おすすめ書籍紹介「囲碁手筋基本のキ。相手の弱点を見抜く手筋」


 ども~こんばんは。豆腐の角です。

 久しぶりに本屋にいくと、色々な発見があります。囲碁以外でもね。

 今日のおすすめ書籍はこちら。

 

 吉原ゆかり先生、王唯任先生の著書です。ちなみに本の構成は王先生の奥さま担当(だったはず)

 前回の基本の手筋、基本のキの続編ですね。今回はダメヅマリをテーマにされています。

 以前私がこのブログでやっていた弱点を発見する問題シリーズとほぼ同じですね。昔からこういう問題を本にする先生いないのかなーと思っていたのですが、ようやく時代が私に追いつきました。(ちがw

 詰碁や手筋の問題っていうのは、ここに何かがあります、って教えてくれています。しかし実戦では教えてくれません。

 この本での問題はどこに危ない石があるのか?を自分で見つけないといけません。

 危ない石の発見の基本は、ダメが詰まっている石を見つけること。

 強い人ほどダメヅマリに敏感であり、警戒しています。石をひっつけてこられた時、「あ、ダメがひとつ詰まった」すぐには何もなくても、必ず意識しているものです。

 ダメヅマリについては当ブログのキリ違い先生をご参照くださいませませ。

 今回もいいお仕事、みさせていただきました!
 
 今回から書籍紹介に僭越ながら★マークをつけさせていただきます。5ツ星が最高でございます。

「囲碁手筋基本のキ」 ★★★★★
  
 級位者向け。しかし有段者でも解いて損はなし。当たりをうっかりする、キリをうっかり。そういう人におすすめの書籍です。

 ブログランキングやってます。一日一回ぽちっとおねがいします。

 
人気ブログランキングへ





  




  



スポンサーサイト

囲碁手筋基本のキ(オススメ書籍紹介シリーズ)


 ども~こんばんは。豆腐の角です。

 久しぶりにこないだジュンク堂寄りました。

 私の趣味は入門書やいい本を見つけて参考にすることです。教えるときに使えますからね。

 今日紹介する本は7月25日発売の「囲碁手筋基本のキ」吉原ゆかり・王唯任著です。

 

 世界一やさしい詰碁と手筋に次ぐ良書だとおもいます。

 問題の本でいい本っていうのは、誰もが素通りしてしまうような基礎基本を問題にしている本です。

 っていうのは、大半、強くなっている人は簡単な所など「打っているうちにいつの間にかそれが当たり前になっていた」 っていう事になりがちで、どこを問題としていいのか分からない、なんでそこがわからないの?って思ってしまう……

 そうなりがちなんです。特に級位者の時代が短いプロなどは。

 しかしこのお二人はアマチュア指導歴が長くアマの気持ちがよくわかっていらっしゃるので、こういう良書が生まれるんですね。

 いやー久しぶりにいい問題集でした。 
 
 ブログランキングはじめました。一日一回ぽちっとお願いします。

 
人気ブログランキングへ 

棋書新刊特集


 ども~こんばんは。豆腐の角です。

 今日は書籍紹介を久々に。

 「手厚さの罠」王立誠著5月15日発売(5月15日は囲碁の日です)

 私いつも思うんですけど、棋書のタイトルとか帯の宣伝文句書いてる人って、ホントうまいなあwと思いますw

 「なぜあなたの手厚い碁は勝ちに結びつかないのか?」

 こんな書き方されたら、思わず手に取ってしまいたくなりますよねw

 出版不況の中、囲碁の本は部数が伸び続けているそうで、宣伝文句、タイトルの書き方が「罠」だなあと感じますw

 棋書出版業界の罠に引っかかってみませんかwえ?いつも引っかかってる?それは失礼しましたw
 
 
 
 二冊目は「消しの成立条件」溝上知親著。

 当ブログの模様消しの記事にすごいアクセスが入るんですよね。皆さん消しに苦労されているのかと思いまして。

 消し方を理解すると、碁がだいぶ楽になるんじゃないでしょうか。皆さん模様作られないようにしようと、深く打ち込んで責められてそのまんま負ける、っていうのをよく見ます。

 打ち込みは攻撃的な手ですが、消しは戦おうという手ではありません。境界線を一定以上に膨らませないようにすればいいだけですので。

 どちらかというと、平和条約を結びに行く感じですね。「これ以上あなたの国が大きくなると、ほかの国が疲弊します。このへんで留めてください」ってかんじです。
 
 打ち込みは読まないといけませんが、消しはわりと気楽に打てる手ですから、習得もそんなに難しくない手段です。   

 

 あ、消しのほうは6月1日発売です。Amazonで予約も承っております。予定より早くくる事も。

 ブログランキングはじめました。一日一回ぽちっとおねがいします。

 
人気ブログランキングへ


オススメ書籍紹介(有段~高段向け)


 ども~こんばんは。豆腐の角です。

 明日以降、更新できるかまったく不明です。まあ死んだわけではないのでよろしくですw

 今日のオススメ書籍はこの一冊!(画像クリックでAmazonへとびます)

 
武宮の形勢判断 (大きな字で読みやすい囲碁シリーズ)武宮の形勢判断 (大きな字で読みやすい囲碁シリーズ)
(2015/04/14)
武宮 正樹

商品詳細を見る


 これも復刻版ですね。昔同タイトルの本が出版された時、ものすごい売れてすぐAmazonで絶版になりました。

 よく売れた本って絶版になりやすいんですよね。足元を見てAmazonユーズドでは高値で売られていました(^_^;)

 地の大小よりも石の強弱・石の形でみたまさしく「形」の「勢い」判断法です。
 
 さて、明日以降に即復帰・更新できることを祈りまして……

 ブログランキングはじめました。一日一回ぽちっとお願いします。

 
人気ブログランキングへ 
   
 

一流プロ棋士たちの勉強法


 ども~こんばんは。豆腐の角です。

 今日は勉強法が書かれた本の紹介です。↓(画像クリックでAmazonへ)

 出版不況と言われている中、囲碁の書籍の売り上げはどんどん伸びているそうです。

 書籍を買う人が多いということは、伸び悩んでいる人、囲碁の勉強の仕方がわからない人が多いということです。


 
すべての囲碁ファンに捧げる究極の上達法 (大きな字で読みやすい囲碁シリーズ)すべての囲碁ファンに捧げる究極の上達法 (大きな字で読みやすい囲碁シリーズ)
(2015/02/24)
趙 治勲、小林 光一 他

商品詳細を見る


 囲碁の書籍コーナーをみると、技術的な本が多く占めています。中国流とか小林流とか詰碁とか……

 しかし、囲碁の勉強法にスポットを当てた本は殆どないのではないでしょうか。

 本書は昭和の時代を築いた一流棋士たちの、修行時代の面白いエピソードを読みながら、上達法のポイントを掴んでもらおうという本です。

 人それぞれ上達の仕方、勉強の仕方は違います。15人のトップ棋士の勉強法を自分のやり方に取り入れられないか、と気軽な気持ちで本書を読まれることをオススメいたします。

 勉強のつもり、としてではなく読み物としても面白い一冊です。

 ブログランキングはじめました。一日一回ぽちっとおねがいします。

 
人気ブログランキングへ 

プロフィール

豆腐の角

Author:豆腐の角
ども~こんにちは。豆腐の角と申します。

棋力は東洋囲碁八段~九段を行ったり来たり程度。兵庫県を中心に、関西で囲碁を教えて生活しています。

現在の所、ネットはカフェトークをhttps://cafetalk.com/tutors/profile/?id=36141&lang=ja参照ください。

リアル個人指導一時間2500円。棋譜添削は三局分を簡単にまとめたものを千円でやっています。(需要の状況により、値上がり変更があるかもしれませんが、ご了承ください)
入門は30分500円から。お気軽にどうぞ。

カフェトークはちょっと無理!でも豆腐は信頼できる!という方は、豆腐とご相談で直接やりとり契約もおkです。生徒さんとの信頼の元やらせていただいております(´・ω・`)

 

みくろっく

みくろっく
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
囲碁

FC2Blog Ranking

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
629位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
132位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム