囲碁の基本って結局なんなのか?


 ども~こんにちは。豆腐の角です。

 私は中学生三年の頃、すごく伸び悩みました。で、よく棋士の先生に言われたのが……

 「基本がわかっていない」

 うん、それはわかった。じゃあ囲碁の基本ってなんなんですか?そう聞いても、誰も答えられない。

 定石?手筋?読み?攻め?守り?

 どれも基本だということに間違いはなく、でもどこか、何かが違うような気がします。

 私は「会話するように考えること・考え方」が基本かなと思っています。

 どんなに定石を覚えても、意味が分かっていなければ正しい使い方もできません。

 意味がわからず会話するって、なんでも「yes!アハーン!?」だけですまそうとする日本人と同じです。

 定石はチャット会話でいえば、定型文です。定型文なのでキーボードを打ち込まなくてもいい。つまり楽はできますが、意味と使い方を間違えたまま使っても会話は上達しません。

 碁を打つのはみなさんプレイヤーです。定石が打つわけではありません。

 言葉を発するのは誰の口?私や貴方、みなさんのお口です。言葉は何のためにありますか?

 自分の言いたいことを伝えるためのものですね。

 では会話は?自分の主張くを言う・相手の主張を聞くことですね。

 定石も大事ですが、まずは何がしたいのか?っていう気持ちと、相手の気持ちを考える事。

 それを持ってからなら、じゃあどういう定石を覚えたら自分の主張を伝えやすくできるか?といった事を考えることができます。
 
 自分の主張と合った定石を選ぶことができるということですね。

 囲碁は自分の主張・相手の主張のぶつかり合いです。つまり意思のぶつけあい。

 意思なき所にいくら詰めこんでも楽しくない上に上達も遅くなると私は思います。

 手筋も、読みも、攻めも守りも、何をしたいのか?という所に根本があります。意思を持つことが基本ではないでしょうか。

 ブログランキングやっています。一日一回ぽちっとお願いします。

 
人気ブログランキングへ 
 





   







 



 
 
  

  

 

   



 

スポンサーサイト

システムを作る者が勝つ~「発想」を作るシステムを作れ。


 ども~おはようございます。豆腐の角です。

 いまから京都の囲碁会へ行ってきます。

 よく聞く言葉に「この局面でどう打てばいいですか?」

 というのがあります。ごくありふれた質問ですね。

 これを聞くのはいいのですが、これだけでは質問者としてはマダマダです。

 先生が「こう打つと思います」と手をみせてくれる。これになるほど、で終わらない。

 どうしてその発想が容易に先生の中で生まれるのか、それを聞かないといけない。

 考え方が容易に生まれるシステムが強い人ほど多く、そしてしっかりとできています。どうしたらそのシステムが自分にもできるか?自分が先生から盗めるか?を考えないといけません。

 一度構築された「考え方」というシステムから「発想」という製品を生むのは、流れ作業の工場のようにポコポコ作られていくのと一緒で簡単です。

 じゃあ私も、その会社のシステムを知れば同じものが作れるんじゃ!

 そうならないといけない。

 その局面の最善手だけみればいい、これはその場だけで終わってしまいます。ですが、どうやってその発想に至るのか、考え方を知り、システムを構築すれば、あらゆる局面で応用が利きます。

 たとえば、この局面でどうすればと聞かれて、「こう打ちます」とだけ答えるとします。その手を見ただけであなたは納得します。

 厚みに近寄らないからここなんだという事が大事なのに、ただその場のいい手だけ聞いただけで満足する、これでは肝心な事がわからないままです。

 ビジネスの世界ではシステムを作った人が勝ちます。流れ作業の派遣社員より、派遣社員が毎日作っている製品のシステムを作れば、大金持ちなのは間違いないです。

 囲碁の技術も、おんなじことです。システムを自分の中に作りましょう。

 ブログランキングはじめました。一日一回ぽちっとお願いします。

 
人気ブログランキングへ












 
 

勝ち=強くなった=×できる事が増えた=強くなった=○


 ども~こんばんは。豆腐の角です。

 なんかFC2のミスで一時的にうちのブログ凍結されてたらしいです。今みなさんみれますよね?




 さて、今日は強くなった=勝てるようになることという幻想をぶち壊します(?)

 まあ正確には、半分正解、半分間違いってとこなんですけどね。

 RPGゲームであれば、レベルが上がれば相手に勝てるようになるので、非常にわかり易いですね。 でも囲碁の場合、まあほかの事でもそうなんですが、勝ち=強くなったではないんです。

ゲームの敵キャラなら、ステージを変えない限り敵のレベルは変わりません。よってこちらがレベルを上げれば絶対勝てます。

しかし、囲碁の場合は相手も実力が変わりますし、運もありますし、体調にもよります。囲碁の強くなった基準を勝敗だけで決める事はとてもナンセンスです。

だから勝っても充実感がないなんて思ったことありませんか?勝っても強くなった気がしないと思ったことはありませんか?
勝敗で強くなった弱くなったって虚しくなりません?それで考えている限り苦しみは続きます。
 
では囲碁が強くなるってどういう事でしょうか?どうすればわかるんでしょうか?
もっともっと、曖昧にせずに具体的に考えていきましょう。




 囲碁が強くなるということは変わることと昨日言いましたが、「できることが増える」ということでもあります。

 ただし、できることが一つ増えたからって、勝ちにすぐ結びつくとは限りません。上手の人に強くなってるよ、って言われるけど自分では成績上がってないし、どこが強くなっているかわからないっておもったことありません?

 それって上手の人ができるようになった所をみているからなんですね。

 でも、囲碁は一つ出来るようになったからって、それで勝てるわけではありません。できることを一つ一つ増やして、いっぱいにして初めて勝ちに結びついていきます。



 別の世界、テニスで例えてみましょう。

 テニス入門者の人が、初級者~中級者の人に勝つためには出来ることを増やさないといけません。

 試合をワンゲーム行うだけの体力、サーブ、ボレー、ラリー、ほら、一個できたからって初級者には勝てないですよね。

 体力や、ボレー、サーブといったことを身につけないと勝てません。

 囲碁も一緒です。

 だから勝敗にこだわるのはやめましょう。それは地獄行きの切符です。出来ることを増やしていくことを考えましょう。そうすれば碁がもっと楽しくなりますよ。

 ブログランキングはじめました。一日一回ぽちっとおねがいします。

 
 
人気ブログランキングへ




 
 
  




  

強くなる=変わること。


 ども~こんばんは。豆腐の角です。

 強くなる事ってどういうことか、皆さん考えたことあるでしょうか?

 具体的にモノを考えるっていう癖をつけておく事を私は心がけています。皆さんにとって強くなるってどういうことでしょうか?

 勝てるようになること?これは半分正解半分間違いですね。

 強くなるという事は、変わることです。

 今までの自分が出来なかった事ができるようになった、これも強くなったということであり、以前と変わった、ということがわかります。
 
 変わるということは、以前までの考え方を捨てて、新しく生まれ変わるということです。

 今の考えに囚われ、その考えに固執しつつ布石がどうの、詰碁がどうの、定石がどうの……これではちびっとずつしか強くなれません。

 碁がもっとも大きく成長するその可能性を秘めた考え方が「変わる」ということです。

 てっとり早く強くなりたければ、今までの自分と逆の自分になればいいのです。対極にある言葉を探すように。
 
 私は現役の頃、囲碁ノートを書いていました。皆さんはそこまでしなくてもいいですが、今の自分をメモでもいいから書き出してみてください。

 長所・短所・できることできないこと。

 これを書いて、その逆の自分になると、それは明らかに「変わる」ことです。

 もちろんいい事を変える必要はありません。まあ長所が伸び悩みの原因でもあるので、強い人にみてもらってアドバイスをもらうのも手ですね。

 なんでもいいんです。たとえば置碁で守って守って勝とう→攻める事を意識しよう。これ考え方かわりましたよね。上手が怖い→怖くならないようにしよう、これかわりましたよね。

 多くの方が定石や詰碁・中盤が強くなれない原因のせいにしている。もっと考え方をシンプルに。なにが必要なのかを考えましょう。

 変わるということは今の自分を捨てることですから、怖いかもしれません。ですが、変わらないまま強くなろうとすることは本当に雀の涙ほどしか強くなれません。

 囲碁にどれだけ時間を費やしたか、ではありません。如何に自分と向き合ったか、が大事なのです。だから私が教えた生徒さんで自分と向き合った人は早い人で一日で周囲から碁が変わったといわれるようになりました。

 大事なのは費やした時間ではありません。どう考えてどう行動するかです。

 ブログランキングやっています。一日一回ぽちっとおねがいします。
 
 
人気ブログランキングへ



囲碁との向き合い方~気持ちはすぐ切り替えられる。


 ども~こんにちは。豆腐の角です。


 昨日久しぶりに十九路盤で二局打ったあとに、TPPの本なんて読んだものだから、更新が遅れてしまいましたw(/ω\)

 急に囲碁は上達しませんが、気持ちはすぐ変えることができます。やる気が出ない時、ワクワクする話を聞いたら、なんだか急にやる気でてきた!っていうことありませんか?


 囲碁は訓練を積まないと強くなりませんが、気持ちの切り替えには訓練は必要ありません

 気持ちの切り替えには「楽しい事や話を見つける」「集中」が大事になってきます。

 集中することで嫌なこと、嫌なイメージを外に出すことができます。嫌なことがあったとき、テレビゲームでもして気分を晴らすか~っていうのも、テレビゲームに「集中」することで嫌な気持ちを切り替えています。

 このように「集中」は好きなことに没頭するだけでなく、気持ちの切り替えにもつかえるのです。


 ちなみに私は料理で気持ちの切り替えをしています。集中しないと怪我をしますし、いい気分転換になります。


 「集中」と「楽しい事を探す」これを意識されることは、普段の勉強と同じ、いや、むしろそれ以上大事なくらい大切です。

 楽しくない状態で勉強するのと、楽しい状態で勉強するのとでは、吸収する密度が違います。


 ブログランキング始めました。一日一回お月さんをぽちっとお願いします。

 
人気ブログランキングへ
 
プロフィール

豆腐の角

Author:豆腐の角
ども~こんにちは。豆腐の角と申します。

棋力は東洋囲碁八段~九段を行ったり来たり程度。兵庫県を中心に、関西で囲碁を教えて生活しています。

現在の所、ネットはカフェトークをhttps://cafetalk.com/tutors/profile/?id=36141&lang=ja参照ください。

リアル個人指導一時間2500円。棋譜添削は三局分を簡単にまとめたものを千円でやっています。(需要の状況により、値上がり変更があるかもしれませんが、ご了承ください)
入門は30分500円から。お気軽にどうぞ。

カフェトークはちょっと無理!でも豆腐は信頼できる!という方は、豆腐とご相談で直接やりとり契約もおkです。生徒さんとの信頼の元やらせていただいております(´・ω・`)

 

みくろっく

みくろっく
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
囲碁

FC2Blog Ranking

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
629位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
132位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム