納得いくところがあったら、崩してまた同じところまで並べ直していました。

 自分なりに納得、といっても覚えて半年くらいですから、打つ手の意味がわかったわけではありません。

 棋譜並べは一局の流れを掴むことに重きを置いています。それをなんとなくでも掴む事が大事なのです。

 
 級位者なら大体中盤まで並べるだけでも充分。いや、最初の30~50手を繰り返し並べるだけでも充分勉強になります。

 最後まで並べるのもいいですが、ヨセの碁となると250~300手超まであります。果たして集中力が保てるでしょうか?

 300手の棋譜を一局並べるよりも、序盤、中盤の30~50、50~100手くらいを繰り返し並べるほうが効率的です。


 大事なのは続けることですから。興味のあるところ、集中力が保てるラインを自分自身と相談しながら並べられると良いでしょう。

 力を入れるところは入れ、抜くところは抜く。これは決して不真面目なやり方ではありません。


 ブログランキングはじめました。一日一回ぽちっとお願いします。

  
 
人気ブログランキングへ  
 
  

 

盤上の経営者に学ぶ~秀策編 第一局「中盤」

 ども~こんにちは。豆腐の角です。


 昨日の続きです。秀策次の一手は黒1でした。二間の薄みをついた手ですね。5までのキリチガイが黒の目指していた図。

 このキリチガイの形だけ部分的にみると、石数は同じ、ダメの数も同じ、お互い一方を伸びている、ということは、部分的には互角です。しかし■に黒石が周りに控えています。

 ■は白の形を息苦しくしています。どちら側にもヒラキを与えない役割をしています。つまり前に置いた■の石を働かせているということですね。


 Baidu IME_2013-11-11_11-55-28

 この一間受けは、ある手ではありますが、周りの石を働かせていません。左辺の石が三線に打ち過ぎで、発展性もありません。

 Baidu IME_2013-11-11_11-53-51

 実践の進行です。白はもう一方を伸びてきたので、黒も2と伸びます。3と脱出しようとしますが、以下6まで。下辺と左辺に眼のない重たい石ができました。左辺と下辺の構えがあるからこそ打てる打ち方です。

 Baidu IME_2013-11-11_11-57-20

 このように今も昔も、前に置いた石を活かすことをみんな考えています。これが碁のもっとも根本だからです。

 怖いから戦わないのではなく、戦わないと効率が悪くなるから戦うという気持ちになってほしいのです。

 もちろん相手の石数が多いところで戦えば逆に効率が悪くなりますが、自分の石の多いところでは積極的に戦いましょう。
 
 自分の石数が多いところで五分五分の形になるということは、それだけで形勢を損じているからです。

 ブログランキングはじめました。一日一回ぽちっとお願いします。


 
人気ブログランキングへ  

盤上の経営者に学ぶ~秀策編 第一局「布石」

 ども~こんにちは。豆腐の角です。


 このコーナーでは、囲碁界の名人たちの碁から学んでいこうと思います。まずは棋譜並べ初心者の方にもオススメの秀策です。


 黒 安田秀策 白 伊藤徳兵衛

 この時代は小目と目外し、高目が布石によく現れます。コミもないため、白は積極的に打っています。相手にシマリを与えていませんよね。なんの変哲もない布石にみえますが、ここだけでも参考になります。白10で……

 Baidu IME_2013-11-10_13-31-25

 1と打つのは、2から4のハサミが厳しい。■二つに白の弱い石ができました。黒右辺は黒ばかりで、前図7と9と力を蓄えていたからです。

 Baidu IME_2013-11-10_13-33-36

 実戦です。また、右辺をうつなら■のように山型が理想形です。三線に二つあるので、四線でバランスをとっています。これを一路右は低すぎて発展性に乏しい。

 6とカカリを打たれたとき、これは7とハサミ関係を打つ一手。右下黒■を活かしているからです。これも山型になってますよね。ハサミを打たれた白は、辺に関所を作られたため、商売がしにくくなりました。白は左下にもぐるか、上辺に進出するよりありません。

 白8と打たれた局面。8が来たことで寂しい石は左下の黒です。さてここで次の一手問題。黒はどう打ったでしょうか?

 ヒントはいつものように、周りに置いた石を働かすように心がけることです。 

 Baidu IME_2013-11-10_13-37-51

 ブログランキングはじめました。一日一回ぽちっとお願いします。

 
人気ブログランキングへ

囲碁カフェしてきました。

 ども~こんばんは。豆腐の角です。


 今日は囲碁友さんに案内され、囲碁会を今後予定している、カフェにいってきました。

 相楽園というところで今まで囲碁会してたのですが(私が主催ではないです)碁を打ってた建物が改修工事をすることに(いつ終わるかめど立たず)

 というわけで新天地として、カフェで囲碁はどうだろう?という話になりました。
 

 ↓阪急岡本駅の近くにあるアウトドアカフェバービーバーというお店です。囲碁友さんがここのマスターとお知り合いらしいです。

 http://www.kobe-okamoto.or.jp/cafe/berver.html

 
  この看板が目印。 

 CIMG0340.jpg

 看板でメニューをみる。とりあえずここで第一感の「おっちゃんの焼きカレー」に決めました。

 CIMG0339.jpg

 これが「おっちゃんの焼きカレー」です。ドリアっぽい焼きカレーでした。サラダにのってるのなんだろうと思って食べてみたんですが、食べてもなにか分かりませんでしたwwwでも美味しかったです!

 焼きカレーはこれでもか!というほどチーズが糸を引き、カレーの味を包み込んで濃厚な味に。

 CIMG0341.jpg

 飲み物は私はしょうがのジンジャーエール、囲碁友さんはカフェラテ。なんとビーバーの絵(すいません最初ピカチ〇ウかと思いましたw)

 CIMG0343.jpg

 もちろん囲碁も打ちますよ!ビーバーさんとこは電気つけてなかったので、今日はクリスタル碁盤は出番なし。

 CIMG0344.jpg

 仕上げはかぼちゃのケーキ!今日は贅沢に!これがすごく美味しかった!ケーキはサクッとした食感にソフトな生クリームが絶妙。アーモンド(?)が香ばしくまた合うんですなこれが!!!思わず恍惚の表情を浮かべてしまいました。シェフを呼び給え!と言いそうになったのは内緒。

 ケーキの隣のカップの正体はアイスクリームです。

 CIMG0346.jpg

 ほかにもお客さんいたのでカフェの内装は撮りませんでしたが、とてもお洒落なお店でした!

 しかし今日は囲碁のブログではなく、グルメリポートみたいになってしまいましたねwwまあこんな日もあっていいか(´Д⊂

 ブログランキングはじめました。一日一回ぽちっとお願いします。


人気ブログランキングへ

豆腐の本棚第十冊「ちっちゃいけど、世界一誇りにしたい会社」


ども~こんにちは。豆腐の角です。

 ↓画像クリックで詳細みれます。



会社は、人の幸せに貢献するためにある!

本書で紹介されている会社は、いずれも社員30名ほどの小さな会社ばかりです。規模は小さいけれど、学ぶべきことが多い会社、日本が誇りにしたい会社ばかりです。

 もっとはっきり言えば、利益や採算は二の次で、本当に困っている人のために、なくてはならない製品をつくり続ける会社。地球環境や地域社会に役立つことを一生懸命に考えて、製品やサービスを提供する会社です。愚直一筋にお客様に信頼される商品をつくり続ける会社。本当に人の幸せに役立つこと、貢献することを何よりも大切にしている会社ばかりです。

 企業から10年で9割潰れるともいわれていますが、利益を重視する会社は潰れ、こうした人のために尽くす会社は生き残っています。

 さて、私は先日この本を読み、今の囲碁界はこの温かみ、お客さんのために尽くしているだろうか?と考えてみたのですが、 正直にいって、ノーと言わざる得ません。

 たとえば碁会所。碁会所は衰退していますが、それは碁を打つ人が減ったからだけでしょうか?

 たしかに囲碁を打つ人は減りましたし、ネット碁も普及しましたから、わざわざ碁会所で打つ必要はありません。
 ですが、碁会所には碁会所の魅力があるはずです。

 私の知り合いの級位者の方々は、碁会所などの生碁を打つ場所に行くと、横から口出しされたり、馬鹿にされたりと、とてもマナーの悪い人たちにひどい目に合わされているようです。 

 これはマナーの悪い人が悪いのは当然ですが、本来そういったことをされないように、席主が目を光らせてるのが本当です。

 ハガシ禁止、口出し禁止、そういった碁会所のルールを張り紙でもなんでもいいから明確にしてほしい。本来ハガシをしないなんて当たり前の事なのですが、あまりにもできない人が多すぎます。

 私の案としては、ハガシをしたら相手にコーヒーを奢る、ハガシ禁止!などの張り紙は子供たちに書いてもらうというのはどうでしょう。

 子供が書いた字というのは、結構破壊力があるんですよね~とくに碁会所はご年配の方が多いので効果覿面だと思います。

 誰もが気持ちよく打てるような環境を作る。そういった事ができる碁会所が生き残っていくのだと思います。

 ブログランキングはじめました。一日一回ぽちっとお願いします。

 
人気ブログランキングへ 
  

置碁の経営学~五子局の考え方


 ども~こんにちは。豆腐の角です。


 いよいよ五子局です。ここが一つの壁になる人が多いと思います。全ての辺に石がなくなった代わりに、天元に石がきました。

 五子局は天元を活かして、戦う力を試されています。黒はつながるように、相手の石は分断するように心がけるのは、どの碁でも一緒ですが、石数が少なくなってきた分、難易度が多少上がっています。

 五子局からはより効率的な手を目指しましょう。

 Baidu IME_2013-11-6_9-9-59
 
 平凡な布石。7がこの一間飛びの急所のようなものです。四線同士の組み合わせなので三線が弱点。これがあるので、左辺のようにヒラキが大きい。ですが、両辺を占めることは、交互に打つ限りできませんよね。

 Baidu IME_2013-11-7_12-13-39

 中央につながろうと1とコスミました。黒は中央につながりながら、白を下辺と右辺に分断しようという考え方です。2とツケから6まで。黒が緩んだため、白は辺に大きく構える余裕ができました。

 黒はつながっただけ、ともいえるのです。もう少し働きの多い手を打ちたい所ですね。

 Baidu IME_2013-11-7_12-16-1

 そこで1とハサミで白のヒラキを奪います。白は上にツケられると身動きできませんから、2と打つよりありません。ここで3とツケからモタレて攻める形です。7まで、ツケは相手と自分両方を強くする性質があります。この場合、下辺の白は強くなりましたが、7に石がきたことにより、スミに眼ができました。

 今戦っているのは右辺の白と右下の黒です。右下の黒が生きれば、白だけが眼のない石なので一方的に責められます。
 
 Baidu IME_2013-11-7_12-21-56

 8には9。aのキリがあるため、10が省けません。13まで。白が一方的に眼がない形。次にAとBが見合いです。Aは単純に大場として大きく、Bは「耳」という石の急所です。ここに打たれると白がいっぺんに眼のない形になります。

 Baidu IME_2013-11-7_12-28-3


 このように、ただ繋がるだけでなく、相手を攻めながら繋がることを意識しましょう。

 ブログランキングはじめました。一日一回ぽちっとお願いします。

 
人気ブログランキングへ
プロフィール

豆腐の角

Author:豆腐の角
ども~こんにちは。豆腐の角と申します。

棋力は東洋囲碁八段~九段を行ったり来たり程度。兵庫県を中心に、関西で囲碁を教えて生活しています。

現在の所、ネットはカフェトークをhttps://cafetalk.com/tutors/profile/?id=36141&lang=ja参照ください。

リアル個人指導一時間2500円。棋譜添削は三局分を簡単にまとめたものを千円でやっています。(需要の状況により、値上がり変更があるかもしれませんが、ご了承ください)
入門は30分500円から。お気軽にどうぞ。

カフェトークはちょっと無理!でも豆腐は信頼できる!という方は、豆腐とご相談で直接やりとり契約もおkです。生徒さんとの信頼の元やらせていただいております(´・ω・`)

 

みくろっく

みくろっく
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
囲碁

FC2Blog Ranking

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
790位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
161位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム