骨を鍛える~コスミについて。


 ども~こんにちは。豆腐の角です。

 今日はコスミの形について勉強していきましょう。

 足が遅いですが、コスミは間接的に繋がっているというのがメリット。またカケツギの形になりやすいという所も利点で、死活で急所になりやすく、多いに活躍します。

 Baidu IME_2014-9-27_13-20-46

 カケツギは眼ができる一歩手前の形ですから、カケツギを目指すのがいいのです。サバキシノギは斜めに石を使えというのはそういう意味。いつでもそれで解決できるほど単純ではありませんが、生きる時の目安になります。

 さて、黒番。この形、すでにカケツギができていますが……どうやっていきますか?

 Baidu IME_2014-9-27_13-27-7

 1と眼を作ろうとするのは□がいることをうっかりしています。2と打たれて困ります。6まで。これは黒死。(正確には3でT19でコウになります)

 Baidu IME_2014-9-27_13-27-58

 黒1とコスミを打つのが正解。次に二の一へ打てばカケツギの形になり、隅と中で一眼ずつできます。

 Baidu IME_2014-9-27_13-28-20

 2のアタリには3とつないで、1がカケツギにきている状態になります。AとBが見合い。Bと打てば□に眼ができます。

 Baidu IME_2014-9-27_13-28-54

 コスミは序盤でも活躍します。大昔に秀策のコスミとして打たれた手です。現代でもよく打たれております。主に位を高くする意味で、白から逆に1とカケられると、黒の位が低くなるためです。位が低くなると発展性がなくなるため、位を保つのは重要な考え方の一つです。

 Baidu IME_2014-9-27_13-30-24

 死活でよくでるコスミ、もっと勉強したいと思われた方は、こちらの詰碁単碁帳をお使いください。私が問題を担当したアプリで、無料アプリです。

 ブログランキングはじめました。一日一回ぽちっとお願いします。

  
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

骨を鍛える~一間トビの攻防~


 
 ども~こんにちは。豆腐の角です。

 今日は一間飛びの形について。

 よく打たれる手ですが、切られないと思っている人がけっこういたり。で、実戦で切られて「なんでだろう?ミステリーだ……」なんていうね(´・ω・`)
 
 一間飛びの切断具合について今日は説明していきます。

 Baidu IME_2014-9-20_14-8-1

 そもそも無理矢理切ろうと思えば、単独でも切れないことはありません。一間飛びの間に1とうって3から5と打てば、一応形は切っていますね。

 じゃあなんでこれが打たれないのか?それはいきなり切っても不利な戦いになるからですね

 6までの形は白石のが多いですし、ダメの数も白のほうが空いています。つまり白が有利な戦い。わざわざ白が有利になるような喧嘩は誰もしませんよね。 

 Baidu IME_2014-9-20_14-9-2

 しかし、周囲に援軍が構えていると、今度は話がかわってきます。

 Baidu IME_2014-9-20_14-9-54

 黒1の割り込み、白2には黒3とつないで、5と切る。今度は周囲が黒なので、これは黒大成功の切りですね。

 Baidu IME_2014-9-20_14-10-17

 より実戦に出てきそうな飛びあいの形です。黒1と割り込みました。これは?
 
 Baidu IME_2014-9-20_14-12-39

 黒石多いですが、やや薄い。5の後、6と出られて10まで。これは脱出されてイマイチですね。

 Baidu IME_2014-9-20_14-13-24

 9と打つ手はあります。10の取りに11と抑えて無理矢理押さえ込もうという手。黒はAなどの切りからコウに持ち込まれる不安がありますが、コウ材が多ければ、ここで碁が終わりそうですね。

 ということでこの形は一応筋としては成立しますが、やや不安も残るので注意、というところでしょうか。

 

 Baidu IME_2014-9-20_14-14-12

 
 このように一間飛びは周囲の状況できることができます。しかし一間飛びを囲んだ周囲が薄いと、反撃を食らうので注意が必要です。

 ブログランキングはじめました。一日一回ぽちっとお願いします。

 
人気ブログランキングへ

骨を鍛える~トビマガリとその攻防。


 ども~こんにちは。豆腐の角です。

 今日のテーマ図はこちら。

 白□の三間飛びの間を黒が飛んでる形。ここで白番だと……

 Baidu IME_2014-9-16_13-31-32

 下にツケるのが一つの筋です。

 Baidu IME_2014-9-16_13-32-11

 渡られるのは癪ですから、2とハネますが、3の切りから7まで。黒の一間飛びが切られ、黒が悲しいことに。

 Baidu IME_2014-9-16_13-31-52

 黒番だとここに黒1と打つのがトビマガリという手筋であり、一つの形です。この手の意味は単純に封鎖という意味と……

 Baidu IME_2014-9-16_13-33-8

 2のツケが打てなくなる意味があります。2とツケて同じようにすると、9の切りがAで取る手段を作っています。AとBで生きる筋が見合いで、白困っています。

 黒1のトビ、□の黒二つ。どれもなくてはならない石になっていますね。無駄な石がなく、効率良く働いている証明です。

 Baidu IME_2014-9-16_13-34-25

 白2が気になる人がいるかもしれませんが、こういうのは筋が悪いんです。

 Baidu IME_2014-9-16_13-35-12

 ふつうに3と繋いで、黒がしっかりし、7まで。白は2、4の石がダメ二つで非常に脆い。対する黒はというと、手数が長そうですし、外側ですから逃げ道があって攻めあいにすら持ち込めそうにありません。

 このノゾキから切りを狙うのは、相当周りがしっかりしていないと打てない手です。自分のダメが詰ってしまいますので。

 Baidu IME_2014-9-16_13-35-54

 トビマガリを打てばツケがなくなるという事が今日のポイント。テーマ図のまんまでるかはわかりませんが、色んな状態でしょっちゅう出るので、実戦にすぐ役立ちます。

 ブログランキングはじめました。一日一回ぽちっとお願いします。
 
 
人気ブログランキングへ 

骨を鍛える~三目真ん中の急所


 ども~こんにちは。豆腐の角です。

 きょうは三目の真ん中の形を学んでいきましょう。

 そんなに難しくありません。↓以前やったこの形の親戚ですから。

 Baidu IME_2014-9-1_12-56-8

 これが三目の真ん中で、前図の急所と同じで切りを狙っています。前図違うのはAとB二つ切る場所があるということ。見合いになっているので、より厳しい。

 ポイントは×に石があるということ。ここにある石を除けてみてください。白を切れなくなりますから。

 Baidu IME_2014-9-13_12-15-26

 たとえば黒1は三目の真ん中に打っていますが、効果は薄いです。×に石がありませんからね。切る場所が一つしかありません。すると白2と形よく守られてしまい、次にいい手がありません。

 Baidu IME_2014-9-13_12-20-54

  しかしこの場合は……

 Baidu IME_2014-9-13_12-23-11

 厳密には三目の真ん中ではありません。三目の頭両方ダメあいてますから。でもこの場合はツケコシを狙って形を崩す好手なんですね。

 Baidu IME_2014-9-13_12-23-26

 白2とツケてくれば、こないだ載せた筋場理論で出てきた形を使います。9まで白の形を崩しつつ、左下の黒を固めます。

 Baidu IME_2014-9-13_12-25-0

 だからといって、白2のような手はただ繋がっただけ。黒3とトビで補強し、白だけ弱く攻められる展開です。

 Baidu IME_2014-9-13_12-25-30

 実戦でしょっちゅう出てくる形ですので、是非頭の片隅にいれておいてください。

 ブログランキングはじめました。一日一回ぽちっとお願いします。

 
人気ブログランキングへ

骨を鍛える~筋場理論について2


 ども~こんにちは。豆腐の角です。

 まず昨日書き忘れた図を。

 黒が筋場へうった図です。黒1と自分が筋場へ打つのは、白がいる所で蠢くわけですから、自然と黒のダメがつまり、身動きがしづらい。図は全然だめ。

 3で4と出ても切られて困ります。

 Baidu IME_2014-9-8_13-41-27

 さて、では新しい図をみていきます。といっても考え方は同じ。

 白の星に黒がカカリ、白が下がって、ツケて黒ハネた所。×の所が空き三角になるダメ場。さてこれを利用して一歩飛躍した考え方をもちたい。

 Baidu IME_2014-9-9_12-57-30

 ツケノビが頭に浮かぶ人が多いでしょうが、この場合は白1とハネるのが手筋。プロの棋譜でもよくでる手です。

 切りが残って怖そうですが、むしろ白としては切って欲しいんです。
 
 Baidu IME_2014-9-9_12-58-9

 黒が2と切りに対し、3で4に繋いじゃダメですよ。当然3とこちらからアタリを打つのが手筋です。黒4と抜きますが、筋場に石がいっているのがわかります。

 黒に筋場へいってもらう手筋なんですね。ぽん抜きは黒が強くなるのですが、左下の白二子も強く、黒は壁にむかってぽん抜いた理屈で厚みとしてあまり機能しません。つまりぽん抜きの効果が半減しているといえるでしょう。

 Baidu IME_2014-9-9_12-58-42

 黒1つなぎには白2とつなぎます。無駄のないすっきりとした形で左辺を固めることに成功しました。

 Baidu IME_2014-9-9_13-0-26
 
 さて、筋場についてはまだ語り足りないんですが、奥が深いのと資料不足なので、最後に一つだけ。

 黒1は白の筋場へ打った手ですが、この場合好手です。白を分断し、三子がほぼ落ちています。

 このように筋場理論が通用しない考え方の所も結構あります。(注:私が筋場を理解してないだけで、創始者の依田先生はすべて説明できるのかもしれません)

 なんだ、全然ダメじゃないか、と思ったあなた。世の中なんでも切れるハサミなんてありません。ハサミじゃ岩は切れないですよね。

 料理でもそうですが、この料理にはこの道具を、っていうのあるじゃないですか。あれと同じ。このときはこの理屈で考えようとか、そういう考え方の幅を広げることが大事だと思います。

 Baidu IME_2014-9-9_13-2-5

 出刃包丁には出刃包丁で切れるものを。っていう感じですねはい。依田先生が筋場を詳しく書いた書籍を早く発売してほしいものです。

 ブログランキングはじめました。一日一回ぽちっとお月さんクリックきぼんぬ!

 
人気ブログランキングへ   
プロフィール

豆腐の角

Author:豆腐の角
ども~こんにちは。豆腐の角と申します。

棋力は東洋囲碁八段~九段を行ったり来たり程度。兵庫県を中心に、関西で囲碁を教えて生活しています。

現在の所、ネットはカフェトークをhttps://cafetalk.com/tutors/profile/?id=36141&lang=ja参照ください。

リアル個人指導一時間2500円。棋譜添削は三局分を簡単にまとめたものを千円でやっています。(需要の状況により、値上がり変更があるかもしれませんが、ご了承ください)
入門は30分500円から。お気軽にどうぞ。

カフェトークはちょっと無理!でも豆腐は信頼できる!という方は、豆腐とご相談で直接やりとり契約もおkです。生徒さんとの信頼の元やらせていただいております(´・ω・`)

 

みくろっく

みくろっく
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
囲碁

FC2Blog Ranking

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
436位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
78位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム