欠け眼発見法はダメにあり。

 
 ども~こんにちは。豆腐の角です。


 以前にも書きましたが、最近私はインストラクターとして活動するようになりました。

 現在は初級の方を教えさせていただいます。というわけでたま~に初級者の悩みを解決!……できればいいな~みたいな感じの記事を書いていこうかなと思いますw

 今回は「欠け眼の発見法」です。欠け眼に気づかない人が実は結構いらっしゃるようなので、ちょっと私なりの判断法を考えてきました(´∀`)といってもすごく単純なんですけどね~

 
 その前に欠け眼とはなんなのか、という事をおさらいしましょう。欠け眼とはダメが詰まることでアタリになって眼を潰さないといけない形のことです。↓の図で検証しましょう。

 Baidu IME_2013-12-1_12-22-50

 まず右側の眼は本物です。周りのダメをつめても、アタリになりません。白が自らAに眼を潰す必要がないからです。

 Baidu IME_2013-12-1_12-22-59

 左側の眼を調べるには、左側の眼の形を形成している、□の石のダメを詰めればわかります。×のようにダメが詰まるとアタリになるため欠け眼だとわかります。

  Baidu IME_2013-12-1_12-23-30

 つまりこういう形で眼が本物かどうか見分けるには、「眼を形成している石の周りのダメをすべて詰めたものとして想定する」ことがもっとも簡単な欠け眼発見法です。
 
 Baidu IME_2013-12-1_12-23-20

 前回のダメの重要性でも述べましたが、ダメを意識されるだけで碁が変わります。もちろん何度も繰り返ししなければ身につきませんが、それだけの価値がある考え方です。

 ブログランキングはじめました。一日一回ぽちっとお願いします。

 
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

ダメの数の重要性

 ども~こんにちは。豆腐の角です。

 
 最近私はインストラクターとして活動していますが、初級者の方の悩みが、「当たりに気づかない」ことのようです。

 そういう方には、私はダメの数を数える事をオススメしています。ダメの数とは、石を取るための手数のこと。たとえば△三つの白石を取るためにはダメを二つ詰めないといけません。

 このダメの数を数えると、危ない石と危なくない石に気づきやすくなります。アタリはダメの数が一手の形にすること。つまり「ダメの数が二つのところは要注意」ということがわかります。


 Baidu IME_2013-11-29_10-21-17

 ダメを数えると、取られている石を必要以上に助けようとする思考もなくなります。△の黒石はダメが二つ。△の黒石を助けようとするには、■の白石を取るよりありませんが、白はダメが二つあります。ということは△は取られているということですね。

 Baidu IME_2013-11-29_10-21-40

 また、級位者によくあるアタリに突っ込む事も少なくなります。たとえば△の黒石のダメは二つ。ということはもう一つダメが詰まったら取られるということがわかります。すると1は自分から自分のダメを詰めてしまってアタリに突っ込んでいるということがわかります。

 これだけでもミスが減ります。
 
 Baidu IME_2013-11-29_10-21-49

 1と切ってきました。こういう時も落ち着いてダメの数から確認しましょう。黒はダメは△2つ。白は■2つ。つまり早い者勝ちです。次は黒番ですから、黒のほうが先に白石を取れてなにもない事がわかります。

 Baidu IME_2013-11-29_10-22-0

 上手の手に震えることも減ります。たとえばAとダメをつめたとき、みなさんは上手の手だからと、守られているのではないでしょうか?

 しかしダメの数を冷静に数えると、黒三つの石はダメが三つ。二手連打されないとアタリになれません。つまり余裕があることがわかります。

 Baidu IME_2013-11-29_10-22-10

 
 ほんのちょっとしたことですが、これを意識するかしないかでちょっとしたミスが大きく減るとおもいます。みなさんも石が混み合ってきたら是非使ってください。

 ブログランキングはじめました。一日一回ポチッとお願いします。

 
人気ブログランキングへ

囲碁の経営学~根拠について2


 ども~おはようございます。豆腐の角です。


 昨日に引き続き、例題を見ながら根拠の理解を深めていきましょう。

 ↓黒番です。根拠のない石はどこにあるでしょう?次の一手は?

 Baidu IME_2013-10-22_9-18-30

 黒1が白の根拠を奪う好手です。白の生きるスペースを与えず、右上の黒地がかたまり、中央に追い出すことで3,9に石がきて、上辺の白模様を牽制しています。しかも白はまだ生きていないので、下辺に打ち込みづらい。1の一手は一石二鳥、いや四鳥くらいありそうな手だったんですね。

 Baidu IME_2013-10-22_9-20-31

 1と下辺から模様を広げるのは良さそうですが、失敗。白2と打たれ、根拠を得て楽をさせています。右辺の白が生きると、下辺のA、Bなどが打ちやすくなります。

 Baidu IME_2013-10-22_9-23-34
 
 このように根拠に関する手は一石二鳥以上の手になりやすく、盤面最大の手となる可能性が高い手です。

 是非普段の対局で「根拠」を意識して碁を打たれることをおすすめいたします。

 ブログランキングはじめました。一日一回ぽちっとお願いします↓

 
人気ブログランキングへ

囲碁の経営学~根拠について。


 ども~こんにちは。豆腐の角です。


 囲碁には「根拠」というものがあります。根拠とは生きがあるかどうか?という意味で、根拠のない石とは、生きるスペースがない石、根拠がある石とは、生きるスペースが大体ある石です。

 実はあまり誰も話されませんが、この根拠という手は盤上最大の手になる事が多いんです。よく次の一手問題で、急場といわれる手は大抵根拠の手です。強い人ほどこの根拠の感覚に優れています。

 
 

 さて↓黒番です。根拠のない石は?


 Baidu IME_2013-10-21_14-3-53


 ↓当然の黒1二間開きです。ここに根拠がありませんでした。ここに打つことで黒が安定し、右上の白に根拠がなく、上辺の黒は安定しているので一方的に白が弱い立場。さらに上辺が安定したことで、左上の白も三三が厳しい狙いとなっています。

 Baidu IME_2013-10-21_14-4-54

 手を抜いて下辺に打った図です。ここは小さい。2の二間ツメで黒の根拠を奪ったことで、右上の白と上辺の黒の強弱が同じくらい。4と打つことで、右上黒隅の根拠を脅し、7に打たせます。あとは14まで。

 Baidu IME_2013-10-21_14-7-58

 
 ↓下辺の■は、それぞれ根拠(生きるスペース)をもっています。強い石から地を増やしても小さかったですよね。一方、白は左上の三三の脅威が、二間にツメたことで牽制されており、ほぼ大丈夫。

右上白三角の石が強くなり、白模様ができました。弱い石から地ができると最高に効率がいいんです。しかも上辺の黒はまだ弱く、左辺と絡まられそうです。弱い石を作ると攻められ、相手に効率のいい地を作らせてしまいます。


 Baidu IME_2013-10-21_14-10-42


 根拠のない石というのは、会社の信用問題に関わるようなことです。会社は社員を雇ったらお給料をあげなければなりません。地はお給料のようなもの。根拠のない石とは、会社からお金がもらえない状態です。

 そのまま根拠のない状態が続くと不良債権(取られる)になってしまいます。

 
 ブログランキングはじめました。一日一回ぽちっとお願いします。


  
人気ブログランキングへ

囲碁の経営学~ケイマにツケコシからみるキリチガイ


 ども~こんにちは。豆腐の角です。

 
 いや~昨日はまいりました。まさかのギックリでしたね(/ω\)まだ痛いですが、ブログを更新するくらいには回復しましたww

 
 ケイマは相手の石に対して圧力をかけるなど、攻めに対して有効な手段です。一間飛びよりも攻撃性が強い分、一間飛びより切られやすい弱点があります。

 Baidu IME_2013-10-3_9-34-27

 ↓切りにいくなら1、3ですが、すぐに打つのは不利です。

 Baidu IME_2013-10-3_9-36-15


 ↓キリチガイの形に黒が先に伸びている形。普通のキリチガイで互角なのに、黒が伸びているので黒有利。しかも次は黒番です。Aに打たれたらシチョウです。▲の石同士はダメが二つで互角ですが、■の黒石はダメが4つ。石数の面からもダメの面からも白が不利な戦いとわかります。

 Baidu IME_2013-10-3_9-39-31

 ↓少なくともケイマの弱点Aツケコシを打つなら、▲は絶対に必要です。大砲を撃つにも砲台がいります。■はシチョウを防ぐためにいますが、場合によってはなくてもいい場合があります。

 Baidu IME_2013-10-3_9-47-1

 
 1~3とツケコシからキリ。今度はお互いキリチガイ一方伸びよをしている形で、石数もダメも互角です。戦いでは石数とダメが重要なポイントになります。

 Baidu IME_2013-10-3_9-48-40


  ケイマからのツケコシも、結局はキリチガイの形になりますね。以前にも書きましたが、キリチガイこそ戦いの基本だということです。

 ブログランキングはじめました。一日一回ぽちっとお願いします。

 
人気ブログランキングへ
 
プロフィール

豆腐の角

Author:豆腐の角
ども~こんにちは。豆腐の角と申します。

棋力は東洋囲碁八段~九段を行ったり来たり程度。兵庫県を中心に、関西で囲碁を教えて生活しています。

現在の所、ネットはカフェトークをhttps://cafetalk.com/tutors/profile/?id=36141&lang=ja参照ください。

リアル個人指導一時間2500円。棋譜添削は三局分を簡単にまとめたものを千円でやっています。(需要の状況により、値上がり変更があるかもしれませんが、ご了承ください)
入門は30分500円から。お気軽にどうぞ。

カフェトークはちょっと無理!でも豆腐は信頼できる!という方は、豆腐とご相談で直接やりとり契約もおkです。生徒さんとの信頼の元やらせていただいております(´・ω・`)

 

みくろっく

みくろっく
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
囲碁

FC2Blog Ranking

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
848位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
180位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム