棋譜お便りコーナー第四局最終回「無謀な侵入者には隙をなくしていけ」


 ども~こんばんは。豆腐の角です。


 いよいよ第四局も最終回です。最後は相手が無謀な侵入をしてきたときの考え方です。

 まず相手の気持ちで考えてみましょう。自分がもし無謀と言われようが侵入するしかなかった時、狙うとしたら、相手の石数が少ない所と、キズがあるところです。敵陣に乗り込むわけですから、相手の石数がどうしても多い。それでもなんとかするには、隙をみつけるしかありませんよね。

 ということは、隙をなくしていけば、相手はチャンスを見つけれずに勝手に潰れてくれるのです。

 
 1と黒は勝負手で侵入してきました。3のあと白4が分断する好手。二子と繋がらせてはいけません。

 Baidu IME_2013-12-15_18-21-24


 7とノゾキ|д゚)形を崩したあと、白9がまた正しい石の方向。atusiさんは全局を通して石の方向が素晴らしいですね!
 
 Baidu IME_2013-12-15_18-43-51

 △の白と□の白三つ。あきらかに薄そうなのは三つのほうです。△のほうは丈夫ですから、黒にはそちらへ行ってもらいたい。白三つはAのツケられる筋など、イヤミが残っています。こういう隙をなくしていけば、相手は脈がないので勝手に死んでくれます。

Baidu IME_2013-12-15_18-45-15

 実戦です。黒はノゾキからゴリゴリと切ってきましたが、6としっかりと補強しました。これで黒がいきるためには丈夫な石ばかりの中央に出るしかありません。白は最終的にこの石を捕獲し、完勝となりました。
 
 Baidu IME_2013-12-15_18-46-43

 前図の6でもいいですが、この場合1から3のほうが分かりやすかったかもです。なんせ黒二手しかありませんので。

 Baidu IME_2013-12-15_18-48-33

 atusiさんは石の攻める方向が素晴らしい!その長所をこれからも伸ばしてください。あとは石の強弱に敏感になれば、ワンランク確実に上がると思います。

 名局をありがとうございました。またお便りおまちしております(*^-^*)ノ~~マタネー

 
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

棋譜お便りコーナー第四局2-3


 ども~こんにちは。豆腐の角です。


 上辺白3に回ることができては白がよさそうです。4がまたヤキモチ焼きの大悪手。両側に白が構えているため、ヒラキが打てないためです。これは自分から苦しみにいくようなもの。


 Baidu IME_2013-12-15_11-13-13

 白1がまた絶好手でこの碁の勝着。両サイドに□の白石が構えてますので、辺には黒いきづらい。できれば中央へ逃げたいのですが、白1でその望みすら断ちました。

 Baidu IME_2013-12-15_11-14-44

 仕方がなく上辺でもがき苦しみました。黒は生きましたが、二線にいっぱい石がきていますよね。二線はできる地が小さい。14に回って勝勢です。

 Baidu IME_2013-12-15_13-7-38

 ちょっと盤上が進みまして、左辺に黒が打ち込みなんとかいきましたが、やはり小さく生かされました。中央が白の大きな地です。そこで黒は1~3と動き出しました。

  Baidu IME_2013-12-15_13-13-31

 このあとはいよいよクライマックス。夜に更新します。

 ブログランキングはじめました。一日一回ぽちっとお願いします。

 
人気ブログランキングへ

棋譜お便りコーナー第四局2-2「生きている石の近くは小さい2」


 ども~こんにちは。豆腐の角です。

 
 ここまで悪手らしい悪手のなかった白ですが、ついに悪手が出てしまいました。


 1は堅いところは固めようという意味で、わかるのですが、3は問題で、カス石を助けた手です。なぜかというと・・・・・・


 Baidu IME_2013-12-13_9-8-15

 下辺の黒が生きているためです。下辺は隙のない形をしていますよね。つまり下辺の黒は、生きていて白から狙いがない。狙いがないということは、□を助ける手が小さいということがわかります。

  
 Baidu IME_2013-12-13_9-9-13

 たとえば上辺に1と構えているほうがよっぽど大きそうです。□を仮に2と取りにこられたとしましょう。白は3とまた構えます。黒は2と打った事で出来た黒地は、多く見積もっても7目くらい。白は上辺に構えた事で白模様がはっきりとした地模様になりました。どちらが良さそうか一目瞭然ですよね。

 Baidu IME_2013-12-13_9-21-14

 前図黒2と打った手は、二眼ある石を三眼にしようとした手と同じです。生きるのに二眼さえあれば十分ですよね。三眼にする意味がありません。つまり小さいということです。

 Baidu IME_2013-12-13_10-51-27

 実戦です。黒1はこれも二眼ある石を三眼にした手です。黒1と渡らなくても黒は生きています。地が増えたといっても端っこです。上辺にカカリなどのほうが大勢に影響します。世界規模の話をしないといけないのに、村レベルの話をしている感じです。 

 白も2はお付き合いですし、下辺と同じで生きているから小さい。黒も3とつないでくれましたが、本来は手を抜かれます。

 Baidu IME_2013-12-13_10-59-32

 なぜなら次の手が大したことないからです。黒が1とカカリを打ったとして、白は2と取っても右上の黒は生きています。3と連打し、さらに白が4とまた取っても、右上の黒はびくともしません。

 元々白は石数が多く強いところでしたので、2~4と連打して一目とっても対してかわりません。1000人の軍隊を1010人にしたくらいの差しかありません。

 Baidu IME_2013-12-13_11-1-17

 厚みの碁は石の強弱に敏感でなくてはいけません。石の強弱は囲碁の基本であり、この感覚が敏感な人ほど強い人であるといっても過言ではありません。つまり基本でありながら、奥義のようなものなのです。

 詰碁などをなぜするのか?といえば、読みを鍛えるだけでなく、生きているか死んでいるか?という事がわからないと、石の強弱がわからないからです。


 ブログランキングはじめました。一日一回ぽちっとお願いします。

 
人気ブログランキングへ

棋譜お便りコーナー第四局2-1「生きている石の近くは小さい1」

 ども~こんにちは。豆腐の角です。


 昨日の続きから。黒はスミへ潜りました。中央は白がいっぱいいるので、賢明な判断です。まあそもそも14の三が上辺ワリウチぐらいなのですがw

 8で一段落したところ。まだ未開の地である左辺を、上辺と中央と連動して模様を大きくしたいところですね。

 Baidu IME_2013-12-12_9-2-58

 実戦です。下辺の黒地にヤキモチを焼かない白1でした。左辺が今一番広く価値が高いのです。中国流の構えではよくあるカカリ方です。atusiさんがよく勉強されている事がわかりますね。

 私は一路上にAと控えて打ちますが、1もあるとおもいます。
 
  Baidu IME_2013-12-12_9-11-11

 ヤキモチを焼いて1などとカカリを打つのは、意外かもしれませんが悪手です。黒が多い所な上、右下の黒は生きており、最強の石です。しかも下辺は狭い。9の十七に黒石がいるため、白は二間にヒラキが打てません。

 苦しんでるわりに、下辺でが狭いから大きな地ができるわけでもなく、むしろ2と攻撃対象にされながら、中央の模様が消えてしまいます。強いところで戦おうとして報いです。

 Baidu IME_2013-12-12_9-8-24

 実戦は3と大所の左辺を制しては白が不満なしです。黒は4と打ちましたが、まだ時期尚早でした。

 Baidu IME_2013-12-12_9-14-53

 おそらく1の打ち込みを嫌ったのでしょう。白が中へ入れば、黒は当然「外」に石がきます。2~4と石がきたことで、中央の模様が消えてしまいます。つまり白はなかなかすぐ打ち込みがしづらい。だって中央の模様が白の資産なんですから。
 

 Baidu IME_2013-12-12_9-43-42

 また、黒1と打っても大したことがない事がわかります。右下の黒は生きています。左下の黒も1と下がった事で生きています。白が2と飛び、白地はできていません。つまり下辺のほんのわずかな黒地を消しただけということがわかります。

 白地が増えず黒地しか影響していませんから、赤く囲った中の、ほんの10~数目程度でしょうか。地だけの手というのは序盤中盤ではすごく小さいのです。

 Baidu IME_2013-12-12_9-46-35

 碁で大きなところは、石の強弱に関係するところです。地だけの手は目に見える数字しかわかりませんが、石の強弱に関する手は、世界の情勢を大きく変えてしまうからです。

 次回もその点について書いていきます。

 ブログランキングはじめました。一日一回ぽちっとお願いします。

 
人気ブログランキングへ 

棋譜お便りコーナー第四局1-3「狭いところへ追いこめ」

 ども~こんにちは。豆腐の角です。


 今日も昨日に引き続き、atusiさんの棋譜をみていきましょう。

 少し進んで、6と上辺に黒がきたところです。白の次の一手は・・・・・・


 Baidu IME_2013-12-11_8-58-32

 実戦の白1が素晴らしい一着でした。今度は隅ではなく辺から打ち、隅へ追い込ませます。たしかに昨日の話では隅が生きやすいところなのですが、この場合は隅よりも辺のほうが価値が高く広いからです。

 Baidu IME_2013-12-11_8-59-8

 たとえば白1と隅から打つと、黒を広い辺へ打たせてしまいます。 これで10の四に白がいれば1が正しい手となります。

 Baidu IME_2013-12-11_9-15-34

 昨日の辺へ追いやった手がいい手になったのは、白□がいるためです。□がいるからヒラキが打ちづらい。

 Baidu IME_2013-12-11_9-0-14

 白がスミにうってきた場合、黒は2~4と形を決めて6と開くのがこの場合のいい手。2~4は本来相手を固める悪手となりますが、右上から右辺中央寄りにかけて白がたくさんいて、強い石です。だから強い石はもっと固めさせても大した損はしないという意味です。

 7の打ち込みが怖いかもしれませんが、8とサラサラとかわします。

 Baidu IME_2013-12-11_9-3-27

 右上から右辺にかけて白石が密集しています。そんな石数の多いところで助けようとしても助かりませんし、苦戦を強いられるだけです。3000の敵部隊に数人で挑むようなものです。

 だから捨てるのです。右上に孤立した黒三子を仮に取られても、痛くも痒くもありません。むしろ、あんだけ白石がたくさんいるところなのに、たった三つ取っただけです。つまりたくさんの石数をかけてその程度の利益では効率が悪いということです。

 一方黒は広い辺を先手必勝の如く先回りしています。

 Baidu IME_2013-12-11_9-4-55

 狭いところへ追い込む事は厚みを働かす重要な考え方の一つです。

 ブログランキングはじめました。一日一回ぽちっとお願いします。

 
人気ブログランキングへ

 
プロフィール

豆腐の角

Author:豆腐の角
ども~こんにちは。豆腐の角と申します。

棋力は東洋囲碁八段~九段を行ったり来たり程度。兵庫県を中心に、関西で囲碁を教えて生活しています。

現在の所、ネットはカフェトークをhttps://cafetalk.com/tutors/profile/?id=36141&lang=ja参照ください。

リアル個人指導一時間2500円。棋譜添削は三局分を簡単にまとめたものを千円でやっています。(需要の状況により、値上がり変更があるかもしれませんが、ご了承ください)
入門は30分500円から。お気軽にどうぞ。

カフェトークはちょっと無理!でも豆腐は信頼できる!という方は、豆腐とご相談で直接やりとり契約もおkです。生徒さんとの信頼の元やらせていただいております(´・ω・`)

 

みくろっく

みくろっく
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
囲碁

FC2Blog Ranking

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
848位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
180位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム