「定石」と「常識」は違う。


 ども~こんにちは。豆腐の角です。

 今日は教室の日でして警備のお仕事お休みです。

 さて、囲碁は曖昧なゲームと何度も書いてきましたが、自由度の高いゲームではあるのですが、ここはどうなろうとこう打つしかない!という石の形が数多く存在します。

 それらは定石書には載っていません。実戦でみんな覚えてきました。

 たとえば下の形はケイマの形で1と打たれた所。ここは基本的に2と打つしかない所です。 

Baidu IME_2015-3-19_12-31-8

 手を抜くとありえないひどい形になるからです。

 Baidu IME_2015-3-19_12-31-26

 これもどうなろうとここしかない、という所です。考えているようでは常識が感覚になっていない証拠です。

 Baidu IME_2015-3-19_12-36-3

 先が読めなかろうが、黒2と打つしかありません。

 Baidu IME_2015-3-19_12-36-14

 理屈で説明すると、ほかの場所へ打つと裂かれ形になるからです。石は裂かれると力を失います。黒石の多い所でそんなことになっては黒まずいですよね。

 Baidu IME_2015-3-19_12-37-38

 とまあほかにもたくさんあるんですが、こういった事が「常識」です。定石書には互角や不利な図や手順は載っていますが、こういった極端な「当たり前」は載っていません。

 理解しているものとして書かれている本が大半です。書いている人がプロだから、というのもあるのですが。

 前にも書きましたが、プロは子供の頃から感覚で掴んできましたし、そうでないとプロにはなれません。なのでアマチュアの初級者などが何がわからないのか、求めているのか、というのを書ける人が少ないのです。

 下の著書(写真クリックでアマゾンへとびます)で依田九段はアマチュアに指導しはじめられて「こんな事もわかっていなかったのか、という事が多くて驚いた」と述べています。  
 
 
マイコミ囲碁ブックス 石の効率がぐんぐん良くなる本マイコミ囲碁ブックス 石の効率がぐんぐん良くなる本
(2011/05/25)
依田 紀基

商品詳細を見る


 こういった戦いの常識をまず身につけなければ、囲碁を考える事ができません。

 常識というか、囲碁の犯してはならない道徳的基本ルールというか、暗黙の法みたいなものですねw

 初段以下の方はこのへんでの理解が特に必要です。初段以上の方でもまだ必要ですけれども。
 
 さて今日はこのへんで。アディオス。

 ブログランキングはじめました。一日一回ぽちっとおねがいします。

 
人気ブログランキングへ 

    
 
 
  




 
スポンサーサイト

考えて分かろうとせず、ありのまま受け入れる。

 ども~こんばんは。豆腐の角です。

 今日は千船駅前にあるグルメシティで警備やってました。雨降る前に終わってよかったです。

 さて、今日の話も昨日の話とつながっています。

 考えてわかろうとするのではなく「感覚」や「感じ」で掴んで欲しいという話です。

 囲碁をはじめてみませんか?っていう宣伝文句のチラシには、囲碁は考える力を伸ばすゲームです、と書かれている事が多いと思います。
 たしかに考える力はつくんですけれども、最初から考えて囲碁の力を伸ばそうとすると迷宮にはまり込んでしまいます。
 
 囲碁はスポーツ的というか、頭で掴む前に身体で覚えてしまったほうがいい事が多いのです。



 それが感じ・感覚で掴んで欲しいという話につながるわけです。

 感じ・感覚というと、なんかとても難しそう、特別な力のように感じますが、そんな事はありません。

 知らず知らずのうちに人は感覚や感じで物事に「慣れ」て得意になっていきます。自転車に最初は乗れなくても、一度乗れるようになると、あとは何の苦労もなしに乗れるようになります。

 身体が「自転車に乗る感じ」を掴んだからです。

 さて、自転車に乗れるようになる練習をした時、頭で考えて乗ろうとしましたか?してないと思います。
 
 それと同じように、囲碁も頭ではなく身体で感じを掴むよう心がけてほしい。

 さて、ではこの感じる力、感覚の力をどうやれば引き出せるか、伸ばせるか、という話をしましょう。

 まず第一に考えて分かろうとしない。第二にそのまんま受け入れる。第三に繰り返し受け入れる。
 武宮九段がよくエッセイなどの著書で述べられていますが、「分からないもの(高度な)を考えて理解しようとするから身体が拒絶反応を起こす。いいものはいい、と感じてください」

 と言われています。これが今回のテーマの「受け入れる」です。

 いい形を理屈は置いといて、いい形という事をそのまんま受け入れる。悪い形を悪いと受け入れる。

 いい形がなぜいいか、悪い形がなぜ悪いか、これを説明しても、理解する方も相当な力がないと理解できません。囲碁を考えられるようになるのって結構棋力がいるのです。

 まずは受け入れてください。

 ふーん、そうなんだ~・・・・・・程度でいいですんで。最初はそんなもんでいいのです。

 次に、ふ~んそうなんだ~・・・・・・と知った事を繰り返しましょう。

 つまり何度もいい形、悪い形というのをみて、反復することです。自転車に一発で乗れるようになる人はいません。何回も転んだり、同じ動作を繰り返したりして身体に染み付かせたはずです。

 これにオススメなのが次の一手や、一手の詰碁などです。一手の詰碁は急所一発で死ぬ問題・活きる問題が多く、急所の感覚が身に付きやすいし、一手なので反復もしやすい。

 もし一手の詰碁をもっていなくても大丈夫。たとえば三手かかる詰碁や五手の問題集であっても、一手目だけ正解ならおk!という自分ルールを作って解いてみてください。 これをすると第一感、つまり感覚が養われます。
 これは私が子供の頃、覚えたての頃にやっていた方法です。大人の方は真面目すぎるからか、最後まで読まなきゃ答え見ちゃダメ、って思われている方多いんですよね。

 本をどのように読むかは自由ですし、あなた次第です。

 ぶっちゃけ、強くなれればどんな解き方してもいいでしょう?

 
 さて、では次回からは感覚を養う問題もブログで扱っていきます。主に石の形で一定の棋力の人からみたらここ以外打つとこないでしょwっていう常識のような所を使っていきます。そういうのは定石書には書かれていません。そういうのがわかっている人はみんな実戦で覚えてきました。

 二目の頭みずにはねよ、みたいな感じです。この格言もとても感覚的ですね。

 
 考えて知ろうとするのではなく、受け入れる・・・・・・言葉として説明すると難しいですね。

 ブログランキングはじめました。一日一回ぽちっとおねがいします。

 
人気ブログランキングへ 


 
 


 



 




 

 
 




 
 
 


  
 

読みほど曖昧な感覚に左右されるものはない。

 ども~こんばんは。豆腐の角です。

 明日は南吹田の現場の予定だったのですが、急遽変更で千船駅という所で待ち合わせになりました。

 私の地元からだいぶ近いので、朝ゆっくりして出かける事ができそうです。それでも六時半くらいですけども。

 今まで祖母の介護で外へ出る事がしたくてもできませんでしたが、この仕事で大阪のあちこち出かけるようになって色々な所を見ることができて嬉しいです。

 
 さて、今日の話は読みの曖昧な部分の話です。読みといったら、答えをはっきり出すもの、と思っている人が多いですよね。だからプロに何手先まで読めるんですか?ってよく質問する人がいるわけで。

 何手も先がみえてすごい、って思うかもしれませんが、実は強くなるほど、捨てる読みのほうが多くなってきます。それが重要なんです。結論からいえば無駄な読みが減るということですね。

 先を読む、という技能を温泉を掘り当てる話に例えてみましょう。

 30分で100メートル掘る機械があるとします。しかし、湯脈のない場所で穴を掘っても温泉は出てきません。

 つまり、いくら読める能力があっても、読んでいる場所が手のない所だったらまったくの徒労で終わるのです

 すべての場所を掘ればいい?読めばいい?それだとすごい時間かかりますよね。プロだってすべての手を読もうとしたら持ち時間がなくなってしまいます。

 そこで重要になってくるのが「感覚」です。プロは感覚的にここに手はないから考える必要はない、というのを自然にわかっています。アマチュアでも強くなるほどその感覚で分かる所が増えてきます。プロはその感覚で分かるところが多いっていうことです。

 先日題材にした局面のその後を使って説明してみましょう。

 以前に出した次の一手の所を逃したその後です。ここで黒は・・・・・・

 Baidu IME_2015-3-17_18-45-38

 黒1とハネだしてきました。私はこの手の先を読んでいませんが、白2と打って成立しないと感覚でわかるから怖くありません。理屈で説明すると二眼ができるほどのスペースもなく、周囲の白も弱くないからです。

 Baidu IME_2015-3-17_18-46-3

 5に対しても6で右上はこのままで取れています。読まなくても黒活きるのは無理、と感覚的に判断しています。

 必要がない所では読む必要がありません。必要な所を読む事に力を入れるべきだからです。

 しかしレベルによってはそうもいかず、この手が成立するかしないかを読みで判断しなければいけないとなると、一局の碁で必要な読みが高段者よりも多くなったりするわけです。読む力が高段者よりないのに、です。 

 強くなればなるほど無駄な読みが減り、「力を入れるべき本来の考えどころ」へ力を注ぐことができます。
 Baidu IME_2015-3-17_18-47-30

 より誰でも感覚で判断できる場所を用意しました。黒1とうってきました。この黒生きると思いますか?

  
 Baidu IME_2015-3-17_18-48-53

 どう考えても生きませんよね。ほら、最後まで読みきらなくても感覚で判断してるでしょ。


 Baidu IME_2015-3-17_18-50-6

 読みでもこうやって知らないあいだに感覚で判断しています。感覚という非常に曖昧なものに強い人は頼っているわけです。
 しかしその精度は実際に読む能力と同じくらい正確であることが多いのです。

 「考えるな。感じるんだ」

 囲碁で重要なのは考える力の前に感じる力である、なんとなくご理解いただけたでしょうか。

 ということで次回は感じる力の伸ばし方について書いていきます。

 ブログランキングはじめました。一日一回ぽちっとおねがいします。

 
人気ブログランキングへ
 
    

 





 

囲碁は自由性と曖昧な所がウリのゲーム。


 ども~こんばんは。豆腐の角です。


 囲碁はほかのチェスや将棋などのボードゲームに比べて曖昧なゲームだと思います。曖昧というのは何を目指せば勝ちになるのか、などその他もろもろです。
 将棋やチェスは王様を詰ませれば勝ちで非常にシンプルです。しかし囲碁は最後に領土が民家一件分(一目でも)でも多ければ勝ちというゲームです。

 シンプルに見えますが、ゴールまでの道のりが長く、他のゲームよりもゴールに至るまでの過程に自由性があります。自由性があるということは曖昧な部分が多いんですね。

 たとえば囲碁の勝負は一目や二目など数字で結果を表します。まずこのへんがほかのゲームと違う所ですね。

一目でも半目でも相手より多ければ勝ちというゲームです。形勢判断・目算が得意な人ならば半目をゴールラインに設定してもいいでしょうが、普通半目だと計算間違いしたら怖いし、もっと余裕をもって勝ちたいと思うのが普通ではないでしょうか。

 ゴールは別に一目でも100目でも自由。ゴールだけでも王様を取るというシンプルさに比べて自由度が高いというか、曖昧ですよね。

 
 自由性が高いため、曖昧な点が多く、考えて分かろうとすると余計わからなくなってしまう……それが囲碁によくある落とし穴です。

 囲碁用語にしたってそうです。マガリとぐずみとか、伸びとサガリの違いとか、利かしとか曖昧ですよね。

 なので以前から申している「感じ」「感覚」で掴まないといけない部分が多いゲームです。だからプロの棋書でもアマチュアの疑問に完璧に答えられている本はあんまりなかったりするわけです。特にプロは子供の頃から「感じ」で囲碁を掴んできていますので、「感じ」や「感覚」を級位者にでも分かる言葉で説明しろといっても中々難しいのです。

 たとえば外国人に「どうやってお箸をもっているの?」って聞かれてもお箸の持ち方みせて「こうもってこうだよこう!」としか言えませんよね。理屈で説明しろって言われたって長年習慣で身に付いたものを言葉になんて中々できません。それとおんなじです。

 まあこの指をこの角度で~って説明できる人がいたら、お見それしましたとしか言いようがないですけどw

 この感じ・感覚といったものは、才能による部分も大きいですが、私は難しいことでもそれはそういうものとして「受け入れる」事が重要なのかもしれないとここ最近思うようになりました。それさえできれば、それほど難しい事ではないのかもしれません。これについてはまた書いて吟味していきたいと思います。

 次回も囲碁の曖昧さについて考えていきたいと思います。

 ブログランキングはじめました。一日一回ぽちっとおねがいします。

 
人気ブログランキングへ

  
 

 

脳の仕組みをなぜ囲碁ブログで書くのか。


 ども~こんばんは。豆腐の角です。

 昨日は三つの脳があるという話をしましたね。

 なんでそんな話を囲碁ブログでしたかというと、そういう脳の仕組みがあると分かれば、自分の状態に気づいて素早く修正することができるからです。

 たとえば怒りまくっているヒステリックな人っていうのは、霊長類の脳(理性的な脳)を押しのけて哺乳類の脳(感情に影響される脳)に操縦席を奪われている状態です。

 この仕組みがわかっていれば、感情的になってヒステリックな態度に出てしまっても「あ、今哺乳類の脳で行動してしまっているな」と自分がどういう状況かを理解することができます。

 すると自己を見つめることで人は早く理性を取り戻すことができるようになるんです。
 
 私も感情的になったときはこの三つの脳の事を思い出し、自己を見つめることで、慌てたり動揺しても一瞬で回復するようになりました。

 私はヒステリックなんかじゃない!という人、もちろん今書いたのは極論ですが、たとえば囲碁でいえば大失敗したときや、負けが続いたときなんかどうでしょう?あなたは感情的になっていませんか?

 マイナス方向の感情に支配された時、重要なのはマイナス思考に支配されている事、自分の状態をいち早く自覚することです

 自覚するとびっくりするほど急速に熱が冷えていく事に気づくと思います。

 仕組みを知らないと、自分の状態を自覚することができません。すると失敗に失敗が続いたり、負けに負けがつづく負の連鎖となるのです。

 自分の状態を自覚すれば、ちょっと休憩をいれて落ち着こうとか+の方向へ行動するようになります。

 自分をかえりみる、というのは囲碁でとても重要な事であり、これを身につけると囲碁以外の事でも役に立ちます。

 普段の私生活から、囲碁まで、どの脳で今考えているか、を思い出してみてください。

 特に囲碁は精神にもっとも左右されるゲームですので、役に立つこと間違いなしだと私は思っています。

 ブログランキングはじめました。一日一回ぽちっとおねがいします。
 
 
人気ブログランキングへ 



 


 
プロフィール

豆腐の角

Author:豆腐の角
ども~こんにちは。豆腐の角と申します。

棋力は東洋囲碁八段~九段を行ったり来たり程度。兵庫県を中心に、関西で囲碁を教えて生活しています。

現在の所、ネットはカフェトークをhttps://cafetalk.com/tutors/profile/?id=36141&lang=ja参照ください。

リアル個人指導一時間2500円。棋譜添削は三局分を簡単にまとめたものを千円でやっています。(需要の状況により、値上がり変更があるかもしれませんが、ご了承ください)
入門は30分500円から。お気軽にどうぞ。

カフェトークはちょっと無理!でも豆腐は信頼できる!という方は、豆腐とご相談で直接やりとり契約もおkです。生徒さんとの信頼の元やらせていただいております(´・ω・`)

 

みくろっく

みくろっく
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
囲碁

FC2Blog Ranking

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
436位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
78位
アクセスランキングを見る>>
フリーエリア
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
検索フォーム