盤上の経営者に学ぶ~「武宮自然流編」第三局ラスト


 ども~こんにちは。豆腐の角です。


 第三局もいよいよ最終回です。

 じわじわと形勢を接近させてきた白。地合いでもかなり微細です。黒は1と地でがんばってきました。本来は右上が気持ち悪いので、もっと味のいい守りが必要なのでしょうが……

 白は2~4と隅を小さくさせてから6と三三へ。これが決め手となりました。

 Baidu IME_2014-1-3_11-55-33

 気持ち悪いのは右上だけではありません。中央も相当です。仮に黒1と受けたとすると、2~6の当て込みからコウにする爆弾が残っています。黒9をて抜くと、Aでウッテガエシ。12までコウになりました。

 Baidu IME_2014-1-3_12-16-57

 そのため、黒は中央を警戒しつつ、右上を取らないといけません。4~6と巧妙に手をつけにいきます。右上で白が生きれば、これはもう完全な白勝ちですから、黒は必死です。

 Baidu IME_2014-1-3_12-1-17

 黒は必死に取りにいきます。19まで五目中手の形ですが、この形にもっていくために、黒同士の連絡が薄くなっています。 

 Baidu IME_2014-1-3_12-6-55

 1の下がりから5まで。黒を分断しました。7のオキから9のハネまでがトドメで、ここで黒投了となりました。どういうことかというと……

 Baidu IME_2014-1-3_12-13-24

 黒は助かろうと思えば、1で両アタリでなんとかなります。しかし、2と切られ、三子が助かりません。黒はダメヅマリでAにアテれないからです。三子が取られると白が生き、黒地が白地になっては黒負けです。

 Baidu IME_2014-1-3_12-14-17

 このように、厚みの碁、特に武宮九段のような碁は力がないといけません。相手が薄い手を打てばそれを咎める力が絶対的に必要になるからです。
 薄い手を相手が打ち、それを咎められないと、相手の薄い手が結果的に「正しい手」ということになってしまいます。

 悪手も咎めなければ、本来の正しい手よりいい手になってしまう事もあるくらいです。 

 ブログランキングはじめました。一日一回ぽちっとおねがいします。
 
 
人気ブログランキングへ
  
スポンサーサイト

盤上の経営者に学ぶ~「武宮自然流編」第三局 2-3

 ども~豆腐の角です。


 ちと間が空いてしまいましたが、前回の続きです。

 
 白の次の一手はキリでした。中央がまだ安定していません。ここをいくよ?くるよ?とプレッシャーをかけながら全体を攻めます。

 Baidu IME_2013-12-31_12-26-38

 黒は1とノビ、白は4アテまで決めて放置。え?このまま取られていいの?と思われるかもしれませんが、いいのです。白の狙いは中央を攻める事だけを考えているのではなく、イヤミを残してほかで儲ければいいという考えなのです。また、AとBが引っ張りを狙った白の利き筋。それだけでも左辺に+です。

 白6とツケ、左辺を大きくしながら下辺にも圧力をかけます。このようにただ模様を広げるのではなく、相手に響く手を打ちながら広げるのが理想です。響く手を打てば相手は応対しないといけませんからね。

 Baidu IME_2013-12-31_12-29-24
 
 前図ABなどが効いていると、うかつに1など打ち込みができません。2に対して黒は受けないといけません。すると連絡網が黒にはありませんよね。弱い石や、気持ちの悪い形を残すと、このように後々思いっきり打てなくなってジリ貧になってしまうのです。

 Baidu IME_2013-12-31_12-31-30

 実戦です。黒はそのため1と手厚く補強しました。実はこれでもまだ中央は気持ち悪いのですがw白は2を決め、4と手を抜いてこられた所に打ちました。5と入って隅は生きましたが、10まで一目取って左辺はかなり立派な厚い地です。もう地合いもよくなったかもしれません。
 
Baidu IME_2013-12-31_12-34-21

 このように、社長(黒中央)の弱みを握った半沢直樹(?)は、それを利用して各所でポイントを上げました。ただ攻めるのではなく、全体を使ってギシギシ攻めていく。こんな攻め方も囲碁にはあるのでした。

 ・・・・・・・ん~この社長さん、胃に穴が空きそうですねw


 次回第三局最終回です。


 ブログランキングはじめました。一日一回ぽちっとおねがいします。

 
人気ブログランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

盤上の経営者に学ぶ~「武宮自然流編」 第三局 2-2


 ども~こんにちは。豆腐の角です。


 雪崩のように下辺へ圧力をかけ厚みを作った白ですが、今度は黒が技を見せます。黒1がケイマの間を狙った好手。サバキや凌ぎは、相手の弱点を突いていく事を考えると効果的です。

 3は中央のぽん抜いた白を弱体化、5は右辺の白が凝り固まって強い石なので、固めてもいいという意味です。強い石がさらに強くなっても大したことないのは何度も書きましたね。


 Baidu IME_2013-12-29_12-20-32

 1とハネ2にツナギ、3の押さえで黒一子を取り込もうとしました。が、黒4がまたうまい手。Aの出切り、BとCのワタリの三方にらみです。

 Baidu IME_2013-12-29_12-26-45

 一番やられたらきつい出切りを1とタケフで防ぎました。黒はいつでも前図BルートCルートで渡れるので2と頭をハネ。5とハネて6と渡らせます。7とハイこんで、隅の黒にプレッシャーをかけます。

 黒も12と頭を叩き、14と隅を補強。ここまで、厚みだった白が元気のないしぼんだ形になったように見えます。しかし!中央の黒にはまだまだ狙いがありました。

 よくよくみると中央の黒は、すでに白の宇宙の中だったのです。さて、次の白の一手は?

  Baidu IME_2013-12-29_12-29-47

 ブログランキングはじめました。一日一回ポチッとお願いします。


 
人気ブログランキングへ

盤上の経営者に学ぶ~「武宮自然流編」第三局 2-1


 ども~こんばんは豆腐の角です。

 前回のつづきです。

 黒は1とツナギ、3と中央へ飛びました。白も2と連絡し、4と補強。黒5は逆に白に5と打たれるとの差が大きい。まだ白のケイマの間を狙っています。

 ここまで黒が地に走り、白が厚みという進行。黒は各所で地を得ていますが、中央の黒にまだ眼がありません。これをどのように攻めるか?が白のポイントです。さて、次の白の一手は?

Baidu IME_2013-12-27_18-21-10

 1とすぐに攻めようとするのは失敗です。2~4と顔をにょきっと出られるだけでも、ぽん抜いた白□の石が弱くなりますし、捕まらなければ得るものがありません。
 
 Baidu IME_2013-12-27_18-22-4

 白の次の一手は1でした。下辺になだれ込みながら遠巻きに中央を狙っています。下辺の地を制限しながら、局面を広く使って攻めを睨んでいます。

 20131227182706527.jpg

 中央に弱い石を抱えている黒は、強く対抗できません。少しでも中央に響かないように2から6まで下に打ちます。白は自然に厚みを作ることができました。

 Baidu IME_2013-12-27_18-24-21

 ブログランキングはじめました。一日一回ぽちっとおねがいします。

 
人気ブログランキングへ

盤上の経営者に学ぶ~「武宮自然流編」 第三局1-3

 ども~こんにちは&v(゚∇^*)>o⌒☆merry X'mas☆ミ豆腐の角です。


 しかし!クリスマスムードの今日でも、豆腐家は豆腐入りのお味噌汁!共食いとはいわせないぜ!


 さて昨日の続きです。白は1から攻めました。左辺に[壁|(・д・`。 )))。。。があるので、強い[壁に押し付ける感じです。

  
 Baidu IME_2013-12-25_12-36-12

 黒が2と伸び、6まで顔を出しました。白は7~9とそっぽを向きました。白の武宮九段はこれで打てる!という自信があったのでしょう。次にAに白が打てば左上の黒が死にます。しかしこれが趙治勲に余裕を与えました。

 Baidu IME_2013-12-25_12-39-40

 前図7のハネツギでは、1とツケから強襲するのも有力でした。弱い石につけるな、攻めたい石につけるなといいますが、厚みに押し付け、有無を言わせないよという意味もあるのです。これも左側の白へ無理やり近寄らせようとした手段です。
 本来攻める石につけるのはよくありませんが、例外もあるということですね。

 Baidu IME_2013-12-25_12-41-20

 実戦です。黒は左上を受けずに1とツケました。左上を取られることより、中央の力関係で有利になるほうが長期的にみて得だとみたのでしょう。白も中央の黒が強くなれば、右側の白石が弱くなりますので、左上を取りに行く余裕がありません。まさに攻めが最大の防御というやつですね。白8で・・・・・・

 Baidu IME_2013-12-25_12-43-51

 1と取りに行きたいのは山々ですが、2と打たれてこちらを取られる方が大きい。左上は取っても白地が増えるだけですが、2と打たれると右下の白も弱くなります。

 Baidu IME_2013-12-25_12-45-9


 以前に視野の広さの話をしましたが、両者共に全体をみて戦っていることがわかります。

 ブログランキングはじめました。一日一回ぽちっとおねがいします。


 
人気ブログランキングへ 
プロフィール

豆腐の角

Author:豆腐の角
ども~こんにちは。豆腐の角と申します。

棋力は東洋囲碁八段~九段を行ったり来たり程度。兵庫県を中心に、関西で囲碁を教えて生活しています。

現在の所、ネットはカフェトークをhttps://cafetalk.com/tutors/profile/?id=36141&lang=ja参照ください。

リアル個人指導一時間2500円。棋譜添削は三局分を簡単にまとめたものを千円でやっています。(需要の状況により、値上がり変更があるかもしれませんが、ご了承ください)
入門は30分500円から。お気軽にどうぞ。

カフェトークはちょっと無理!でも豆腐は信頼できる!という方は、豆腐とご相談で直接やりとり契約もおkです。生徒さんとの信頼の元やらせていただいております(´・ω・`)

 

みくろっく

みくろっく
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
囲碁

FC2Blog Ranking

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
679位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
134位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム