勝負師の心構え②~内容・結果は自分の責任

 ども~こんにちは。豆腐の角です。


 子供の頃、碁会所に通っていた時のことです。

 AさんとBさんが対局していました。Aさんは白で、20目くらい優勢でした。

 碁も終わりかけ、小寄せに入ったとき、Bさんが失着を打ちました。完全な黒地だった所が手になる状態に。

 すかさずAさん、黒地の中へ打ち込んで手にしました。するとBさんが怒りました。


 「あんた、形勢いいのになんで入ってくるんだ!」と。


  横で聞いていた私は、正直意味がわかりませんでした。べつに入っちゃいけないというルールなどありませんし、今の盤上の状態を作ったのは黒のBさんの責任です。

 それにAさんは目算が苦手でした。後で聞いたら形勢がそこまでいいとは思っていなかったそうです。そう認識していたAさんに批難を向けられるのはお門違いです。(形勢判断うんぬん関係なくお門違いですけどねw)

 ということで、手になるところを手にしてなにが悪い?ということです。手になるような間違った手を打ったのは本人の責任。

 100目勝っていようが、200目勝っていようが、勝負は終局するまで分からない。トドメは刺せる時に刺すべきです。

 今でもなんの責任もないAさんのことを気の毒に思います。

 
 わたしが囲碁のもっとも素晴らしいと思うところは、すべての結果・内容は自己責任であるということです。
 碁は好きなところに打っていい。天元でも一の1でも。ただし、結果は自己責任です。

 失着を打って、全滅しても人のせいにしてはいけません。「なんでボコボコにするんだ!」ではなく「なんで全滅したのか、どこが悪かったんだろう」と自分自身を振り返なければいけません。相手はただ下手の手を咎めただけです。咎められるような手を打った本人が悪い。

 むしろ咎めてくれることを喜ばなくては。咎めて間違いに気づかなければ、悪い手をいつまでもいい手と思ってまた打つことになりますから。

 

 誰のせいにもできません。その手を選んだのは本人なのですから。

 
 
 あ、最後にひとつ。優勝したいがために、大会などで段級位をあからさまに低く申し込む人がいるんですが、これも自己責任です。

 そういうことをすれば、大会側にも目をつけられますし(翌年とかほかの大会でも)周りの参加者の方からも白い目でみられるようになりますし、噂が広がって、普段通っていらっしゃる碁会所などで相手をしてくれる人がいなくなったり。

 そういう可能性も含めて自己責任です♪゚+.o.+゚♪゚+.o.+゚♪

 ブログランキングはじめました。一日一回クマさんをぽちっとおねがいします。

 
 
人気ブログランキングへ   
   

 

 

 
スポンサーサイト
プロフィール

豆腐の角

Author:豆腐の角
ども~こんにちは。豆腐の角と申します。

棋力は東洋囲碁八段~九段を行ったり来たり程度。兵庫県を中心に、関西で囲碁を教えて生活しています。

現在の所、ネットはカフェトークをhttps://cafetalk.com/tutors/profile/?id=36141&lang=ja参照ください。

リアル個人指導一時間2500円。棋譜添削は三局分を簡単にまとめたものを千円でやっています。(需要の状況により、値上がり変更があるかもしれませんが、ご了承ください)
入門は30分500円から。お気軽にどうぞ。

カフェトークはちょっと無理!でも豆腐は信頼できる!という方は、豆腐とご相談で直接やりとり契約もおkです。生徒さんとの信頼の元やらせていただいております(´・ω・`)

 

みくろっく

みくろっく
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
囲碁

FC2Blog Ranking

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
629位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
132位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム